mTOR

7.炎症・免疫・アレルギー 10.皮膚・骨格筋

ラパリムスゲル(シロリムス)の作用機序と副作用【結節性硬化症】

「結節性硬化症に伴う皮膚病変」を効能・効果とする新投与経路医薬品のラパリムスゲル0.2%(一般名:シロリムス)が2018年3月23日に承認されました。 新薬情報オンライン【新薬承認+効能効果追加】21 ...

4.消化器系 7.炎症・免疫・アレルギー

サーティカン(エベロリムス)の作用機序【移植の拒絶反応】

2018/11/29    ,

厚労省は2018年2月23日、「肝移植における拒絶反応の抑制」の効能・効果を追加する新効能・新用量医薬品のサーティカン錠0.25mg、同錠0.5mg、同錠0.75mg(一般名:エベロリムス)を承認した ...

3.呼吸器系

ラパリムス錠(シロリムス)の作用機序と副作用【リンパ脈管筋腫症】

2018/9/21    ,

2014年7月4日、厚生労働省は「リンパ脈管筋腫症」を効能・効果とするラパリムス錠1mg(一般名:シロリムス)を承認しました。 今回はリンパ脈管筋腫症とラパリムス(シロリムス)の作用機序についてご紹介 ...

Copyright© 新薬情報オンライン , 2020 All Rights Reserved.