税理士

マネーフォワード vs. freee:個人事業主でコスパ最強なクラウド会計ソフト

マネーフォワード vs. freee:個人事業主でコスパ最強なクラウド会計ソフト

最近話題のクラウド会計ソフト。ポピュラーなところではMoney Forwardfreeeが鎬を削っています。

 

よーてん
それぞれ一長一短ありますが、個人的にはMoneyForward推しです。

 

本当に簡単に紹介するとこんな感じ。

 

Money Forward:個人事業主用

Money Forwardは、年間1万円ちょっとのプランでも請求書作成システム(クラウド請求書)と給与管理システム(クラウド給与)が付いてくるのでめちゃくちゃコスパが良いです。

 

料金は3種類から選択可能ですが、小規模の個人事業主や副業の場合、パーソナルミニ(年額9,600円:税抜き)で十分な機能が付いています。

Money Forwardの料金一覧表

Money Foward:料金一覧表

 

ネットバンクやクレジットとの連携、クラウド請求書やクラウド給与との連携を使えば、ほとんどの記帳が自動化できてしまうのも魅力です。

マネーフォワードの仕訳:自動入力で楽々!

 

簿記を少しでも習ったことがあるなら、仕訳の感じもすんなりと頭に入りやすいと思いますよ!


1か月は無料でお試し可!

Money Forward:法人用

ちなみに法人用なら同じマネーフォワードでも「マネーフォワード クラウド会計」ですね。

日々の取引の入力など面倒な作業は自動化で業務効率を大幅に改善できますし、データをクラウドに集約することで経営の見える化が実現可能!小規模法人ならまずは入れておくべきクラウドソフトでしょう。

 

よーてん
同じく1か月間無料で使用できます!


1か月は無料でお試し可!

freee

freeeについてもほぼ同じ機能があるので、あとは好みの問題のような気もします。

どちらも無料トライアルが使えるので、気になる方はどちらも使ってみると良いでしょう。

 

freeeは会計がわからない人でも使えることを意識して作られているので、そちらの方が使いやすいという方もいらっしゃるはずです。ただ、少しでも簿記の知識がある人には少々使い辛い印象を受けます・・・。

 

私の場合はそれ故にアルゴリズムが複雑になっているように感じてしまうので、アルゴリズムのシンプルさではMoney Forwardに軍配ですね(笑)

 

まずはMoney Forwardの1か月無料のトライアルにご登録ください↓↓

MFを無料で使ってみる

  • この記事を書いた人

よーてん

【保有資格】税理士/基本情報技術者/日商簿記1級 他
【経歴】大学卒業後、IT会社で営業職経験後に税理士事務所に入所。2018年には税理士の官報合格を経て現在に至る。
普段は税理士業を主としていますが、2020年より本サイトでWEB活動も始動!
プロフィール・運営者詳細

-税理士