生物学的製剤

7.炎症・免疫・アレルギー 10.皮膚・骨格筋

ルミセフ(ブロダルマブ)の作用機序【乾癬・脊椎関節炎】

2020/11/4    ,

2020年10月30日、厚労省の薬食審・医薬品第二部会にてルミセフ皮下注(ブロダルマブ)の効能・効果に既存治療で効果不十分な以下の疾患を追加することが了承されました! 強直性脊椎炎 X線基準を満たさな ...

7.炎症・免疫・アレルギー 10.皮膚・骨格筋

イルミア皮下注(チルドラキズマブ)の作用機序【乾癬】

2020年6月29日、「尋常性乾癬」を対象疾患とするイルミア皮下注(チルドラキズマブ)が承認されました。 サンファーマ|ニュースリリース 基本情報 製品名 イルミア皮下注100mgシリンジ 一般名 チ ...

7.炎症・免疫・アレルギー

オレンシア(アバタセプト)の作用機序【若年性特発性関節炎】

2020年2月21日、オレンシア(アバタセプト)の関節リウマチの効能・効果に対して「関節の構造的損傷の防止を含む」を追加することが承認しました!   オレンシアには点滴静注と皮下注の2種類の ...

7.炎症・免疫・アレルギー 10.皮膚・骨格筋 疾患・作用機序まとめ

【乾癬】生物学的製剤の一覧と作用機序/特徴のまとめ

近年、乾癬の治療薬が多数登場してきています。 また、生物学的製剤も現在(2020年6月29日)は10製剤あり、それぞれ作用機序や特徴、効能・効果が異なっています。   今回は、乾癬と生物学的 ...

7.炎症・免疫・アレルギー 10.皮膚・骨格筋

トルツ(イキセキズマブ)の作用機序【乾癬・強直性脊椎炎】

2020/9/28    , ,

2020年9月25日、トルツ皮下注80mgシリンジ/オートインジェクター(イキセキズマブ)の適応症に「既存治療で効果不十分なX線基準を満たさない体軸性脊椎関節炎」を追加することが承認されました! &n ...

5.内分泌・骨・代謝系 7.炎症・免疫・アレルギー 後発品

エンブレル(エタネルセプト)の作用機序【関節リウマチ】

「既存治療で効果不十分な関節リウマチ(関節の構造的損傷の防止を含む)」と「既存治療で効果不十分な多関節に活動性を有する若年性特発性関節炎」を効能・効果とするバイオ後続品の エタネルセプトBS皮下注シリ ...

7.炎症・免疫・アレルギー 10.皮膚・骨格筋

スキリージ皮下注(リサンキズマブ)の作用機序と特徴【乾癬】

2020/6/22    , ,

スキリージ皮下注(一般名:リサンキズマブ)とは、2019年3月26日に「乾癬」を対象疾患として承認された新薬で、インターロイキン(IL)-23を選択的に阻害するモノクローナル抗体製剤に分類されています ...

5.内分泌・骨・代謝系 7.炎症・免疫・アレルギー

ケブザラ(サリルマブ)の作用機序と副作用【関節リウマチ】

「既存治療で効果不十分な関節リウマチ」を効能・効果とする新有効成分含有医薬品のケブザラ皮下注シリンジ/オートインジェクター(一般名:サリルマブ(遺伝子組換え))が2017年9月27日に承認されました! ...

7.炎症・免疫・アレルギー 10.皮膚・骨格筋

コセンティクス(セクキヌマブ)の作用機序【乾癬/強直性脊椎炎】

2020年8月21日、コセンティクス皮下注(セクキヌマブ)の適応症に「既存治療で効果不十分なX線基準を満たさない体軸性脊椎関節炎」を追加することが承認されました。   コセンティクスは201 ...

7.炎症・免疫・アレルギー 10.皮膚・骨格筋

トレムフィア(グセルクマブ)の作用機序と副作用【乾癬/掌蹠膿疱症】

厚労省は2018年11月21日、トレムフィア皮下注100mgシリンジ(一般名:グセルクマブ)に「既存治療で効果不十分な掌蹠膿疱症」を追加することを承認しました。 製薬会社 製造販売元:ヤンセンファーマ ...

4.消化器系 7.炎症・免疫・アレルギー 後発品

レミケード(インフリキシマブ)の作用機序とバイオ後続品【潰瘍性大腸炎】

2018年7月2日、厚労省はインフリキシマブBS点滴静注用100mg「ファイザー」[インフリキシマブ後続3] を承認しました。   インフリキシマブBSは2014年に「NK」が初の承認を取得 ...

7.炎症・免疫・アレルギー

イラリス(カナキヌマブ)の作用機序と副作用【若年性特発性関節炎】

2018年7月2日、厚労省はイラリス皮下注用150mg、同皮下注射液150mg(一般名:カナキヌマブ(遺伝子組換え))の「既存治療で効果不十分な全身型若年性特発性関節炎」の適応追加を承認しました。 製 ...

5.内分泌・骨・代謝系 7.炎症・免疫・アレルギー 疾患・作用機序まとめ

【関節リウマチ】生物学的製剤の作用機序・副作用・特徴のまとめ

近年、関節リウマチの治療薬が多数登場してきています。 また、生物学的製剤も現在(2019.1.31)は8製剤あり、それぞれ作用機序や特徴、効能・効果が異なっています。   今回は、関節リウマ ...

7.炎症・免疫・アレルギー 10.皮膚・骨格筋

ヒュミラ(アダリムマブ)の作用機序【乾癬】

2020/11/4    , ,

2018年3月23日、厚労省はヒュミラ皮下注40mgシリンジ0.8mL、同皮下注40mgシリンジ0.4mL、同皮下注80mgシリンジ0.8mL、同皮下注40mgペン0.4mL、同皮下注80mgペン0. ...

7.炎症・免疫・アレルギー

アクテムラ(トシリズマブ)の作用機序【関節リウマチ】

今回は「関節リウマチ」でよく用いられるアクテムラ点滴静注/皮下注(一般名:トシリズマブ)とその作用機序についてご紹介します。 アクテムラには点滴静注製剤と、皮下注製剤があり、適応や用法用量が異なります ...

Copyright© 新薬情報オンライン , 2020 All Rights Reserved.