慢性副鼻腔炎

3.呼吸器系 7.炎症・免疫・アレルギー 10.皮膚・骨格筋

デュピクセント(デュピルマブ)の作用機序【アトピー性皮膚炎/気管支喘息/副鼻腔炎】

2020年2月26日の厚労省 薬食審・医薬品第二部会にて、「鼻茸を伴う慢性副鼻腔炎」を対象疾患とするデュピクセント(デュピルマブ)の適応拡大について審議される予定です。 サノフィ|申請のニュースリリー ...

Copyright© 新薬情報オンライン , 2020 All Rights Reserved.