その他の控除

特定支出控除の節税効果は?適用者数は10万人に3人(0.003%)の超マイナー控除や!

今回の記事ではサラリーマン(給与所得者)のうち、0.003%の選ばれし者だけが利用してる特定支出控除について解説するで!

これは所得控除の一種に分類されとる控除枠や。所得控除については以下の記事を確認してみてな!

薬剤師・看護師が簡単にできる節税と言葉の意味をFPが図解!

続きを見る

 

Key
0.003%て・・・10万人に3人!?

宝くじ並みの確率の低さやんけっ!あ・・・言うてもた・・・。

 

んなもん、ワイらには関係ないやん!って思うかもしれんやろ???

・・・・

・・・・・・

・・・・・・・・

 

ほんまに関係ないねん。。。。

 

やから今回の記事では、

  • いかに特定支出控除が使いもんにならへんのか。
  • 医療関係者(医師、薬剤師、看護師、等)がこの控除を利用できるのはどんな場合か?
  • 節税効果の乏しさ。

について解説していくで!興味が無い人は他のページに飛んでいってやーーーー⊂二二二( ^ω^)二⊃

 

<スポンサーリンク>

特定支出控除とは?

所得税や住民税を計算していく時には年収(給与収入)から色々な経費を差し引いて計算していくんやけど、自営業は家賃・交通費・食費(一部)・PC代・ネット代・交際費、等多くの経費を差し引ける。

 

一方、サラリーマンには自営業みたいに自由に差し引ける経費は存在せーへんよな。

 

この不公平感を無くすために、「ある一定の条件を満たせばリーマンでも経費を認めるよ☆」ってのが特定支出控除なんや。所得控除の一種に位置づけられてるよ。

 

制度自体は昔からあって、適用範囲が狭くてほんまに誰も使えへんかったんやけど、2013年にその範囲が拡大されたんよ。

 

Key
おぉ、めっちゃいいやん!!リーマンでも経費差し引けたら税金減らせるもんなぁ!

 

確かに2013年以降には適用者数は増加傾向にあるんやけど、なかなかその伸びは鈍いんや・・・。

 

特定支出控除の適用者数

平成30年度に特定支出控除を適用した人(利用した人)は1,704人らしい。(ニュースサイトより)

 

Key
んー、なるほど。少なそうやけど・・・・リーマンの母数はどんくらいやっけ??

 

国税庁の平成29年度調査によれば、雇われモン(サラリーマン)は全国で約5,500万人いるらしいわ。

国税庁|平成29年度 民間給与実態統計調査

 

てことは、1,704人/5,500万人やから・・・・

Key
ふぁっ!?0.000030981・・・!

つまり、0.0031%しか利用してへんのか!!?

 

そうやねん。全リーマンのうち10万人に3人しか利用してへんめっっっっちゃレアな所得控除がこの特定支出控除なんやで。

 

ほな、何でこんなに利用者が少ないんやろか?その理由がコレや。

  1. 適用判定の基準となる金額が高すぎる
  2. 対象となる支出が業務上で自腹のもののみのため、普通は会社で負担してくれる
  3. 節税効果が乏しい

 

これについて順に解説していくで~。

 

特定支出控除控の適用判定金額

まず、特定支出控除の適用判定金額についてやけど、その年の対象支出が

  • 「その年中の給与所得控除額×1/2」を超えた場合

にのみ利用できるんや。

特定支出控除の適用:給与所得控除の半分を超えた場合

 

給与所得控除については以下の記事で解説してるけど、「年収」を基準にして計算式によって自動的に決まるもんやねん。

薬剤師・看護師が簡単にできる節税と言葉の意味をFPが図解!

続きを見る

 

計算式は以下の通りやで。

給与等の収入金額
(給与所得の源泉徴収票の支払金額)
給与所得控除額
180万円以下収入金額×40%
650,000円に満たない場合には650,000円
180万円超、360万円以下収入金額×30%+18万円
360万円超、660万円以下収入金額×20%+54万円
660万円超、1,000万円以下収入金額×10%+120万円
1,000万円超220万円(上限)

※引用:国税庁|No.1410 給与所得控除

 

Key
各年収別に特定支出控除控の適用額を計算してみるとこんな感じになるよ。
年収(給与収入)特定支出控除控の適用額
(給与所得控除額の半分)
500万円77万円
600万円87万円
700万円95万円
800万円100万円
1,000万円~110万円(上限)

 

年収500万円やとしても、対象の特定支出が77万円を超えな適用されへんのか・・・・。

これは結構ハードルが高くて、年間で77万円となると月に6万円程、業務上の自腹経費が発生せな利用できひんってわけや。

 

さすがにちゃんとした会社や病院・薬局ならここまで自腹させることはないんちゃうかな?

 

Key
まずこの適用金額の高さが第一のハードルや。

 

どんな支出が控除の対象になるのか?

ほな次にどんな支出が特定支出として認められてるんやろか?それはこの6種類やで。

  1. 通勤費:一般の通勤者として通常必要であると認められる通勤のための支出
  2. 転居費:転勤に伴う転居のために通常必要であると認められる支出
  3. 研修費:職務に直接必要な技術や知識を得ることを目的として研修を受けるための支出
  4. 資格取得費:職務に直接必要な資格を取得するための支出
  5. 帰宅旅費:単身赴任などの場合で、その者の勤務地又は居所と自宅の間の旅行のために通常必要な支出
  6. 勤務必要経費:次に掲げる支出(1)~(3)で、その支出がその者の職務の遂行に直接必要なものとして給与等の支払者より証明がされたもの(上限65万円)

(1)図書費

(2)衣服費

(3)交際費等

【引用】国税庁|No.1415 給与所得者の特定支出控除

 

Key
普通の勤め先なら、通勤費や異動時の転居費用なんかは負担してくれると思うけどなぁ・・・。

 

資格取得費や研修費、図書費とかは確かに支払ってくれへん会社や病院、薬局がありそうやからココは利用できそうやな。その他、衣服費としてはスーツ白衣の購入も対象やで。

 

あと、上記の①~⑥を適用させるためには業務上の必要性の証明が必要やから、職場に「給与所得者の特定支出控除に関する証明書」も書いて貰わなアカンねん。様式は国税庁のHPに置いてあるで。

国税庁|給与所得者の特定支出控除に関する証明書

 

Key
これがまた面倒でな・・・・。

職場に伝えて、業務上必要って証明して貰って、証明書を確定申告の時に沿えて提出って段取りや。

 

この対象となる支出の範囲や手続きの面倒さが第二のハードルやな!!

 

医師・薬剤師・看護師が利用できるのはどんな場合?節税効果は?

と、まぁここまで特定支出控除の普及が進まへん理由について解説してきたけど、医師・薬剤師・看護師が実際に利用しやすいのは以下の経費ちゃうかな?

  • 通勤費⇒他病院のヘルプ時の通勤費
  • 研修費⇒学会参加時の交通費や参加費、宿泊費も対象。
  • 資格取得費⇒専門・認定薬剤師/医師取得に係る費用等
  • 図書費⇒病院に無い書籍を自腹で購入した時など
  • 衣服費⇒スーツや白衣等を自腹で購入した時

 

勤め先の病院や薬局によっては支払って貰えずに自腹になってるケースも多いって聞くことあるで。特に学会参加費は自腹!ってのは薬剤師や看護師の友人も言うとったからなぁ。

さすがに白衣は勤め先で用意してくれてると思うけど、スーツ代は支払って貰えへんやろからな。

 

ほな、以下の例でどれくらいの節税効果があるか試算してみよか~。

  • 年収500万円
  • 上記の場合、特定支出控除適用額は77万円(←これを超えた分が控除の対象)
  • 1年間の特定支出が80万円(内訳:衣服費10万円、通勤費20万円、研修費20万円、資格取得費20万円、図書費10万円)

こんなに特定支出で自腹切ってるとは思えんけど・・・・。ま、仮ということで。。

 

特定支出80万円のうち、適用額の77万円を超えた部分が控除されるから、

  • 所得控除額は80万円-77万円=3万円

って計算やな。

 

これが直接税金から引かれるわけじゃなくて、所得控除として3万円が控除されるわけや。

 

所得税の税率が10%(年収500万円であれば、所得税率は10%)の人やったら、

「30,000円×10%=3,000円

所得税が年間3,000円お得になるって計算やな!

 

また、住民税の税率は基本一律10%やから、

「30,000円×10%=3,000円

住民税も年間3,000円お得になるわけや!

 

Key
・・・・業務上の経費として80万円自腹で支払ったのに、年間で安くなった税金は6,000円(所得税+住民税)か・・・・。

・・・・・安ない?というか舐めてない??

 

そう、こんなに自腹切って、会社に証明書も記入して貰って、確定申告(次項)もやって、と非常に面倒な割には節税効果が乏しすぎるんや・・・。

 

これが第三のハードルやな。

 

以上より、この特定支出控除は労力に見合った節税効果が得られへんから、なかなか普及が進まへんのとちゃうかな?とワイは考えてるよ。

 

雇われの医師の場合やと、専門医・認定医の取得費用や、海外学会への渡航で自腹部分があるかもしれへんから、結構特定支出はあるかもしれへんな。

 

Key
一般の雇われモンが利用するには、もっと適用額を減らしたり、証明書の提出を省略したりして貰わなアカンで、コレ・・・。

 

申告方法は確定申告

税金を取り戻すための手続きのことを「申告」って呼んでるけど、特定支出控除の申告は確定申告しか方法が無いんよ。

リーマンが毎年11月頃にやってる年末調整では適用できひんから注意が必要やで。

 

確定申告って言うても最近ではネットで全部完了するし、そんなに難しいことじゃないから安心してや。

郵送で提出する際に以下の添付だけ忘れんようにしたらOKやで~。

  • 各特定支出の領収書
  • 特定支出に関する証明書(職場に書いてもらう)

 

Key
確定申告の場合、以下の記事でおおまかなやり方について図解付きで解説してるから参考にしてみてな~。
【図解2019年版】確定申告はネットの時代!税務署に行かんでもOKやで

続きを見る

 

まとめ・あとがき

特定支出控除はこんなん

  • 適用者数は全サラリーマンの僅か0.003%
  • 「対象の特定支出 > 給与所得控除額×1/2」の場合に適用できる
  • 対象の特定支出は6項目で、業務上必要かつ自腹の場合に限る
  • 確定申告時には業務上必要である証明書と領収書の添付が必須
  • 節税効果は高くない

 

Key
解説記事を作っててワイは悲しくなってきたで・・・。記事作ってもほとんどの人は特定支出控除なんて利用せーへんやろからな。。

 

まぁもし、キミの勤め先がブラックで、業務上の自腹経費がめっちゃ多い場合には是非利用してみてなっ!

あまりにブラックすぎるんやったら転職も手やで!自腹も減るし、年収も増えるかもしれへんな。

 

Key
薬剤師ならリクナビ薬剤師、看護師ならマイナビ看護師に早速登録やーーーー!!

 

今回はいかに特定支出控除が使いもんにならへんのかを解説してきたよ!もし節税をして税金を減らしたいのであれば、他の所得控除枠を利用するのが賢いと思いわ。

 

以下の記事で所得控除の種類について一覧表で掲載してるから是非覗いてみてや~。

薬剤師・看護師が簡単に始められる所得控除と税額控除の一覧表やで!

続きを見る

 

まぁ、まずは手軽に利用できるココくらいから勉強していってもらったらえーかな!

お先行って待っとるでーー⊂二二二( ^ω^)二⊃

節税に関して悩み・疑問があれば無料でFPに相談!

貯蓄もできて節税もできる保険を調べたいけど・・・

なんとなく面倒。勧誘が嫌。あまり空いている時間が無い。

というあなたにぴったりな保険代理店があります!

 

【保険見直しラボ】という無料の訪問型保険相談サービスで、経験豊富なFPがあなたの自宅や指定場所にまで来てくれて個別相談ができます。

保険と関係ないiDeCoのこととかも詳しいので、もし節税や保険について色々勉強したいことがあれば何でも気軽に無料で相談可能ですよ。

保険見直しラボ【訪問型の保険代理店】

保険見直しラボの特徴!

  • 訪問型保険代理店では日本トップクラス(全国70拠点以上)
  • 保険商品の比較表が単純明快で分かりやすい
  • 利用者の満足度・おすすめしたい度が高い
  • 強引な勧誘が全く無く、何度相談しても無料

 

税理士に相談してみませんか?

起業、会社設立、確定申告、節税など、税務・会計に関するご相談なら松本税理士に相談!

成約しない限り無料でご相談をお受けします。(ご納得いただけない限り成約はしませんのでご安心ください)

松本 洋典
お気軽にお問合せいただければ幸いです!
  • 事務所所在地:京都市中京区
  • 活動エリア:関西(滋賀、大阪などにも多数関与先あり)。条件次第では全国区で対応可(現在は東京、北海道にも関与先あり)。

松本税理士に問合せ

所属事務所|松本安弘税理士事務所

松本税理士以外を探すなら、全国3,600名の税理士と無料でマッチングができる税理士ドットコムをご利用ください。

  • 相談・マッチングは何度でも無料!
  • 相談実績50,000件以上
  • サービス運営12年
  • 各業種に強い税理士を探せる

税理士ドットコムの相談実績の例はコチラ

  • この記事を書いた人

Key(中二病)

【保有資格】薬剤師、2級FP技能士、他
深淵の闇(関西)より生まれしmaster swordsman。暗黒の使者(税金の計算)と奮闘中。中身はいたってマジメな社畜リーマン。
プロフィール・運営者詳細

-その他の控除
-

Copyright© メディカルタックス , 2019 All Rights Reserved.