薬剤師

薬剤師のスポット・単発派遣をアプロで実体験:1日限定でOKなので副業にもおすすめ

更新日:

  • 日曜の1日だけ派遣薬剤師でサクッと稼ぎたい」
  • 「育児の合間に家の近くで短期間働きたい」
  • 副業としてお試しで単発派遣薬剤師が気になる」

 

木元
周りの薬剤師さんからこのような声を聞くことが多くなってきました。

 

この記事で伝えたい事(結論)

  • 派遣薬剤師の求人は調剤薬局が最多で高時給(相場は時給2,500~3,500円)
  • 日雇い派遣(単発・スポット)は法律で原則禁止されているが、例外条件がある(60歳以上、年収・世帯年収500万円以上、など)
  • 調剤薬局に勤務するなら薬剤師賠償責任保険は加入必須
  • 薬剤師の単発派遣は「副業」、「育児・介護の隙間時間」、「転職までの空白期間」「起業の準備期間」におススメ
  • 単発派遣を探すならアプロ・ドットコムの一択!!

多くのサイト・ブログで薬キャリが薬剤師の単発派遣求人を取り扱っていると書かれています(例:サイトAサイトBサイトC)が、それは嘘なのでご注意ください!!!昔はあったかもしれませんが、現在、薬キャリは単発派遣求人を取り扱っていません!!(後述

 

 

今回の記事では、私がアプロ・ドットコム(以下、アプロ)で紹介して頂いた薬剤師の単発派遣について、体験記をお届けして参ります!

 

昨今、なかなか本業だけでは収入が増えませんし、育児等で専業主婦(夫)になった場合、将来の資金・資産に不安を感じることもあるのではないでしょうか?

 

木元
そんな時、あなたの空き時間や都合の良い日に限定して単発・スポットで働ける薬剤師派遣は非常に魅力的です。

しかも時給は高く、相場としては2,500~3,500円/時間といったところでしょうか。

 

また、単発・スポットの派遣薬剤師は誰でもできるわけではなく、法律で制限(原則禁止されている)がありますので、その点についても解説していきます。

アプロ・ドットコム公式サイト

 

<スポンサーリンク>

単発・スポット派遣薬剤師の概要と働く場所

まずは単発・スポットの派遣薬剤師の概要と主な働く場所についてお伝えしておきますね。

 

その名の通り、指定の場所で1日限定で働くのが単発派遣薬剤師です。

 

単発求人が最も多いのは「調剤薬局」で、次いで「調剤併設ドラッグストア」ですね。

僅かですが、ドラッグストア(調剤なし)の派遣薬剤師求人も存在しています。

 

木元
ですので病院での調剤経験者や門前薬局での調剤経験者は派遣薬剤師として非常に重宝されています。

 

調剤未経験の場合であっても派遣薬剤師の求人は豊富です。もしあなたが調剤未経験であってもアプロの担当スタッフさんに相談することで問題なく勤務できる求人を紹介してくれますのでご安心ください。

 

また、派遣薬剤師はバイトやパート薬剤師よりも高時給といった特徴もあります。おおよその相場としては時給2,500~3,500円程でしょうか。

この理由ですが、派遣はどこの店舗に行っても活躍してもらう必要があるからです(即戦力的な感じ)。最近では調剤薬局を中心に薬剤師不足ですので、「時給はいっぱい出すから来て!!!」という薬局も多いですね。特に土日は人手不足になりがちですので、単発・スポット求人も派遣で多々出ています。

 

派遣薬剤師を本業とされている方も多くいらっしゃいますが、最近では公的に副業が解禁されたことから、副業として派遣薬剤師をされている方も増えてきました。

 

特にご自身の空き時間やすきま時間で勤務可能な単発・スポット派遣薬剤師は副業として最適だと思いますよ。以下の記事で薬剤師の副業解禁について詳しく解説しています。

薬剤師の副業解禁!実体験してみたおすすめの稼げる働き方3選と注意事項を解説

続きを見る

 

以上のような特徴の派遣薬剤師ですが、本来、1日限定の単発・スポットの派遣は労働者派遣法で禁止されていることをご存知でしょうか?

 

単発派遣は労働者派遣法で禁止されている?:例外条件を要チェック

2012年10月1日に施行された改正労働者派遣法では「日雇い派遣の原則禁止」が設けられています。

日雇派遣(日々又は30日以内の期間を定めて雇用する労働者派遣)の原則禁止(適正な雇用管理に支障を及ぼすおそれがないと認められる業務の場合、雇用機会の確保が特に困難な場合等は例外)

【出典】厚生労働省|労働者派遣事業・職業紹介事業等 > 改正に関する資料

 

当時、「派遣切り」や「派遣の使い捨て」等と言われたこともあり、特に日雇いの派遣で雇用管理がしっかりと把握されないまま労災となったケースが多々ありました。

そこで日雇いや単発派遣を原則禁止とすることで派遣労働者の保護と雇用の安定が図られるようになりました。

 

ここで原則禁止とされているのは“30日以内の派遣労働契約”ですので、短期のアルバイト等は含まれていません。また、1か月の間に勤務が1日だけであっても派遣会社との労働契約を31日以上で締結していれば全く問題ありません。

参考:厚生労働省改正に関するQ&A

 

木元
例えば、派遣会社との労働契約を“2ヶ月”としておけば、その中で単発・スポットの派遣薬剤師を何度もすることが可能です。もちろん、2ヶ月の間に1回の勤務だけでもOKです。

 

その他、「例外条件」も設けられています。勤務する人が以下の4条件のうち1条件でも満たせば、労働契約期間と無関係に単発・スポット派遣が可能になりますよ。ちゃんと収入のある人や学生・60歳以上は単発でもOKということですね。

  1. 60歳以上の人
  2. 雇用保険の適用を受けない学生
  3. 副業として日雇派遣に従事する人(生業収入が500万円以上
  4. 主たる生計者でない人(世帯収入が500万円以上

【出典】厚生労働省| 労働者派遣法が改正されました > 派遣元事業主・派遣先の皆様

 

木元
分かりやすくイラスト化すると以下のような感じですね。どれか1つに当てはまれば大丈夫ですよ。

改正労働者派遣法:日雇い派遣の原則禁止と例外規定

 

あなた自身の本業が年収500万円以上の場合や、世帯年収が500万円以上の場合、単発・スポットの派遣薬剤師は問題なく勤務可能ですね。

 

ですので副業としてや、子育て世代のママ・主婦(夫)の方々には単発・スポットの派遣薬剤師は最適だと思います。

 

薬剤師賠償責任保険の有無も要チェック

調剤経験が浅かったり、未経験の場合、あなたの調剤によって事故・トラブルとなってしまう可能性があります。

そんな“もしも”の時のために用意されているのが「薬剤師賠償責任保険」です。

 

薬剤師賠償責任保険とは、薬剤師業務中に起きてしまった以下のような事故やトラブルで法律上の損害賠償責任を負った際に、損害賠償金・弁護士費用等を負担してくれる保険のことを言います。

  • 処方箋に記載されている用量以上の薬剤を調剤してしまい、患者さんに健康被害が生じた
  • 処方箋とは異なる薬剤を渡してしまい、予期せぬ副作用が出た
  • 医師の処方箋ミスを気づけずに患者さんに健康被害が生じた

 

これは・・・結構恐ろしいですねよ。。。

もちろん監査の薬剤師さんもいらっしゃいますが、自分の責任で患者さんに予期せぬことが発生した場合、それを保障してくれる制度があると安心して働くことができます。

 

日本薬剤師会でも用意されていますが、個人で加入する場合、保障額に応じて年間3,600円~28,500円と幅があります。

日本病院薬剤師会|薬剤師賠償責任保険(個人情報漏えい保険)

 

もしあなたが単発の派遣薬剤師を検討しているのでしたら、賠償責任保険が無料で完備されているアプロをおススメします。ご自身での手続きは不要で自動的に適応されますので安心して派遣薬剤師業務に取り組むことが可能です。

アプロ|初めての方へ>賠償責任保険 完備

 

木元
特に未経験の方や、今までと違う診療科の薬剤を扱う場合には賠償責任保険は必須だと思います!

私も調剤が長い方ではなく心配でしたが、アプロなら安心して働くことが可能でしたね。

 

さて、ここまでは派遣薬剤師の概要や制度などについて解説していきました。続いてアプロを利用した私の体験記をご覧いただけると嬉しいです。

 

派遣薬剤師に登録した経緯とアプロの登録

アプロは薬剤師向けに心理学や接遇に関してのメールマガジンを発行されています。

参考|メルマガ 現場薬剤師のための課外授業

 

元々、メルマガの読者だった私は、このメールを通して「単発勤務の派遣薬剤師」の存在を知りました。

 

当時の私は、これからは調剤薬局の正社員を辞め…

  • 講師業(自営)
  • WEBサイト運営(自営)
  • パート薬剤師(某ドラッグストア勤務)

などで生計をたてていくぞ!!!と意気込んでおりました…。

 

が、講師業での収入や、WEBサイトからの収入はその月々で非常に不安定かつ見通しが付かないため、不安な気持ちもありました。

 

調剤薬局の正社員を辞めると妻に話した際、

「仕事がないときは、ちゃんと派遣とか行ってよ」

とも言われており、これが単発派遣へ一歩を踏み出すきっかけになっています(苦笑)

 

今ご覧のあなたも収入面での不安から派遣薬剤師を検討されているのではないでしょうか?

 

木元
実際にアプロの担当スタッフと面談した際にも、単発派遣薬剤師を検討されている方は収入面で不安を感じている方が多いとおっしゃっていました。

また本業が副業可能な場合、まずは単発の派遣薬剤師として副業を始める方が多いようです。

 

私も収入面の不安や起業準備の隙間時間の有効活用として単発派遣薬剤師に興味を持ち、アプロに登録してみました!(もちろん無料で利用できます)

 

\単発の派遣求人が豊富!/

アプロドットコム公式サイト

 

登録の際にはご希望の勤務形態の「単発派遣」にチェックを入れるようにしましょう。これが最初から選択できる転職エージェントは他にはなかなかありませんよ!

 

登録後には単発の派遣薬剤師が検索できます。

検索画面では絞り込み検索欄で【単発(1日からOK)】というのが選択できますので、希望の都道府県・市町村と共に入力して検索しましょう!

例として2019年6月時点では大阪府で27件の求人が見つかりました(全国では206件)。

<検索画面>

<検索結果一覧>

 

木元
その他にもあなたの空いている日と場所を指定してから検索する方法もありますので、どちらかお好きな方法で検索できます。

 

 

このように単発に絞って自分で検索できるのはアプロくらいでしたね。派遣薬剤師求人で有名なファルマスタッフでは単発派遣のみを探すことはできませんでした。(「単発」とキーワード検索しても出てきません)

 

また、多くのサイト・ブログで「薬剤師の単発派遣なら薬キャリ・薬キャリエージェント!」と書かれています(例:サイトAサイトBサイトC)が、それは嘘ですのでご注意ください。実際に私が担当者に確認したところ、以下の回答が得られました。(ただし、稀に取り扱っていることもあるようです)

  • Q:薬キャリもしくは薬キャリエージェントで単発派遣の取り扱いはあるのか?
  • A:基本的に単発派遣は取り扱っておりません。

 

従って、薬剤師の単発派遣を探したいのならばアプロ・ドットコム一択です!!

アプロドットコム公式サイト

 

木元
私はアプロにのみ登録し、続いて担当スタッフさんとの打合せ・面談を行っていきました。

 

アプロドットコムの担当スタッフとの面談


アプロへ登録後は、先ほどの検索画面から地元の求人を探すとともに、担当スタッフさんがから電話やメールなどで連絡を頂いたので簡単な希望・要望などをお伝えしました。

 

その後、もう少し詳しい話を聞きたかったため、アプロの担当スタッフさんと面談をすることになり、わざわざ私の家の最寄駅まで来てくださいました(以下はその時のメール)。感謝です!!

面談までのメールのやり取り

 

木元
情報収集だけであれば、面談無しでメールや電話だけでのやり取りもOKですので、あなたの希望に沿った進め方が可能ですよ。しっかりと要望などを伝えたい場合や、勤務の意志が固まっている場合は、早めに面談に臨まれると良いと思います。

 

面談時には担当スタッフさんに、あなたの希望や要望をしっかり伝えましょう。

希望や要望の例

  • 時給
  • 勤務地
  • 勤務時間
  • 職場の雰囲気
  • 在宅業務の有無
  • 業務内容の希望
  • 単発派遣薬剤師をやりたい動機
  • 同じく派遣薬剤師がいるところが良い
  • 調剤薬局の診療科の希望(例:小児、整形外科がよい。総合病院門前は嫌。等)

 

私も面談の際には

  • ゆくゆくは自営で生きていきたいこと
  • 空いている時間に単発派遣で働きたいこと
  • これまでの調剤歴(当時は3年程度)
  • 手際は悪いけども、服薬指導は好き
  • スピードを求められる調剤は苦手
  • 希望する時給
  • 勤務可能エリア

といった希望・要望などを伝えました。

 

担当スタッフさんからは、

  • 時給は案件ごとに異なること
  • 定期的に派遣勤務に入るかどうかは自由に選べること
  • 一定時間以上、勤務できればe-ラーニングの補助が受けられること
  • 派遣勤務マニュアルブックの説明(無断で休まないとか、遅刻しないとか、そういう内容)

などの説明を受けました。

 

面談前に簡単な希望・要望などを伝えていましたので、面談時に早速初回の求人案件をご紹介いただきました。

 

木元
時給は3000円!自宅から40分程度の距離の薬局!

早く経験してみたかったので、少々遠いのは目をつぶり、その場で即答でOKしました(笑)

 

まぁ単発なので自分に合わなかったらそれはそれでいいやー、と軽い気持ちもありました^^(もちろん調剤は好きなのでやる気満々です!)

 

この面談を経て、今後も継続的に単発派遣のお仕事を紹介いただけることになりました♪

 

実際に勤務するまでの間は担当スタッフさんと数回メールでやり取りを行い、私の都合の良い日程と調剤薬局さんの日程のすり合わせを行ってくれました。

日程調整のすり合わせもメールで行ってくれる!

 

木元
当日の持ち物や地図、時給なども細かくメールで連絡していただけたので大変助かりましたね。

 

実際の業務内容は?いざ調剤薬局勤務当日!


勤務の際には、「薬剤師免許の原本」を持ってくるようにと指示がありました。(手元にはコピーしかなく、原本はしばらく待ってもらうことになってしまったのですが 汗)

その他、特に持ち物はなく、白衣も現地で借りることができ、このあたりは他の薬局も同じだと思います♪

 

そして勤務初日は、アプロの担当スタッフさんが(迷わないようにと)最寄り駅から同行してくれました!!!以下がその時のメールです。その節は本当にありがとうございました!手厚い対応でびっくりしましたが安心感がありましたね(笑)

勤務初日は駅で待ち合わせをして薬局まで同行してくれた!

 

駅からは担当スタッフさんと雑談や派遣薬剤師の業務内容について簡単に話しながら薬局に向かいました♪そしてココが私が実際に勤務した薬局の外観写真です。(薬局さんの都合上、ぼかしを入れています)

私が薬剤師として初めて単発派遣でお世話になった薬局

 

さて、ドキドキの初勤務ですが、、、、勤務前の私の予想・・・

木元

(派遣を頼むくらい人手が足りないということならば、邪険には扱われないはず・・!)

(調剤棚の、どこに何があるか?なんて分からないので、きっと外来の服薬指導&薬歴記入が、メインの業務になるんだろうな・・)

 

・・・

・・・

まぁ、上記の予想は的中してホッとしました^^;

 

そりゃあ、そうですよね。すこしでも患者さんにも、その薬局のスタッフさんにも喜んでもらえるように一生懸命働いていきました♪

 

初日は話しやすいマダム薬剤師の2人と一緒にお仕事することができ、「どこから来たの?」、「なんで派遣をやろうと思ったの?」等、私が孤立しないよう、調剤が途切れた時には色々とお話をふってくれました☆こうした気遣いは素直に嬉しかったですね~。

 

木元
ちなみにここの薬局では、「派遣薬剤師」は私を含めて3人。あとの2人は、ともに若い女性とのことでした。私が勤務に入らない他の日には、この方たちが入られていたようです。

派遣の受け入れ経験がある薬局だからこそ、初めての私でも親しみやすかったのかもしれません。

 

クリニックの門前薬局でしたが、整形と泌尿器の処方が多かった印象です。投薬した人数は、午前・午後、ともに15人ずつ程度。業務量や難易度はそこまでではなく、少し調剤経験のある薬剤師なら問題なくこなせる業務でした。長期の実習で鍛えられている6年制出身の薬剤師であれば、未経験であっても大丈夫なのでは?とも感じたほどです。

 

今回は外来業務にあたりましたが、その他、在宅業務がメインの調剤薬局への派遣なら、「さくさく素早く怒涛の一包化ァァァァ!!!!」という派遣薬剤師求人もあると思います。

 

日中、クリニックのお昼休みに突入してからは

  • 「一包化しておくものはありますか?」
  • 「外来患者さんのピッキングの予製あれば集めておきます」
  • 「今できることはありますか?」

など、マダム薬剤師の2人には積極的に声をかけました。

きっとこういう声かけは、派遣先の薬局のスタッフは助かると思うんです。少しでも同じ空間でお仕事をするならば、その時間のご縁は大切にしたいですよね。

 

夜間は、家庭教師業の授業・準備のため、18時に帰宅できるよう希望を出しておりました。そのため特に引き止められることもなく、ジャスト18時にあがらせて頂けましたね。このあたりもアプロの担当者さんに予め伝えておいて良かったと感じた点です。

 

以上、ドキドキの初勤務・初単発派遣薬剤師でしたが、特に問題なく、和やかな雰囲気で業務を終える事ができました。ちなみに勤務時間は6.5時間程でしたので、この日だけで時給3,000円×6.5時間=19,500円の収入ですね!縁あって、この薬局さんにはその後も1度入らせていただきました♪

 

木元
一回経験すると自信が付きますし、他の薬局の単発であってもやっていけると感じました。まずは最初の一回の経験が大事ですね。

 

単発派遣のメリット・デメリット

私が経験した単発派遣薬剤師で感じたメリット・デメリットはこんな感じでしたね。

メリット①時給が高い
②希望に沿った勤務が可能
③調剤経験が広がる
④同じ薬局に続けて行かなくても良い
デメリット①気に入った薬局に出会っても、ずっとは行けない
②単発派遣、派遣、ともに長期的に雇用が安定するかどうかは不透明
③職場はきっと、そこまで近くはない

 

では簡単に解説していきます。

 

メリット①時給が高い

単発派遣というのは、極端に言うと、「その日限りの便利屋さん」です。

継続雇用などの保証がない分ではありますが、人手不足で何としても来てほしい!という薬局が多いため、時給は高めに設定されています。

 

メリット②希望に沿った勤務が可能

これは本当にメリットだと感じました。

初勤務では家から少し遠かったものの納得のいく時給・業務内容・勤務時間・薬局雰囲気でした。

是非あなたが単発派遣薬剤師をされる際にも事前に希望・要望をしっかりと担当スタッフさんに伝えておくことが重要だと思います。

 

メリット③調剤経験が広がる

ずーっと同じ薬局だと、全く新しい薬に触れる機会というのが、限られているように思います。(新薬発売、新規の患者さんなど)

単発派遣では、強制的に普段触らない薬剤に囲まれることになるので、強制的に「良い修行」になります。

 

メリット④同じ薬局に続けて行かなくても良い

「ここの薬局は私には、合わないな・・・。この人達とはやりにくいな・・・。」などと感じても大した問題ではありません。

なぜなら、単発だから。

ずっと続けて出勤する訳ではないので、「自分にとって合わない人」と仕事をすることがあったとしても、それはすぐに終わります★その場限りと割り切りましょう!もちろん、業務はしっかりと完遂してくださいね。

(むしろ、色んな薬局、色んな人と会うことができるので素敵な「出会い」があるかもしれません♪)

 

木元
以上がメリット面ですね。続いてデメリット面です。

 

デメリット①気に入った薬局に出会っても、ずっとは行けない

「な、なんて働きやすい薬局なんだ!!」・・・と、思っても、基本的には派遣なので、その薬局に正社員の方やパート薬剤師が入ってくると追い出されてしまう運命にあります。

これは、単発派遣も一般の派遣薬剤師も同じだと思います。一期一会の気持ちが大切です。

 

デメリット②単発派遣、派遣、ともに長期的に雇用が安定するかどうかは不透明

これは派遣業務全体的に言えることですね・・・。

今は調剤薬局を中心に人手不足のため、高時給や好条件の単発派遣薬剤師求人がありますが、もし供給過多になると一気に求人数は少なくなります。

ですので派遣オンリーだと今の収入が10年・20年先も継続できるかどうかは不透明ですよね。長期的に安定した収入が目的でしたら正社員等を目指すのが得策だと思います。

 

デメリット③職場はきっと、そこまで近くはない

家から徒歩5分の距離で、ちょうど単発派遣の好条件の求人がでている!!・・・なんてことは、あんまりないと思います。

求人の一覧を見た感じでは、電車に乗って15分~30分程度移動すると、それなりの数の案件から選べるのかな?といった印象です。

こればかりは時の運ですので、あなたの運次第では家の近くで好条件の単発求人が出ているかもしれません(笑)

 

木元
以上が私の感じた単発・スポット派遣薬剤師のメリット・デメリットです。

派遣一本で安定した収入を長期間、というのはなかなか厳しいと思いますので、やはり副業や空き時間での利用がおススメです。

 

単発派遣薬剤師は、どんな人にオススメ?


ちょっとでも気になるな・・・という方は、単発なので一度トライしてみれば良いと思いますが、中でも特にオススメなのは以下に該当する方でしょうか。

  • 他の病院や薬局で働いているけれど、副業として取り組みたいあなた
  • 育児や介護中で空き時間を有効活用したいママ・主婦のあなた
  • 失業中(無職)・転職までの空白期間で収入に不安があるあなた
  • 起業した自分のビジネスが、落ち着くまで薬剤師で収入を作りたいあなた

 

アプロの担当スタッフさんなら、いつなら働けるか?いくらくらいの時給なら働くか?なども気軽に相談に乗ってもらえます♪また職場の雰囲気も教えてくださいます。

 

本業が副業を認めている場合、副業のお試しとして単発派遣薬剤師は最適です。副業で利用したいと事前にお伝えしておくことで、それに沿った求人も紹介してくれますのでご安心ください。

 

まとめと感想

単発派遣薬剤師のまとめ

  • 働く場所としては調剤薬局が最多
  • 高時給(相場は時給2,500~3,500円
  • 日雇い派遣の原則禁止があるため、例外条件を要チェック(60歳以上、年収・世帯年収500万円以上、など)
  • 薬剤師賠償責任保険は加入した方が良い
  • 希望・要望・空き時間に沿った求人を探そう
  • 単発派遣薬剤師求人を探すならアプロ・ドットコムに相談

 

実際に勤務してみるまでは、「高時給=ハードな業務内容」と思っていたのですが、必ずしもそうではないのだな、と思いました。

高時給でハードな職場もあるとは思いますが、それが嫌なら担当スタッフさんに事前に伝えるだけで避けられます◎

 

私は行って、実際に色々な人に関わり、色々な調剤に携われたことは、本当に良い経験でした。

「派遣薬剤師に興味はあるけど…」

というあなたも是非一緒に単発派遣薬剤師にトライしてみてはどうでしょう?

 

木元
本記事があなたの人生に少しでもお役に立てれば嬉しく思います☆興味があればアプロの公式サイトを覗いてみてくださいね。情報収集のみの登録も全然OKですよ!

 

★公式サイトはこちら★

\利用は全て無料/

アプロドットコムの特徴

  • 1日限りのお試し勤務も可能な「単発・スポット派遣」が豊富!(他ではなかなかありません!)
  • 処方箋による調剤が中心で、稀にOTCのみの求人もある
  • あなたの希望・要望に合った求人が見つかる
  • 薬剤師賠償責任保険が無料で完備
  • 情報収集は面談・電話でなくメールのみのやりとりも可(登録しておけばお近くの高単価求人が出た際にメールで知らせてもらえる)
  • 服薬指導など、コミュニケーションに役立つe-ラーニングが無料で使用可(一定時間以上の勤務が条件)

アプロドットコム公式サイト

  • この記事を書いた人

木元 貴祥

【保有資格】薬剤師、3級FP技能士、他
【経歴】大阪薬科大学卒業後、外資系製薬会社「日本イーライリリー」のMR職、薬剤師国家試験対策予備校「薬学ゼミナール」の講師、保険調剤薬局の薬剤師を経て現在に至る。
普段は講師業を主としていますが、FP資格を活かしてガンガン投資・節税中です!
プロフィール・運営者詳細

-薬剤師
-, , ,

Copyright© メディカルタックス , 2019 All Rights Reserved.