薬剤師

薬剤師の副業に適した在宅ワーク(メディカルライター業務)を伝授!

更新日:

今回の記事では、薬剤師の副業に適した在宅ワーク(メディカルライター業務)を紹介したいと思います!

 

これが気になるあなた向け記事

  • 薬剤師として在宅でできる副業にどんなのがあるの?
  • メディカルライター業務って実際どんな仕事をするの?
  • ライターに向いている人は?スキルは?
  • ライターの求人って簡単に見つかるの?

 

メディカルライター業務には、

  • 製薬企業(HPやインタビューフォーム、論文翻訳等)
  • メディア(医療ニュース等)

で求人があります。

 

Key
私はメディカルライター業務を経験したことがありますので、どんな業務なのか簡単に紹介します☆

 

<スポンサーリンク>

薬剤師の副業解禁

2018年は「副業元年」と呼ばれています。

企業等の就業規則の公的なひな型として存在する「モデル就業規則」というものがありますが、これが2018年1月31日に改正され、事実上、公的な副業が解禁されました!

 

改正の背景や内容、注意点等については以下の記事で解説しています。

薬剤師の副業解禁!おすすめの働き方と注意事項を解説

続きを見る

 

薬剤師のメディカルライター業務

メディカルライターとは、医学・薬学などの専門知識を活かして文章を作成する専門職です!

“文章”と言っても、製薬企業やメディアの様々な文章が存在します。

 

<製薬企業>

  • 製品や病態に関するホームページ記事作成
  • インタビューフォームやパンフレットの作成
  • 治験計画書の作成
  • 臨床試験の統括報告書作成
  • リスクマネジメントプラン(RMP)の作成
  • 論文翻訳業務

 

<メディア、他>

  • 医療系ニュース記事の作成
  • 薬剤師の体験談(調剤、病院、転職など)記事の作成
  • ブログ記事作成(当サイトのような感じ)

 

このように製薬企業のHPや資材メディアのニュース記事などを作成する業務全般が該当しますね。

 

報酬としては成果報酬(1資材完成したら何円)や、文字数報酬(1文字0.5~1円)が多いと思います。

特にメディアのニュース記事、体験談、ブログ記事作成では文字数報酬が多い傾向です。

 

私が経験したことがあるのは、

  • 薬剤師の体験談記事
  • ブログ記事

です。

 

体験談記事は経験に基づいて書いていけるため、初めての方でも比較的書きやすいと思います!(例:以下のオンコロジーMRの転職体験記事)

とあるオンコロジーMRの転職活動〜3つの行うべきこととは?〜

続きを見る

 

また、多くの場合フォーマットが指定されている(見出しや書き方等)ため、それに沿って書くとスムーズです。従って、体験談記事はライター未経験の方にもおススメできますね。

 

その他、ブログ記事の例として「ファーマシスタ」さんでは、薬剤師向けの以下の記事執筆求人がありました。

ライターとして書いていただく記事のカテゴリは下記の通りです。
全て現場の薬剤師or薬学生or薬局経営者に向けた記事になります。

・学術情報(薬・健康に関すること全般)
・マネジメント情報(薬局マネジメント関連)
・調剤報酬情報
・医療ニュース
・人事担当者が教える就活講座

 

もしご自身でブログを立ち上げて収益化を目指したいのであれば、レンタルサーバー(1,000円/月程のランニングコスト)の契約と、ワードプレス(無料)のインストールで簡単に始められます!

ブログ運営でしたら

  • 独自ドメインの取得(有料、月額300~400円)⇒無料のもあります
  • 有料サーバーの契約(有料)
  • WordPress(ワードプレス)の使用(無料)

が初心者にも扱いやすく手軽に始められますよ。

 

有料サーバーとしては、月額使用料が比較的安く、必要な機能がすべて揃っている「エックスサーバー」をおススメします。

また、記事の作成からSEO対策(検索時に上位に出てくる)までを一気に担う「WordPress(ワードプレス)」の使用がおススメです。これはエックスサーバーを契約すれば簡単インストール機能が勝手に付いていますのでめっちゃ楽です。

Key
当サイトもエックスサーバーとワードプレスで稼働していますよ。

 

このように一言にメディカルライター業務と言っても多種多様な仕事があるのがお分かりいただけると思います!

 

メディカルライター業務はどんな人におススメ?

まずは何と言っても「文章を書くことが好きな方」がおススメです。

 

製薬企業の場合

製薬企業では、専門知識や各種法律(薬機法など)に精通し、かつ文章としてまとめる力が求められます。

また論文翻訳業務では医療系の英語力が求められます。

 

メディアの場合

メディア記事では、医学・薬学用語を一般の方にも分かりやすく噛み砕いて表現する文章力が求められます。

基本、在宅でできる仕事が多く、平日の夜や土日といった空き時間に行うことができますので、病院・調剤薬局にお勤めの方や、主婦の方でも可能ですね☆

 

Key
私の経験で恐縮ですが、製薬企業とメディアのメディカルライターの働き方イメージとしては以下のような感じでした。
製薬企業メディア記事
締切期限厳密おおよそ
報酬高いぴんきり
※高額なのもある(転職体験記事系)
文章の自由度低い高い
仕事の進め方多人数が関与個人もしくは少人数の関与
研修制度充実している
(初心者でも可)
基本無い

 

副業としてのメディカルライター業務を探すには?

在宅でできるメディカルライター業務は実は非常に人気です。

しかし、求人数は少なく、月に1件あればいい方です。そのためネット上に公開すると応募が殺到し、かつ報酬単価等がライバル社に知られてしまいます。

 

上記の理由より、
メディカルライター業務は基本的に「非公開求人」ですのでネット上では検索できません。

このような非公開求人を探すためには薬剤師専門の転職サイトに登録し、エージェントさんから求人を紹介してもらう必要があります。

副業は転職ではありませんが、副業目的でも紹介してくれます!

 

そんなメディカルライター業務は薬キャリリクナビ薬剤師が取り扱っています。

 

の登録をおススメします。

 

メディカルライター業務は求人数が少ないため、できれば2社とも登録して、両者の求人を見比べながら探すのが一番良いと思います☆

 

まとめ

本記事のまとめ

  • メディカルライターは「文章を書くのが好きな人」におススメ
  • 製薬企業向け、メディア記事向けがある
  • 求人数は少ないため、転職サイトへの登録が必要
  • 文章力の底上げに繋がる

 

政府の働き方改革によって公的な副業が解禁となりました。

薬剤師の働き方も今後大きく変わっていき、副業としての在宅ワーク(メディカルライター業務)も益々多くなっていくと予想されます。

 

メディカルライターは自身の文章力の底上げになったり、本業の助けにもなります。

今後の薬剤師としてのキャリアを考えた上で、自身の経験値を上げたい方にとっても最適な業務ではないでしょうか?

 

今回の記事があなたの今後の人生キャリアにお役に少しでも立てれば本望です。

 

★公式サイトはこちら★

リクナビ薬剤師の特徴

  • 求人数が豊富でメディカルライター求人もあり
  • 担当のエージェントさんが非常に親切かつ丁寧で熱意がある
  • 求人があれば比較的トントン拍子で決まる

リクナビ薬剤師公式サイト

 

薬キャリの特徴

  • リクナビに劣らない求人数でメディカルライター求人あり
  • 希望の求人を登録しておけば、求人が出た時にメールで連絡してくれる
  • 欲しい求人があった時に行動できるので、自分のペースで進められる

薬キャリ公式サイト

 

  • この記事を書いた人

Key

【薬剤師・FP2級】某私立薬科大学・大学院卒。製薬会社のオンコロジーMRとして約10年のキャリアあり。途中で内資から外資に転職経験あり。現在はMRをしながら、薬剤師として調剤併設ドラッグ・メディカルライターで副業しています。⇒詳細なプロフィールはこちら

-薬剤師
-, , ,

Copyright© メディカルタックス【薬剤師・看護師の資産形成サイト】 , 2019 All Rights Reserved.