「 乳がん 」 一覧

12.悪性腫瘍

キイトルーダ(ペムブロリズマブ)の作用機序と副作用【MSI-Highの固形がん】

厚労省の薬食審医薬品第二部会は2018年11月29日、「がん化学療法後に増悪した進行・再発の高頻度マイクロサテライト不安定性(MSI-High)を有する固形がん(標準的な治療が困難な場合に限る)」を効 ...

12.悪性腫瘍

パージェタ(ペルツズマブ)の作用機序と副作用【乳がん】

2018/12/14    , ,

パージェタ点滴静注(一般名:ペルツズマブ(遺伝子組換え))の「HER2陽性の乳がんにおける術前・術後薬物学療法」に対する効能・効果追加が2018年10月10日に承認されました。   パージェ ...

12.悪性腫瘍

ベージニオ(アベマシクリブ)の作用機序:イブランスとの違い/比較【乳がん】

2018/12/14    ,

「ホルモン受容体陽性かつHER2陰性の手術不能または再発乳がん」を効能・効果とする新有効成分含有医薬品のベージニオ錠50mg、同錠100mg、同錠150mg(一般名:アベマシクリブ)が2018年9月2 ...

12.悪性腫瘍

リムパーザ(オラパリブ)の作用機序と副作用【乳がん】

2018/12/14    ,

リムパーザ錠100mg、同錠150mg(一般名:オラパリブ)の「がん化学療法歴のあるBRCA遺伝子変異陽性かつHER2陰性の手術不能または再発乳がん」の適応追加が2018年7月2日に承認されました。 ...

12.悪性腫瘍 疾患・作用機序まとめ

【乳がん】アロマターゼ阻害薬の作用機序・副作用と薬剤一覧の紹介

2018/12/14    ,

今回は「乳がん」とその治療薬の一つであるアロマターゼ阻害薬(アロマターゼインヒビター:AI)の作用機序、そして薬剤一覧をご紹介します! アロマターゼ阻害薬は「ホルモン療法」に分類されています。 &nb ...

12.悪性腫瘍

イブランス(パルボシクリブ)の作用機序と副作用【乳がん】

2018/11/15    ,

「手術不能または再発乳がん」を効能・効果とする新有効成分含有医薬品のイブランスカプセル25mg、同カプセル125mg(一般名:パルボシクリブ)が2017年9月27日に承認されました!  新薬 ...

5.内分泌・骨・代謝系 12.悪性腫瘍

アレディア(パミドロン酸)の作用機序と副作用【がんの骨転移】

2018/7/31    ,

今回はアレディア点滴静注(一般名:パミドロン酸)についてご紹介します。 先発品のアレディアは2016年に販売中止したことから、現在では後発医薬品(ジェネリック医薬品)のみが販売されています。 &nbs ...

12.悪性腫瘍

アフィニトール(エベロリムス)の作用機序と副作用【乳がん】

2018/3/12    

2014年3月18日に、手術不能または再発乳がん」の適応追加としてアフィニトール錠(一般名:エベロリムス)が承認されました^^ アフィニトール錠はすでに腎細胞がん等に適応を有していた薬剤です。 アフィ ...

Copyright© 新薬情報オンライン , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.