パーキンソン病

1.中枢神経系

ハルロピテープ(ロピニロール)の作用機序:ニュープロパッチとの違い【パーキンソン病】

2019/8/5    

ハルロピテープ(ロピニロール)とは、パーキンソン病を対象疾患とする新規の全身性経皮吸収型製剤で、2019年8月1日の厚労省薬食審・医薬品第一部会にて承認が了承されました! 現時点では未承認のためご注意 ...

1.中枢神経系

トレリーフ(ゾニサミド)の作用機序と副作用【レビー小体型認知症に伴うパーキソニズム】

トレリーフ錠25mg、同OD錠25mg(一般名:ゾニサミド)の「レビー小体型認知症に伴うパーキンソニズム(レボドパ含有製剤を併用してもパーキンソニズムが残存する場合)」の適応追加が2018年7月2日に ...

1.中枢神経系

アジレクト(ラサギリン)の作用機序と副作用【パーキンソン病】

2019/4/24    ,

「パーキンソン病」を効能・効果とする新有効成分含有医薬品のアジレクト錠0.5mg、同錠1mg(一般名:ラサギリンメシル酸塩)が2018年3月23日に承認されました。 基本情報 製品名 アジレクト錠 一 ...

Copyright© 新薬情報オンライン , 2019 All Rights Reserved.