アンドロゲン受容体

6.腎・泌尿器系 12.悪性腫瘍

アーリーダ(アパルタミド)の作用機序と副作用【前立腺がん】

アーリーダ錠(一般名:アパルタミド)とは、2019年3月に「遠隔転移を有しない去勢抵抗性前立腺がん」を効能・効果として承認された新薬で、アンドロゲン受容体の阻害作用やシグナル伝達阻害作用を有しています ...

6.腎・泌尿器系 12.悪性腫瘍

NUBEQA(ダロルタミド)の作用機序・類薬との違い【前立腺がん】

2019年3月5日、「遠隔転移を有しない去勢抵抗性前立腺がん」を予定効能・効果とする新規経口アンドロゲン受容体阻害薬のダロルタミドの製造販売承認申請が行われました。 現時点では未承認のためご注意くださ ...

6.腎・泌尿器系 12.悪性腫瘍

イクスタンジ(エンザルタミド)の作用機序と副作用【前立腺がん】

イクスタンジ錠40mg/同80mg(一般名:エンザルタミド)が2018年3月1日に承認されました(剤形と規格追加の承認)。 製薬会社 製造販売:アステラス製薬(株)   イクスタンジは201 ...

Copyright© 新薬情報オンライン , 2019 All Rights Reserved.