薬剤師

薬剤師の副業のバレない方法3選を伝授!バレるパターンを理解しよう

更新日:

今ご覧になっているあなたは、

  • 副業をやりたいけど、職場にバレたくない
  • バレない方法を知りたい
  • バレる時はどんな時か知りたい

とお考えになっている薬剤師の方だと思います。

 

2018年には公的に副業が解禁になりましたが、まだまだ勤務先の副業が解禁されていないことが多いのではないでしょうか。

 

Key
私は本業をしながら副業も行っていました。しかしバレたことはありませんよ。

今は私の本業は副業が解禁されたので問題ありませんけどね。

 

本記事を最後までお読みいただくと

「副業がバレない方法」

をしっかり理解できると思います。

 

副業と聞くと、「いけないこと」をしているイメージを持たれるかもしれません。

ですが、実際に副業をされている方は、

  • 「技術的なレベルアップがしたい」
  • 「子供の将来の選択肢をお金で縛りたくない」

などの想いを持つ、努力家で優しい方がほとんどです。

 

上手に活用して、ご自身のスキルアップや年収向上の参考としていただければ本望です。

 

<スポンサーリンク>

薬剤師の副業解禁!

2018年は「副業元年」と呼ばれています。

企業等の就業規則の公的なひな型として存在する「モデル就業規則」というものがありますが、これが2018年1月31日に改正され、事実上、公的な副業が解禁されました!

厚生労働省:モデル就業規則について

 

もしあなたの勤務先の就業規則等で副業が公認されている場合、以下の記事をご参照ください。

薬剤師の副業解禁!実体験してみたおすすめの働き方4選と注意事項を解説

続きを見る

 

上記記事では改正の背景や内容、注意点等について解説していますが、

  • 公務員の薬剤師
  • 管理薬剤師

は原則副業が禁止されているため、該当する場合には副業は止めておいてくださいね。

 

副業がバレる時はどんな時?

今も昔も副業がバレる時には確実なパターンが3つあります。

 

副業がバレるパターン3選

  1. 同僚や友人からバレる
  2. 住民税の通知からバレる ⇐一番多い!!!
  3. 申告漏れ(脱税)でバレる

 

逆に言えば、上記3つをしっかりと合法的に対策すれば副業がバレることはまずありません!

ではそれぞれの解説と対策について紹介していきます☆

 

3つだけ守れば副業はバレない!

副業をバレたくないあなたは、以下の3つを絶対に守ってください!

それだけで副業のバレるリスクはほぼ無くなります。

 

①同僚や友人には絶対に副業のことは言わない

副業を始めて収入が増えると、どうしても会社の同僚や友人に自慢したくなりますよね。

 

しかし、逆の立場だったらいかがでしょうか?

自身の勤務先は副業が認められていないのに、同僚は副業で稼いでいる・・・

・・・単にウザい、ですよね(笑)

 

飲み会の席で何気なく副業のことを伝えてしまうと、あっという間に社内で噂が広がる可能性があります。

それが上司や上層部の耳に入ると・・・・恐ろしいですよね。

 

もし副業のことを自慢したいのであれば、信頼できるご家族、に限定すべきだと思います(もちろん口止めはしっかりと)。

 

あとはSNS(TwitterやFacebook等)を本名でされている場合、SNSにも絶対に副業のことは投稿しないようにしましょう!SNSの拡散力は恐ろしいですよ!

 

1つ目の約束事

  • 自慢したくても鉄の心を持って口を閉ざす
  • 自慢したいなら信頼できる家族のみ
  • SNSに副業のことは投稿しない

 

②住民税を普通徴収(自分で納付)にする

通常、住民税は毎月の本業先のお給料から天引きされています。

この天引きによる引き落とし方法を「特別徴収」といいます。

 

住民税は1年間の収入が全て合算されて計算され、その合算額が役所から本業先の会社に通知されます。

 

何も考えずに副業(例えば、薬剤師のアルバイト)を開始してしまうと、副業先の所得分の住民税も合算されてしまい、合算額が役所から本業先に通知されます。

 

本業先は収入(年収)を把握していますので、明らかにそれよりも多い通知が役所から来るわけです。

・・・一発でバレますよね。。

 

Key
この対策としては、副業の所得に応じた住民税の通知が本業先に来ないようにすればいいわけです。

 

それが住民税の「普通徴収」と呼ばれるもので、副業の所得に応じた住民税は自分で支払うようにしましょう。本業先の住民税はそのまま特別徴収(給与から引き落とし)です。

 

住民税を普通徴収にするためには確定申告もしくは住民税申告が必要です。

 

Key
副業の収入(所得)が20万円を超えていれば確定申告、超えていなければ住民税申告ですね。

 

確定申告書類の「確定申告書の第二表」、もしくは住民税申告の「市民税・府(県)民税申告書」に住民税の支払いに関わる項目があります。(←確定申告や住民税の申告については後述)

 

その項目には

  • 給与から差引き(特別徴収)
  • 自分で納付(普通徴収)

があり、「自分で納付(普通徴収)」に〇をして選択するだけです。

●確定申告の「確定申告書の第二表」

●住民税申告の「市民税・府(県)民税申告書」

※引用:【大阪市】市民税・府民税申告書

 

確定申告、と聞くと「ムズカシソウ・・・面倒そう・・・」と思われるかもしれませんが、最近ではネット(国税庁のHP)で簡単にできますし、窓口に行かずに郵送でも完了できますよ。

>>国税庁 確定申告書等作成コーナー:https://www.keisan.nta.go.jp/kyoutu/ky/sm/top#bsctrl

 

以下の記事で確定申告をネットで行う方法について簡単に解説していますので、是非ご参照ください。

【図解2019年版】確定申告はネットの時代!税務署に行かんでもOKやで

続きを見る

 

このように副業先の住民税を自分で納める「普通徴収」を選択することで、本業先には通知が行かないようになります!

 

Key
ネットで確定申告をすると窓口に行かずに完了できるのですが、住民税の普通徴収を選択したいのでしたら窓口に行くのが得策です。

 

確定申告や住民税申告の手続きの際には窓口の職員に

「副業の収入があるが会社に知られたくない」

と伝えておくとより良いでしょう。

「副業を知られたくないため、普通徴収で」とメモを付箋で張り付けておくのも有効です。

 

これは人為的なミス(職員が誤って本業先に通知を送ってしまう)を排除するためです。

職員は副業があろうがなかろうが、正しい税金を納付して欲しいため結構親身になってくれますよ。

 

このように副業先の住民税だけは自分で納付(普通徴収)するようにしておけば、本業先に通知がいかないようになります!

 

ただし注意点もあります。

 

給与所得は普通徴収できない?

薬剤師のアルバイトや派遣などは「給与所得」で収入が発生しますが、給与所得は原則、普通徴収が選択できません

また2017年~2018年頃より、各自治体から各事業者(会社)に「給与所得に関する個人住民税の特別徴収を徹底しなさい!!」という通知が出されています。

通知の例:大阪府東京都埼玉県

 

ただし、例外として以下に該当する場合、普通徴収も認められています。(当面の間ですが)

次の理由【普A~普F】に該当する場合は、普通徴収(従業員が自分で納付)とすることができます。(当面、普通徴収が認められます。給与支払報告書の提出時に、「普通徴収切替理由書」を提出してください。)

普A. 総従業員数が2人以下の事業所
普B. 他から支給される給与から個人住民税が特別徴収されている方(乙欄該当者)
普C. 給与が少なく税額が引けない方
普D.給与の支払が不定期の方
普E. 専従者給与が支給されている方(個人事業主のみ対象)
普F. 退職された方又は給与支払報告書を提出した年の5月31日までに退職予定の方及び休職中の方

※引用:【埼玉県庁】個人住民税の給与からの特別徴収制度について

 

Key
副業の場合、本業の住民税は特別徴収されているため、上記の「普B.」に該当しますね。また、不定期の短期派遣薬剤師でしたら「普D.」にも該当すると思われます。

つまり、例外規定を適応させて副業分の住民税だけは普通徴収にできます。

 

しかし、この対応が可能かどうかは自治体や副業先の事業者(会社)によって異なるため、事前に必ず確認するようにしましょう!(👈会社への確認方法は後述します)

 

自治体への確認方法

普通徴収の例外規定が自治体によって認められているかどうかは各自治体のHPを見ればおおよそ確認ができます。

例えば大阪府東京都神奈川県埼玉県福岡県岡崎市など上記の例外規定が認められていますが、札幌市のHPには例外規定のことは特に記載されていませんでした。

まずは副業予定地区の自治体HPをご確認ください(Google等の検索で「自治体名(例:尼崎市) 住民税 普通徴収」とご入力ください)。

その上で不明点や詳しく知りたい場合は直接自治体の窓口にお問い合わせすると回答してくださいますよ。

 

その他、副業の収入が給与所得以外(雑所得など)でできる副業先でしたら問題なく普通徴収が選択可能です。(👈探し方は後述します)

 

2つ目の約束事

  • 副業先の住民税は「普通徴収」にすべし
  • 確定申告もしくは住民税申告は必須(職員に副業のことを相談してみましょう)
  • 副業が給与所得の場合、普通徴収が選択可能か自治体・事業者(会社)に要確認
  • 給与所得以外(雑所得など)で収入を貰える先も探すべし

 

③確定申告もしくは住民税申告をする

よくインターネットで税金の話を検索すると、

  • 所得(収入-経費)が20万円以下なら確定申告は不要

といった記事を見かけます。

 

確かに所得税の観点からは所得が20万円以下なら確定申告は不要です。

参考までに以下が確定申告が必要なサラリーマンの条件ですので、これ以外は確定申告不要です。

  1. 給与の年間収入金額が2,000万円を超える人
  2. 1か所から給与の支払を受けている人で、給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円を超える
  3. 2か所以上から給与の支払を受けている人で、主たる給与以外の給与の収入金額と給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円を超える人

※引用:【国税庁】No.1900 給与所得者で確定申告が必要な人

 

しかし住民税は副業で1円でも収益があると納税する義務があります(正確には本業+副業の収入が100万円を超えると必要)。

 

このように

  • 副業の収益が20万円を超えているのに確定申告していない場合
  • 副業の収益が1円以上なのに住民税を納付していない場合

脱税(違法行為)ですので、本業先に連絡が入る可能性も十分あります!

 

薬剤師として副業を行う場合、年間所得20万円は軽く超えると思われますし、前述の住民税を「普通徴収」にするためにも確定申告は必須です。

確定申告をすれば、住民税の申告は自動で行われます。

 

もし年間所得が20万円以下なら?

もし年間の副業所得が20万円以下でしたら所得税の申告は不要のため、確定申告は不要です。

しかし、住民税の申告は必要ですので、以下の手順で申告を行いましょう!

  1. 在住市区町村の申告に関するHPを確認
  2. 住民税申告に必要な書類を作成する(ほとんどの場合、HPに掲載)
  3. 担当窓口に持参または郵送する

住民税の「普通徴収」にチェックを入れるのを忘れずに!できれば窓口で職員にも伝えましょう!

 

3つ目の約束事

  • 副業の所得が20万円を超える場合は確定申告すべし
  • 20万円以下の場合にも住民税の申告は必須
  • 申告をすることで脱税のリスクが減る(本業先にバレる可能性が減る)

 

※確定申告・住民税申告は、毎年、おおよそ2月15日~3月15日の間です。勤務先の源泉徴収票を用意(12月頃に入手できます)し、副業で得た所得は雑所得で処理されると良いでしょう。
※確定申告時期が近づくと、国税庁のホームページにその年度の確定申告用のページができ、WEB入力で簡単に書類が作れます。

>>国税庁 確定申告書等作成コーナー:https://www.keisan.nta.go.jp/kyoutu/ky/sm/top#bsctrl

 

マイナンバーから副業はバレない

マイナンバー制度によって本業先の会社に副業がばれることはありません。

 

マイナンバーを利用しているのは税務署ですので、会社がマイナンバーから収入等を管理することは現状不可能ですのでご安心ください。

 

バレない副業先を探すには?

もしあなたが

  • 株の配当
  • FX
  • ブログ収入(Google Adsenseやアフィリエイト)
  • 治験

などで収益を得て副業を始めたい場合でしたら、前述の3つをお守りいただくことで本業先にバレることはないでしょう(基本、雑所得のため)。

なお、証券口座では「特定口座」にて口座開設をすると、自動的に税の天引きが行われるため、確定申告は不要です。

 

一方、薬剤師として調剤薬局やドラッグストア(OTCメイン、調剤併設)の

  • アルバイト・パート
  • 派遣薬剤師

のような副業を行いたい場合、まずは薬剤師専門の転職事業者(ファルマスタッフ薬キャリなど)への登録をおススメします。副業は転職ではありませんが、利用可能です!

 

Key
あなた個人で希望に沿う副業を探して、普通徴収が可能かの確認をして・・・・としているといくら時間があっても足りません。

また最近では非公開求人が多いため、個人で求人を探すには限界があります。時間を有効活用するためにも是非転職事業者をご活用ください^^

 

特にファルマスタッフは対面の面談で親身に相談可能ですし、副業先に給与所得の住民税が普通徴収可能かどうか調べてくれます。副業先が普通徴収可能でしたら、お住まいの自治体も普通徴収可能かどうか念のため確認してみてください。(自治体への確認はあなたご自身で)

 

また派遣薬剤師については、給与所得ではなく、雑所得として報酬を支払ってくれる案件も僅かにあります。

全ての案件が雑所得のわけではなく、ほんの一部ですのでご注意ください!

 

副業目的で利用する方も多いので親身に相談に乗っていただけますよ。

 

ファルマスタッフの特徴

  • 調剤薬局・ドラッグストアに限定して副業を探す(バイト・派遣求人あり)
  • 実際に副業している方の話が聞けて相談に乗ってくれる
  • 副業の給与所得の住民税が普通徴収可能かどうか調べてくれる
  • 一部、雑所得の案件もあり(派遣薬剤師に限る)
  • 時給や勤務条件の交渉が苦手な人向け(親身になって全部やってくれます)

ファルマスタッフ公式サイト

 

Key
上記から登録するとあなたの希望する案件を担当者が丁寧に色々探してくれますし、副業に関する希望等(普通徴収可否の確認)も親身に相談に乗ってくださいます。

 

副業(ダブルワーク)可能な求人も希望条件から検索可能ですので、分かりやすいですね。

 

住民税が普通徴収可能な会社や、雑所得で支払可能な会社が見つかった後に、安心・納得が得られてから実際に副業を開始するのも手だと考えます!

 

まとめ

Key
今回の記事は「薬剤師の副業のバレない方法」について詳しく解説いたしました。

 

本業にバレずに薬剤師の副業を始めたい場合、以下を厳守いただくことでバレる可能性がほぼ無くなります。

 

副業がバレない方法まとめ

  • 同僚や友人には絶対に副業のことは言わない
  • 住民税を普通徴収(自分で納付)にする
  • 副業所得に応じて確定申告もしくは住民税申告をする(20万円を超えるなら確定申告)
  • 専門の事業者(ファルマスタッフ薬キャリなど)へ登録して相談する

副業のバレるバレないは絶対ではありません。上記を厳守していても全く違う経路からバレる可能性もゼロではありませんのでご注意ください。

 

もし本業先が副業を公認しているようでしたら以下の記事をご参照ください。

薬剤師の副業解禁!実体験してみたおすすめの働き方4選と注意事項を解説

続きを見る

 

副業は自身のスキルアップや収入向上の手段として非常に有効です。

国も公的に副業を解禁したことから、今後は副業の大きな流れがくると予想されます。

 

Key
薬剤師の副業をお考えのあなたにとって、本記事が少しでもお役に立てれば嬉しく思います。

是非、下記にご登録いただき、情報収集してみてはいかがでしょうか?

 

★薬剤師の副業を探すならファルマスタッフに相談

ファルマスタッフ公式サイト

  • この記事を書いた人

Key

【保有資格】薬剤師、2級FP技能士、他
【経歴】某私立薬科大学・大学院卒。
製薬会社のオンコロジーMRとして約10年のキャリアですが、途中で内資から外資に転職しています。現在はMRをしながら、薬剤師として調剤併設ドラッグ・メディカルライターで副業しています。
プロフィール・運営者詳細

-薬剤師
-,

Copyright© メディカルタックス【薬剤師・看護師の資産形成サイト】 , 2019 All Rights Reserved.