糖尿病

5.内分泌・骨・代謝系

経口セマグルチド(GLP-1アナログ)の作用機序と特徴【糖尿病】

2019/8/15    ,

2019年7月に世界初の経口GLP-1受容体作動薬である経口セマグルチド(開発コード:NN9924)が「2型糖尿病」を予定効能・効果として製造販売承認申請されました! ノボ ノルディスクファーマ|ニュ ...

5.内分泌・骨・代謝系

ゾルトファイ配合注(インスリンデグルデク/リラグルチド)の作用機序【糖尿病】

2019/8/18    ,

ゾルトファイ配合注とは、2019年6月18日に「インスリン療法が適応となる2型糖尿病」を効能・効果として承認された新薬で、国内初のインスリン製剤とGLP-1受容体作動薬(GLP-1アナログ製剤)の配合 ...

2.循環器系 5.内分泌・骨・代謝系

コラテジェン(ベペルミノゲン ペルプラスミド)の作用機序【重症虚血肢】

コラテジェンとは、2019年3月26日に「慢性動脈閉塞症」を対象疾患として承認された日本初の遺伝子治療用製品です。少数例の臨床試験しかないため、条件・期限(5年間)付きで承認されています。 「条件及び ...

5.内分泌・骨・代謝系

フォシーガ(ダパグリフロジン)の作用機序と副作用【糖尿病】

2019/7/29    ,

2019年3月26日、フォシーガ錠5mg、同10mg(一般名:ダパグリフロジンプロピレングリコール水和物)の効能・効果に「1型糖尿病」が追加されました! 基本情報 製品名 フォシーガ錠 一般名 ダパグ ...

5.内分泌・骨・代謝系

スーグラ(イプラグリフロジン)の作用機序と副作用【糖尿病】

2019/7/29    ,

スーグラ錠20mg、同錠50mg(一般名:イプラグリフロジン)の効能効果に「1型糖尿病」の適応を追加することが2018年12月21日に承認されました! 製薬会社 製造販売:アステラス製薬(株) 販売提 ...

5.内分泌・骨・代謝系

オゼンピック(セマグルチド)の作用機序と副作用【糖尿病】

2019/7/25    ,

「2型糖尿病」を効能・効果とする新有効成分含有医薬品のオゼンピック皮下注2mg(一般名:セマグルチド)が2018年3月23日に承認されました! 製薬会社 製造販売元:ノボ ノルディスク ファーマ(株) ...

5.内分泌・骨・代謝系

トラディアンス(リナグリプチン/エンパグリフロジン)の作用機序と副作用【糖尿病】

2019/5/30    , ,

「2型糖尿病(ただし、エンパグリフロジン及びリナグリプチンの併用による治療が適切と判断される場合に限る)」を効能・効果とする新医療用配合剤であるトラディアンス配合錠AP、同配合錠BP(一般名:リナグリ ...

5.内分泌・骨・代謝系

メトアナ配合錠(アナグリプチン/メトホルミン)の作用機序【糖尿病】

「2型糖尿病(ただし、アナグリプチン及びメトホルミン塩酸塩の併用による治療が適切と判断される場合に限る)」を効能・効果とするメトアナ配合錠LD、同配合錠HD(一般名:アナグリプチン/メトホルミン塩酸塩 ...

5.内分泌・骨・代謝系 疾患・作用機序まとめ

【糖尿病】GLP-1受容体作動薬の作用機序と一覧まとめ

2019/6/18    ,

今回は「2型糖尿病」とその治療薬の一つであるGLP-1受容体作動薬(GLP-1アナログ製剤)の作用機序を中心にご紹介します。 GLP-1受容体作動薬は6製品承認されていますので、その一覧についてもまと ...

5.内分泌・骨・代謝系 疾患・作用機序まとめ

【糖尿病】SGLT2阻害薬の作用機序・副作用と一覧まとめ(単剤と配合剤)

2019/5/30    ,

今回は「2型糖尿病」とその治療薬の一つであるSGLT2阻害薬の作用機序を中心にご紹介します。 SGLT2阻害薬は数製品発売されており、配合剤も発売されていますので、その一覧についてもまとめてご紹介しま ...

5.内分泌・骨・代謝系

スージャヌ(シタグリプチン/イプラグリフロジン)の作用機序と副作用【糖尿病】

2018/11/29    , ,

「2型糖尿病(ただし、シタグリプチンリン酸塩水和物及びイプラグリフロジン L-プロリンの併用による治療が適切と判断される場合に限る)」を効能・効果とする新医療用配合剤であるスージャヌ配合錠(一般名:シ ...

5.内分泌・骨・代謝系 疾患・作用機序まとめ

【糖尿病】DPP-4阻害薬の作用機序と一覧まとめ(単剤と配合剤)

2019/5/30    , , ,

今回は「2型糖尿病」とその治療薬の一つであるDPP-4阻害薬の作用機序を中心にご紹介します。 DPP-4阻害薬は数製品発売されており、配合剤も多く発売されていますので、その一覧についてもまとめてご紹介 ...

5.内分泌・骨・代謝系

カナリア(テネリグリプチン/カナグリフロジン)の作用機序【糖尿病】

2018/11/26    , ,

厚労省は2017年7月3日、「2型糖尿病(ただし、テネリグリプチン臭化水素酸塩水和物及びカナグリフロジン水和物の併用による治療が適切と判断される場合に限る)」を効能・効果とする新医療用配合剤であるカナ ...

5.内分泌・骨・代謝系

イニシンク(アログリプチン/メトホルミン)の作用機序【糖尿病】

2018/11/26    

厚労省は2016年9月28日、「2型糖尿病(ただし、アログリプチン安息香酸塩及びメトホルミン塩酸塩の併用が適切と判断される場合に限る)」を効能・効果とするイニシンク配合錠(一般名:アログリプチン安息香 ...

5.内分泌・骨・代謝系

エクメット(ビルダグリプチン/メトホルミン)の作用機序【糖尿病】

2018/4/5    

厚労省は2015年9月28日、「2型糖尿病(ただし、ビルダグリプチン及びメトホルミン塩酸塩の併用による治療が適切と判断される場合に限る)」を効能・効果とするエクメット配合錠(一般名:ビルダグリプチン/ ...

5.内分泌・骨・代謝系

マリゼブ(オマリグリプチン)の作用機序【糖尿病】

2018/11/26    

厚労省は2015年9月28日、「2型糖尿病」を効能・効果とするマリゼブ錠(一般名:オマリグリプチン)の承認したと発表がありました。 マリゼブはDPP-4阻害薬に分類されている薬剤です。 既存のDPP- ...

5.内分泌・骨・代謝系

トルリシティ(デュラグルチド)の作用機序【糖尿病】

2018/4/25    ,

厚労省は2015年7日3日、「2型糖尿病」を効能・効果とするトルリシティ皮下注アテオス(一般名:デュラグルチド遺伝子組換え)を承認しました。   今回は糖尿病治療とトルリシティ(デュラグルチ ...

5.内分泌・骨・代謝系

ザファテック(トレラグリプチン)の作用機序【糖尿病】

2018/11/26    

厚労省は2015年3月26日、「2型糖尿病」を効能・効果とする週1回投与のDPP-4阻害薬ザファテック錠(一般名:トレラグリプチンコハク酸塩)を承認しました! ザファデックは国内では8番目のDPP-4 ...

5.内分泌・骨・代謝系

テネリア(テネリグリプチン)の作用機序【糖尿病】

2018/11/28    

2012年6月29日、2型糖尿病治療薬のテネリア錠20mg(一般名:テネリグリプチン)が承認されました。 テネリアは「DPP-4阻害薬」に分類されています。 今回は糖尿病とテネリア(テネリグリプチン) ...

5.内分泌・骨・代謝系

ネシーナ(アログリプチン)の作用機序【糖尿病】

2018/4/5    

2010年4月16日、2型糖尿病治療薬のネシーナ錠(一般名:アログリプチン安息香酸塩)が承認されました。 ネシーナは「DPP-4阻害薬」に分類されています。 今回は糖尿病とネシーナ(アログリプチン)の ...

5.内分泌・骨・代謝系

エクア(ビルダグリプチン)の作用機序【糖尿病】

2018/11/26    

2010年1月20日、2型糖尿病治療薬のエクア錠50mg(一般名:ビルダグリプチン)が承認されました。 エクアは「DPP-4阻害薬」に分類されています。 今回は糖尿病とエクア(ビルダグリプチン)の作用 ...

5.内分泌・骨・代謝系

ジャディアンス(エンパグリフロジン)の作用機序【糖尿病】

2018/11/26    ,

厚労省は2014年12月26日、「2型糖尿病」を効能・効果とするジャディアンス錠(一般名:エンパグリフロジン)を承認したと発表がありました^^ 本剤はSGLT2阻害薬で6成分7製品目の薬剤となります。 ...

5.内分泌・骨・代謝系

ジャヌビア/グラクティブ(シタグリプチン)の作用機序【糖尿病】

2018/4/5    

2009年10月16日、2型糖尿病治療薬のジャヌビア錠/グラクティブ錠(一般名:シタグリプチン)が承認されました。 ジャヌビアとグラクティブは「DPP-4阻害薬」と呼ばれる新規作用機序を有する薬剤です ...

5.内分泌・骨・代謝系

カナグル(カナグリフロジン)の作用機序【糖尿病】

2018/11/26    ,

2014年7月4日、厚生労働省は、「2型糖尿病」を効能・効果とするカナグル錠(一般名:カナグリフロジン水和物)を承認したと発表がありました^^   すでにSGTL-2阻害剤は、スーグラ錠(2 ...

Copyright© 新薬情報オンライン , 2019 All Rights Reserved.