iDeCo

iDeCoの節税効果を確認する方法は?ヒントは源泉徴収票にあり!

更新日:

今回の記事ではiDeCoの節税効果を実感する方法(確認する方法)を解説していくでっ!

 

当サイトでもiDeCoの節税効果やおススメ商品を紹介してきたけど、皆iDeCo活用してるかな?iDeCoがどんなもんか再確認したければ下の記事を確認してみてや~。

【図解】iDeCoの節税効果やメリット・デメリットについて解説するで!

続きを見る

 

Key
節税効果については理解してても、実際に自分の税金がどれくらい減ってるんか気になるわな。

 

雇われモンの薬剤師・看護師・サラリーマンやったら年末に勤め先から貰える「源泉徴収票」を元に確認・計算することができるで!

ただし、iDeCoの申告を年末調整で済ませている場合

 

<スポンサーリンク>

iDeCo拠出金額の確認方法:源泉徴収票に記載

iDeCoの拠出金額を年末調整時に申告していれば、12月頃に勤め先から貰う「源泉徴収票」に記載されてるで。

iDeCoの年末調整に関しては以下の記事を参考にしてみてな~。

iDeCoの申告はどないするんや?年末調整?確定申告?

続きを見る

 

記載されてる場所はちょっと分かり辛いんやけど、「社会保険料等の金額」が2行になってて上段にある内書の金額(下図の青丸内がiDeCoの拠出金額や。

 

Key
この金額が実際にキミが支払ったiDeCoの拠出金額と一致してればちゃんと年末調整で申告完了してるって分かるで。

 

上の例の場合やと、iDeCoの拠出金額は「60,000円」で、その金額が所得控除されてるんや。

 

ちなみに所得控除や税金の計算方法について「?」な人は下の記事をちょこっと確認してもらったら理解できると思うで。

【図解】薬剤師・看護師が簡単にできる節税と言葉の意味をFPが解説!

続きを見る

 

iDeCoの節税効果の確認・計算方法

Key
ほな、こっから一番気になるiDeCoの節税効果の確認・計算方法について解説していくで!

 

確認・計算方法は以下の3ステップや。

 

節税効果の確認・計算方法

  1. 課税所得を確認(計算)する
  2. 課税所得を元に所得税率を確認する
  3. iDeCoの拠出金から節税効果を計算する

 

step
1
課税所得を確認(計算)する

Key
まずは課税所得の確認・計算方法や。

 

これは源泉徴収票の①「給与所得控除後の金額」から②「所得控除の額の合計額」を引き算すると算出できるで。

 

上の例の場合やと、「5,409,829円-1,530,124円=3,879,705円」が課税所得になるって計算やな。この金額を次のステップで用いるで~。

 

step
2
課税所得を元に所得税率を確認する

iDeCoの節税効果は所得税・住民税に関わってくるんやけど、所得税は人それぞれ税率が異なってる(5%~45%)んや。

参考:住民税の税率は一律10%

 

Key
やからキミの所得税の税率(所得税率)がどこに当てはまってるんかを確認する必要があるんやで。

 

ステップ1で計算した課税所得が下表の「課税される所得金額」のどの段階に当てはまるかを確認してみてや~。

※引用:【国税庁】No.2260 所得税の税率

 

さっきの例(課税所得3,879,705円)やと、上表の「330万円を超え695万円以下」に該当するから所得税率は「20%」ってことになるな。

 

step
3
iDeCoの拠出金から節税効果を計算する

最後にiDeCoのステップ2で確認した所得税率をiDeCoの拠出金額に掛け算することで所得税の節税効果が計算できるで!

さっきの例やと、

  • iDeCoの拠出金額は60,000円
  • 所得税率は20%

やったから、これを掛け算すると・・・

⇒60,000円×0.2=12,000円

が所得税の節税効果ってことになるんや。

 

同様に、住民税の税率は一律10%やから、「60,000円×0.1=6,000円」が住民税の節税効果ってことやで。

 

Key
おぉ、合計すると年間で18,000円の節税効果か!拠出額を変更しない場合、これが毎年続くからやっぱりiDeCoの節税効果はすごいなぁ!!

 

<スポンサーリンク>

節税できたお金はどうやって返ってくる?

Key
・・・・・んで、節税できたお金はどうやって返ってくるんや??はよはよ!

 

iDeCoの節税効果の金額は振込とかで返ってくるわけではないんや。

所得税の節税分については年末調整でちゃんと計算されてるから安心してや。これは12月の給与明細に「年調過不足額(過不足額や過不足税額と表記されてることもある)」って項目があるんやけど、その中でちゃんと計算されて還付されてるで。

 

住民税の節税分については、次年度の住民税総額からその分を安くしてくれてるんや。やからお金が返ってくるんではなくて、今後支払う住民税が安くなる、って考えやで。

 

Key
この辺は実際に手元に節税効果分が全部返ってくるわけじゃないから、なかなか納得し辛いんやけどな・・・。

ただ、源泉徴収票にしっかりとiDeCoの拠出額が明記されてれば心配せんでも自動的に節税されてるよ~。

 

もし源泉徴収票の額に誤りがあったら?

ちゃんと年末調整でiDeCoの拠出金を申告していれば源泉徴収票の金額と一致するはずなんやけど、稀に誤りがあることもあるんや。

 

色々下記のような理由が考えられるけど、心配せんでもちゃんと税金は返ってくるから安心してな。

  • キミの記入漏れ(←自己責任や)
  • 「小規模企業共済等掛金払込証明書」の未提出
  • 人事・経理担当者のミス

 

年末調整で申告が漏れてても、確定申告(例年2月15日頃~3月15日頃)すれば税金は返ってくるからな。確定申告の方法については以下の記事を参考にしてみてや~。

【図解2019年版】確定申告はネットの時代!税務署に行かんでもOKやで

続きを見る

 

確定申告には「小規模企業共済等掛金払込証明書」が必須になるけど、もし紛失してしまってる場合は金融機関に連絡すれば再発行してもらえるで。

 

まとめ

iDeCo節税効果の確認方法

  • iDeCoの拠出金額と源泉徴収票の金額が合っているか確認する
  • 課税所得を確認(計算)する
  • 課税所得を元に所得税率を確認する
  • iDeCoの拠出金から節税効果を計算する

 

今回はiDeCoの節税効果を確認・計算する方法について解説してきたで!

iDeCoの仕組みは理解しててもなかなか節税効果を実感できる機会がないから、是非年末の源泉徴収票を貰った時にでも思い出して確認してみてな。

 

iDeCoは節税にも貯蓄にもぴったりな方法やし、キミも上手に活用してくれたらワイは嬉しいで~。ほな、また!

あわせて読みたい

iDeCoの始め方について、金融機関・運用商品選びを解説してるで!

【iDeCo始め方】節税・貯蓄におすすめの金融機関と運用商品はコレや!

続きを見る

貯蓄と節税に最適な低解約返戻金型終身保険について解説してるで!

低解約返戻金型終身保険が薬剤師・看護師の節税と貯蓄に最適な理由

続きを見る



節税に関して悩み・疑問があれば無料でFPに相談!

こんなキミにオススメ!

  • 保険を活用した節税術が知りたい
  • お金の上手な貯め方が知りたい
  • 老後の資金準備や資産運用・資産設計のアドバイスやリスクが知りたい
  • 現在加入中保険の保障内容確認や見直しをしたい

これは【みんなの生命保険アドバイザー】っていう無料の相談サービスやで!

 

どこの保険会社にも属さへん中立的なFPがキミの自宅や指定場所にまで来てくれて無料で個別相談ができるんや。

保険と関係ないiDeCoのこととかも詳しかったし、もし節税について色々勉強したいことがあれば気軽に相談可能やよ。

 

\ 無料相談してみる/

みんなの生命保険アドバイザー

※「みんなの生命保険アドバイザー」はパワープランニング(株)が運営する中立的FPの無料相談サービス。




  • この記事を書いた人

Key(中二病)

【保有資格】薬剤師、2級FP技能士、他
深淵の闇(関西)より生まれしmaster swordsman。暗黒の使者(税金の計算)と奮闘中。中身はいたってマジメな社畜リーマン。
プロフィール・運営者詳細

-iDeCo
-

Copyright© メディカルタックス【薬剤師・看護師の資産形成サイト】 , 2019 All Rights Reserved.