9.眼疾患

9.眼疾患

ルセンティス(ラニビズマブ)の作用機序【加齢黄斑変性】

今回は眼科領域でよく使用されるルセンティス硝子体内注射液(一般名:ラニビズマブ)についてご紹介します。   ルセンティスは以下の適応を有している薬剤で、眼の硝子体に注射して投与します。 中心 ...

9.眼疾患

アイベータ配合点眼液(ブリモニジン/チモロール)の作用機序【緑内障】

2019/9/24    

2019年9月20日、「緑内障、高眼圧症」を対象疾患とするアイベータ配合点眼液(ブリモニジン/チモロール)が承認されました! 基本情報 製品名 アイベータ配合点眼液 一般名 ●ブリモニジン酒石酸塩 ● ...

9.眼疾患

ブロルシズマブの作用機序:アイリーア、ルセンティスとの違い・比較【加齢黄斑変性】

2019/8/15    ,

2019年未明、「滲出型加齢黄斑変性」を対象とするブロルシズマブの製造販売承認申請が行われています。 現時点では未承認のためご注意ください。 基本情報 製品名 ? 一般名 ブロルシズマブ 製品名の由来 ...

9.眼疾患

アイリーア(アフリベルセプト)の作用機序【加齢黄斑変性】

2018/12/14    , , ,

今回は眼科領域でよく使用されるアイリーア硝子体内注射液40mg/mL(一般名:アフリベルセプト)についてご紹介します。 製薬会社 製造販売元:バイエル薬品(株) 販売元:参天製薬(株)   ...

9.眼疾患 疾患・作用機序まとめ

【緑内障】プロスタグランジンF2α誘導体製剤の作用機序と一覧

2018/11/3    ,

今回は「緑内障、高眼圧症」を効能・効果とするプロスタグランジンF2α誘導体製剤の作用機序と一覧についてご紹介します。   プロスタグランジンF2α誘導体製剤は4製品が販売されており、β遮断薬 ...

9.眼疾患

エイベリス(オミデネパグ)の作用機序:プロスタグランジンF2α誘導体製剤との違い【緑内障】

2018/12/13    ,

「緑内障、高眼圧症」を効能・効果とするエイベリス点眼液0.002%(一般名:オミデネパグ イソプロピル)が2018年9月21日に承認されました! 製薬会社 製造販売元:参天製薬(株)   エ ...

9.眼疾患 10.皮膚・骨格筋

ボトックスビスタ(A型ボツリヌス毒素)の作用機序と副作用【目尻の表情じわ】

2018/12/18    ,

厚労省は2016年5月23日、「65歳未満の成人における目尻の表情皺」を効能・効果とするボトックスビスタ注用50単位(一般名:A型ボツリヌス毒素)を承認したと発表がありました! 製薬会社 製造販売元: ...

9.眼疾患 10.皮膚・骨格筋

グラッシュビスタ(ビマトプロスト)の作用機序【まつげ貧毛症】

2018/12/14    

「睫毛(まつげ)貧毛症」を適応としたグラッシュビスタ外用液剤(一般名:ビマトプロスト)が2014年3月24日に承認されました☆ 元々は緑内障の治療薬(点眼薬)でしたが、副作用の膝毛異常伸長に注目して開 ...

Copyright© 新薬情報オンライン , 2019 All Rights Reserved.