胃がん

12.悪性腫瘍

キイトルーダ(ペムブロリズマブ)の作用機序【MSI-Highの固形がん、胃・食道がん】

キイトルーダ(ペムブロリズマブ)について、以下の適応拡大申請が行われています。 2019年9月10日:切除不能進行・再発食道がん 2019年10月4日:治癒切除不能な進行・再発の胃がん 現時点では上記 ...

4.消化器系 12.悪性腫瘍 後発品

ハーセプチン(トラスツズマブ)の作用機序と副作用【胃がん】

2019/8/22    , ,

今回の記事では、ハーセプチン(一般名:トラスツズマブ)と、その後発医薬品である「バイオ後続品」について紹介していきます。   ハーセプチンは以下の効能・効果を有しており、バイオ後続品も同じで ...

4.消化器系 12.悪性腫瘍

ロンサーフ(トリフルリジン/チピラシル)の作用機序【大腸がん/胃がん】

2019/8/22    ,

2019年8月22日、ロンサーフ配合錠(トリフルリジン/チピラシル)の効能・効果に「がん化学療法後に増悪した治癒切除不能な進行・再発の胃癌」が追加されました! 大鵬薬品工業|ニュースリリース 基本情報 ...

12.悪性腫瘍

ロズリートレク(エヌトレクチニブ)の作用機序【NTRK陽性の固形がん/ROS1陽性の肺がん】

ロズリートレクとは、2019年6月18日に「NTRK融合遺伝子陽性の進行・再発の固形がん」を効能・効果として承認された新薬で、新規のROS1/TRK阻害剤に分類されています。NTRK融合遺伝子陽性の固 ...

4.消化器系 12.悪性腫瘍

サイラムザ(ラムシルマブ)の作用機序【胃/大腸/肝細胞がん】

2019年6月18日、「肝細胞がん」を対象疾患とするサイラムザ点滴静注液(一般名:ラムシルマブ)の適応拡大が承認されました!   サイラムザは既に胃がん、大腸がん、肺がんに適応を有しています ...

4.消化器系 12.悪性腫瘍

オプジーボ(ニボルマブ)の作用機序と副作用【胃がん】

2019/5/14    ,

  厚労省は2017年9月22日、「がん化学療法後に増悪した治療切除不能な進行・再発の胃がん」を効能・効果に追加するオプジーボ点滴静注20mg、同100mg(一般名:ニボルマブ(遺伝子組換え ...

Copyright© 新薬情報オンライン , 2019 All Rights Reserved.