肺動脈性肺高血圧症

2.循環器系

アドシルカ(タダラフィル)の作用機序:レバチオとの違い【肺動脈性肺高血圧症】

今回の記事では「肺動脈性肺高血圧症(PAH)」に使用されているアドシルカ錠20mg(一般名:タダラフィル)の作用機序について、疾患解説と共に紹介しています。   心臓と血液循環 ご存知の通り ...

2.循環器系 疾患・作用機序まとめ

【肺動脈性高血圧症】エンドセリン受容体拮抗薬の作用機序と一覧・使い分け

今回は肺動脈性高血圧症(PAH)に使用されるエンドセリン受容体拮抗薬の作用機序や一覧表について、疾患解説と共にご紹介します。   2018年11月2日現在までにエンドセリン受容体拮抗薬は以下 ...

2.循環器系

レバチオ(シルデナフィル)の作用機序【肺動脈性肺高血圧症】

レバチオ錠20mg、同懸濁用ドライシロップ900mg、同ODフィルム20mg(一般名:シルデナフィルクエン酸塩)の「肺動脈性肺高血圧症」に小児用量が2017年9月27日に追加されました! 新薬情報オン ...

2.循環器系

アデムパス(リオシグアト)の作用機序【肺動脈性肺高血圧症】

アデムパス錠0.5mg、同錠1.0mg、同錠2.5mg(一般名:リオシグアト)の効能・効果に「肺動脈性肺高血圧症」が2015年に追加されました! アデムパスは初の可溶性グアニル酸シクラーゼ(sGC)刺 ...

2.循環器系

ウプトラビ(セレキシパグ)の作用機序【肺動脈性高血圧症】

「肺動脈性高血圧症」を効能・効果とする新有効成分含有医薬品のウプトラビ錠(一般名:セレキシパグ)が2016年9月28日に承認されました。 本剤は初の非プロスタノイド構造を持ちながらPGI2受容体に作用 ...

2.循環器系

ベンテイビス吸入液(イロプロスト)の作用機序【肺動脈性高血圧症】

厚労省は2015年9月28日、「肺動脈性高血圧症」を効能・効果とするベンテイビス吸入液(一般名:イロプロスト)を承認しました! ベンテイビスは国内初の吸入による肺動脈性高血圧症治療薬です。 &nbsp ...

2.循環器系

トラクリア小児用分散錠(ボセンタン)の作用機序【肺動脈性高血圧症】

「肺動脈性高血圧症」を効能・効果とするトラクリア小児用分散錠32mg(一般名:ボセンタン水和物)が2015年11月に発売されました! これまでのトラクリア錠62.5mgは成人にしか使用できませんでした ...

2.循環器系

オプスミット(マシテンタン)の作用機序:類薬との違い【肺動脈性高血圧症】

「肺動脈性高血圧症」を効能・効果とする新有効成分含有医薬品のオプスミット錠10mg(一般名:マシテンタン)が2015年3月26日に承認されました!   オプスミットはエンドセリン受容体拮抗薬 ...

Copyright© 新薬情報オンライン , 2020 All Rights Reserved.