「 がん(全般) 」 一覧

5.内分泌・骨・代謝系 12.悪性腫瘍

アナモレリンの作用機序【がん悪液質】

2018年11月27日、「がん悪液質における体重減少及び食欲不振の改善」を予定効能・効果とするアナモレリンの製造販売承認申請が行われました。 現時点では未承認のためご注意ください。 製薬会社 製造販売 ...

12.悪性腫瘍

キイトルーダ(ペムブロリズマブ)の作用機序と副作用【MSI-Highの固形がん】

厚労省の薬食審医薬品第二部会は2018年11月29日、「がん化学療法後に増悪した進行・再発の高頻度マイクロサテライト不安定性(MSI-High)を有する固形がん(標準的な治療が困難な場合に限る)」を効 ...

12.悪性腫瘍

ゼローダ(カペシタビン)の作用機序と副作用【抗がん剤】

2018/10/12    

  今回は5-FU系の薬剤であるゼローダ(一般名:カペシタビン)の作用機序を5-FUと共にご紹介します。 ゼローダは5-FUを改良したプロドラッグで胃がん、大腸がん、乳がんに対して使用されて ...

12.悪性腫瘍

ティーエスワン(TS-1)と5-FUの作用機序と特徴【抗がん剤】

2018/10/4    

  今回は5-FU系の薬剤であるティーエスワン(TS-1)の作用機序についてご紹介します。 TS-1の一般名は「テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム」ですが、略名で「S-1」と呼ばれる ...

5.内分泌・骨・代謝系 12.悪性腫瘍

ゾメタ(ゾレドロン酸)の作用機序と副作用【がんの骨転移】

今回はゾメタ点滴静注4mg/5mL 同4mg/100mL(一般名:ゾレドロン酸)についてご紹介します。 ゾメタは以下の効能・効果を有している薬剤で、主に悪性腫瘍(がん)に対して使用されている薬剤です。 ...

12.悪性腫瘍

タキソールとタキソテールの作用機序と副作用【抗がん剤】

2018/7/18    

今回はタキサン系抗がん剤の タキソール(一般名:パクリタキセル) タキソテール(一般名:ドセタキセル) の作用機序や注意事項についてご紹介します。   両薬剤は製品名が似ており、取り間違いに ...

11.血液・造血器系 12.悪性腫瘍

ジーラスタ(ペグフィルグラスチム)の作用機序と副作用【G-CSF製剤】

2014年9月26日、厚労省は「がん化学療法による発熱性好中球減少症の発症抑制」を効能・効果とするジーラスタ皮下注(一般名:ペグフィルグラスチム遺伝子組換え)を承認しました。   今回は、が ...

5.内分泌・骨・代謝系 12.悪性腫瘍

ランマーク(デノスマブ)の作用機序と副作用【がんの骨転移】

2018/11/29    , ,

今回はランマーク皮下注120mg(一般名:デノスマブ(遺伝子組換え))についてご紹介します。 ランマークは以下の効能・効果を有している薬剤で、主に悪性腫瘍(がん)に対して使用されている薬剤です。 多発 ...

4.消化器系 12.悪性腫瘍

ジプレキサ(オランザピン)の作用機序と副作用【抗がん剤に伴う悪心・嘔吐】

厚労省は2017年12月25日、ジプレキサ錠/同細粒/同ザイディス錠(一般名:オランザピン)に新たな適応として「抗悪性腫瘍剤(シスプラチン等)投与に伴う消化器症状(悪心、嘔吐)」の効能・効果を追加する ...

4.消化器系 12.悪性腫瘍

プロイメンド(ホスアプレピタント)の作用機序【小児用制吐薬】

厚労省の薬食審・医薬品第一部会は2016年2月24日、「抗悪性腫瘍剤(シスプラチン等)投与に伴う消化器症状(悪心、嘔吐)(遅発期を含む)」を効能・効果とし、小児用量を追加するプロイメンド点滴静注用15 ...

Copyright© 新薬情報オンライン , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.