JAK

5.内分泌・骨・代謝系 7.炎症・免疫・アレルギー

リンヴォーク(ウパダシチニブ)の作用機序:類薬との違い・比較【関節リウマチ】

2019/8/19    ,

リンヴォーク(ウパダシチニブ)とは、2019年2月に「既存治療で効果不十分な関節リウマチ」を予定効能・効果として承認申請が行われた新規のJAK阻害薬です! 現時点では未承認のためご注意ください。 基本 ...

5.内分泌・骨・代謝系 7.炎症・免疫・アレルギー

スマイラフ(ペフィシチニブ)の作用機序・類薬との違い【関節リウマチ】

2019/8/19    ,

スマイラフ錠(一般名:ペフィシチニブ)は、2019年3月26日に「関節リウマチ」を対象疾患として承認された新薬で、新規のJAK阻害薬に分類されています! アステラス製薬|ニュースリリース 基本情報 製 ...

5.内分泌・骨・代謝系 7.炎症・免疫・アレルギー

オルミエント(バリシチニブ)の作用機序と副作用【関節リウマチ】

2019/3/27    ,

「既存治療で効果不十分な関節リウマチ(関節の構造的損傷の防止を含む)」を効能・効果とする新有効成分含有医薬品のオルミエント錠2mg、同4mg(一般名:バリシチニブ)が2017年7月3日に承認されました ...

4.消化器系 7.炎症・免疫・アレルギー

ゼルヤンツ(トファシチニブ)の作用機序と副作用【潰瘍性大腸炎】

2018/12/18    ,

2018年5月25日、ゼルヤンツ錠5mg(一般名:トファシチニブクエン酸塩)に「中等症から重症の潰瘍性大腸炎の寛解導入及び維持療法(既存治療で効果不十分な場合に限る)」の適応が追加されました。 製薬会 ...

5.内分泌・骨・代謝系 7.炎症・免疫・アレルギー

ゼルヤンツ(トファシチニブ)の作用機序と副作用【関節リウマチ】

2019/2/21    ,

厚労省は2013年5月、「既存治療で効果不十分な関節リウマチ」を効能・効果とする新有効成分含有医薬品のゼルヤンツ錠5mg(一般名:トファシチニブ)を承認したと発表がありました!   本日は関 ...

Copyright© 新薬情報オンライン , 2019 All Rights Reserved.