加齢黄斑変性

9.眼疾患

ベオビュ(ブロルシズマブ)の作用機序:アイリーア、ルセンティスとの違い・比較【加齢黄斑変性】

2020/1/14    ,

2020年1月27日、厚労省の薬食審医薬品第一部会にて、「滲出型加齢黄斑変性」を対象疾患とするベオビュ(ブロルシズマブ)の承認可否が審議される予定です。 現時点では未承認のためご注意ください。 基本情 ...

9.眼疾患

ルセンティス(ラニビズマブ)の作用機序【加齢黄斑変性】

今回は眼科領域でよく使用されるルセンティス硝子体内注射液(一般名:ラニビズマブ)についてご紹介します。   ルセンティスは以下の適応を有している薬剤で、眼の硝子体に注射して投与します。 中心 ...

9.眼疾患

アイリーア(アフリベルセプト)の作用機序【加齢黄斑変性】

2018/12/14    , , ,

今回は眼科領域でよく使用されるアイリーア硝子体内注射液40mg/mL(一般名:アフリベルセプト)についてご紹介します。 製薬会社 製造販売元:バイエル薬品(株) 販売元:参天製薬(株)   ...

Copyright© 新薬情報オンライン , 2020 All Rights Reserved.