再生医療

10.皮膚・骨格筋 12.悪性腫瘍

腫瘍溶解性ウイルス(Canerpaturev:C-REV/HF10)の作用機序【悪性黒色腫】

既治療の切除不能な悪性黒色腫を対象疾患とするCanerpaturev(開発コード:C-REVまたはHF10)の製造販売承認申請が2019年3月に行われました! が、その後、申請が取り下げられています… ...

10.皮膚・骨格筋

ゾルゲンスマ(AVXS-101)の作用機序・特徴【脊髄性筋委縮症】

ゾルゲンスマとは、「脊髄性筋委縮症(2歳以下に限る)」を予定効能・効果とする遺伝子置換療法で、再生医療等製品に分類されてます。 米国では既に承認されており、日本では2018年11月に製造販売承認申請が ...

11.血液・造血器系 12.悪性腫瘍

キムリア(チサゲンレクルユーセル)の作用機序・特徴と副作用【急性リンパ性白血病】

2019年3月26日、以下の2つを効能・効果とするキムリア点滴静注(一般名:チサゲンレクルユーセル)が承認されました! ①再発又は難治性のCD19陽性のB細胞性急性リンパ芽球性白血病。ただし、以下のい ...

2.循環器系 5.内分泌・骨・代謝系

コラテジェン(ベペルミノゲン ペルプラスミド)の作用機序【重症虚血肢】

コラテジェンとは、2019年3月26日に「慢性動脈閉塞症」を対象疾患として承認された日本初の遺伝子治療用製品です。少数例の臨床試験しかないため、条件・期限(5年間)付きで承認されています。 「条件及び ...

新薬承認・薬価収載

【新薬・再生医療等製品承認+効能効果追加】33製品(2019年3月26日)

2019年3月26日、新薬の承認・効能追加、再生医療等製品の承認、バイオシミラーの承認などが一気に行われました!   木元 貴祥平成最後の承認ですね(笑)   数が非常に多いのです ...

1.中枢神経系 5.内分泌・骨・代謝系 11.血液・造血器系

ステミラック注(骨髄由来間葉系幹細胞)の作用機序・特徴【骨髄損傷】

「脊髄損傷に伴う神経症候及び機能障害の改善(ただし、ASIA機能障害尺度がA、B、Cの患者に限る)」を効能・効果とするステミラック注(一般的名称:ヒト(自己)骨髄由来間葉系幹細胞)が2018年12月2 ...

Copyright© 新薬情報オンライン , 2019 All Rights Reserved.