☆新薬情報

当サイトのメインコンテンツです。新薬の情報や作用機序を疾患解説と共に掲載しています。

1.中枢神経系

ビバンセ(リスデキサンフェタミン)の作用機序・特徴:類薬との違い/比較【ADHD】

2019年2月21日、厚労省の薬食審第一部会にて「小児期における注意欠陥/多動性障害(AD/HD)」を効能効果とするビバンセカプセル20mg同カプセル30mg(一般名:リスデキサンフェタミンメシル酸塩 ...

8.感染症 10.皮膚・骨格筋

ファムビル(ファムシクロビル)の作用機序・特徴【再発型の単純疱疹】

2019年2月21日、ファムビル錠250mg(一般名:ファムシクロビル)の「単純疱疹」の効能・効果に“再発型”の用法・用量が追加されました! 製薬会社 製造販売:旭化成ファーマ(株) 販売:マルホ(株 ...

2.循環器系 5.内分泌・骨・代謝系

コラテジェン(ベペルミノゲン ペルプラスミド)の作用機序【重症虚血肢】

2019年2月20日、薬事・食品衛生審議会再生医療等製品・生物由来技術部会は 「標準的な薬物治療の効果が不十分で、血行再建術の施行が困難な慢性動脈閉塞症(閉塞性動脈硬化症およびバージャー病)における潰 ...

11.血液・造血器系 12.悪性腫瘍

キムリア(チサゲンレクルユーセル)の作用機序・特徴と副作用【急性リンパ性白血病】

2019年2月20日、薬事・食品衛生審議会再生医療等製品・生物由来技術部会にて 「再発または難治性のCD19陽性のB細胞性急性リンパ芽球性白血病(ALL)」:ただし、25歳以下に限る 「再発または難治 ...

5.内分泌・骨・代謝系 7.炎症・免疫・アレルギー

スマイラフ(ペフィシチニブ)の作用機序・類薬との違い【関節リウマチ】

2019/2/19    ,

2019年2月22日、厚労省の薬食審・医薬品第二部会は「既存治療で効果不十分な関節リウマチ(関節の構造的損傷の防止を含む)」を効能・効果とする新有効成分含有医薬品のスマイラフ錠50mg、同錠100mg ...

3.呼吸器系

テリルジー吸入用(フルチカゾン/ビランテロール/ウメクリジニウム)の作用機序【COPD】

2019/2/12    , , ,

2019年2月22日、厚労省の薬食審・医薬品第二部会は「慢性閉塞性肺疾患(COPD)」を予定効能・効果とするテリルジー100エリプタ14吸入用、同30吸入用(一般名:ウメクリジニウム臭化物/ビランテロ ...

3.呼吸器系 7.炎症・免疫・アレルギー 10.皮膚・骨格筋

デュピクセント(デュピルマブ)の作用機序と副作用【アトピー性皮膚炎/気管支喘息】

2019年2月22日、厚労省の薬食審・医薬品第二部会はデュピクセント皮下注300mgシリンジ(一般名:デュピルマブ(遺伝子組換え))の効能・効果に「気管支喘息(既存治療によっても喘息症状をコントロール ...

7.炎症・免疫・アレルギー 10.皮膚・骨格筋

スキリージ皮下注(リサンキズマブ)の作用機序と特徴【乾癬】

2019/2/12    , ,

2019年2月22日、厚労省の薬食審・医薬品第二部会は「既存治療で効果不十分な尋常性乾癬、関節症性乾癬、乾癬性紅皮症、膿疱性乾癬」を予定効能・効果とするスキリージ皮下注75mgシリンジ0.83mL(一 ...

5.内分泌・骨・代謝系

フォシーガ(ダパグリフロジン)の作用機序と副作用【糖尿病】

2019/2/22    ,

2019年2月21日、厚労省の薬食審・医薬品第一部会にてフォシーガ錠5mg、同10mg(一般名:ダパグリフロジンプロピレングリコール水和物)の効能・効果に「1型糖尿病」を追加することが承認了承されまし ...

2.循環器系 5.内分泌・骨・代謝系

ロスーゼット配合錠(エゼチミブ/ロスバスタチン)の作用機序【高脂血症】

厚労省の薬食審・医薬品第一部会は2019年2月21日、「高コレステロール血症、家族性高コレステロール血症」を効能・効果とする新医療用配合剤のロスーゼット配合錠LD、同HD(一般名:エゼチミブ/ロスバス ...

1.中枢神経系

タウリン散の作用機序【MELAS(ミトコンドリア病)】

2019/2/21    

2019年2月21日、タウリン散98%「大正」の効能・効果に「ミトコンドリア脳筋症・乳酸アシドーシス・脳卒中様発作症候群(MELAS)」の適応が追加されました! 製薬企業 製造販売:大正製薬(株) 発 ...

11.血液・造血器系

フェインジェクト(カルボキシマルトース第二鉄)の作用機序・特徴【鉄乏性貧血】

2019/2/5    

2019年1月31日、厚労省の薬食審・医薬品第一部会は「鉄乏性貧血」を効能・効果とするフェインジェクト静注500mg(一般名:カルボキシマルトース第二鉄)の承認を了承しました! 現時点では未承認のため ...

3.呼吸器系 12.悪性腫瘍

ジカディア(セリチニブ)の作用機序と副作用【ALK陽性の肺がん】

2019/2/21    ,

2019年2月21日、「ALK融合遺伝子陽性の切除不能な進行・再発の非小細胞肺がん」に使用するジカディアカプセル150mg(一般名:セリチニブ)の用法・用量が「750mgの1日1回空腹時投与」から「4 ...

5.内分泌・骨・代謝系 7.炎症・免疫・アレルギー 後発品

エンブレル(エタネルセプト)の作用機序【関節リウマチ】

「既存治療で効果不十分な関節リウマチ(関節の構造的損傷の防止を含む)」と「既存治療で効果不十分な多関節に活動性を有する若年性特発性関節炎」を効能・効果とするバイオ後続品の エタネルセプトBS皮下注シリ ...

6.腎・泌尿器系 12.悪性腫瘍

アーリーダ(アパルタミド)の作用機序と副作用【前立腺がん】

2019年1月30日の薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会にて「遠隔転移を有しない去勢抵抗性前立腺がん」を効能・効果とするアーリーダ錠60mg(一般名:アパルタミド)の承認が了承されました。 現時点では ...

10.皮膚・骨格筋

ZOLGENSMA(AVXS-101)の作用機序・特徴【脊髄性筋委縮症】

2018年11月、「脊髄性筋委縮症」を予定効能・効果とするZOLGENSMA(開発コード:AVXS-101)の製造販売承認申請が行われました。 現時点では未承認のためご注意ください。 製薬会社 製造販 ...

1.中枢神経系 5.内分泌・骨・代謝系

タリージェ(ミロガバリン)の作用機序:リリカ・サインバルタとの違い【神経障害性疼痛】

2019/2/20    ,

「末梢性神経障害性疼痛」を効能・効果とするタリージェ錠2.5mg、同錠5mg、同錠10mg、同錠15mg(一般名:ミロガバリンベシル酸塩)が2019年1月8日に承認されました! 製薬会社 製造販売元: ...

5.内分泌・骨・代謝系

イベニティ皮下注(ロモソズマブ)の作用機序と副作用【骨粗鬆症】

「骨折の危険性の高い骨粗鬆症」を効能・効果とするイベニティ皮下注105mgシリンジ(一般名:ロモソズマブ(遺伝子組換え))が2019年1月8日に承認されました! 製薬会社 製造販売:アステラス・アムジ ...

6.腎・泌尿器系 8.感染症

ザバクサ配合点滴静注(セフトロザン/タゾバクタム)の作用機序と副作用【細菌感染】

「膀胱炎、腎盂腎炎、腹膜炎、腹腔内膿瘍、胆嚢炎、肝膿瘍」を適応症とするザバクサ配合点滴静注用(一般名:セフトロザン硫酸塩/タゾバクタムナトリウム)が2019年1月8日に承認されました! 製薬会社 製造 ...

5.内分泌・骨・代謝系

レルミナ(レルゴリクス)の作用機序:リュープリン/スプレキュアとの違い【子宮筋腫】

2019/2/20    , , ,

「子宮筋腫に基づく諸症状(過多月経、加腹痛、腰痛、貧血)の改善」を効能・効果とするレルミナ錠40mg(一般名:レルゴリクス)が2019年1月8日に承認されました! 製薬会社 製造販売元:武田薬品工業( ...

1.中枢神経系

セリンクロ(ナルメフェン)の作用機序と副作用【アルコール依存症】

「アルコール依存症患者における飲酒量の低減」を効能・効果とする新有効成分含有医薬品のセリンクロ錠10mg(一般名:ナルメフェン)が2019年1月8日に承認されました! 製薬会社 製造販売元:大塚製薬( ...

2.循環器系 5.内分泌・骨・代謝系

ミネブロ(エサキセレノン)の作用機序・特徴:セララとの違い【高血圧】

「高血圧症」を効能・効果とするミネブロ錠1.25mg、同錠2.5mg、同錠5mg(一般名:エサキセレノン)が2019年1月8日に承認されました! 製薬会社 製造販売元:第一三共(株)   ミ ...

4.消化器系 8.感染症

エプクルーサ配合錠(ベルパタスビル/ソホスブビル)の作用機序と特徴【C型肝炎】

2019/2/20    , ,

「前治療歴を有するC型慢性肝炎、C型代償性肝硬変におけるウイルス血症の改善」および「C型非代償性肝硬変におけるウイルス血症の改善」を効能・効果とするエプクルーサ配合錠(一般名:ベルパタスビル/ソホスブ ...

10.皮膚・骨格筋 12.悪性腫瘍

ビラフトビ/メクトビ併用療法の作用機序:タフィンラー/メキニストとの比較【悪性黒色腫】

2019/2/20    , ,

「BRAF遺伝子変異を有する根治切除不能な悪性黒色腫」を効能・効果とするビラフトビカプセル50mg(一般名:エンコラフェニブ)とメクトビ錠15mg(一般名:ビニメチニブ)が2019年1月8日に承認され ...

3.呼吸器系 12.悪性腫瘍

ビジンプロ(ダコミチニブ)の作用機序と副作用【肺がん】

2019/2/20    ,

「EGFR遺伝子変異陽性の手術不能または再発非小細胞肺がん」を効能・効果とするビジンプロ錠15mg、同錠45mg(一般名:ダコミチニブ)が2019年1月8日に承認されました! ポイント 製造販売:ファ ...

5.内分泌・骨・代謝系 6.腎・泌尿器系

デムサー(メチロシン)の作用機序と副作用【褐色細胞腫】

「褐色細胞腫のカテコールアミン分泌過剰状態の改善」を効能・効果とするデムサーカプセル250mg(一般名:メチロシン)が2019年1月8日に承認されました! 製薬会社 製造販売:小野薬品工業(株) &n ...

12.悪性腫瘍

リムパーザ(オラパリブ)の作用機序【卵巣がん/乳がん】

2019/1/29    , ,

今回は国内初のポリ(ADP-リボース)ポリメラーゼ(PARP)阻害薬に分類されているリムパーザ錠100mg、同錠150mg(一般名:オラパリブ)についてご紹介します。 製薬会社 製造販売元:アストラゼ ...

6.腎・泌尿器系

フェブリク(フェブキソスタット)の作用機序と副作用【高尿酸血症・痛風】

今回は高尿酸血症・痛風の治療薬であるフェブリク錠10mg/同20mg/同40mg(一般名:フェブキソスタット)についてご紹介します。 高尿酸血症・痛風治療薬の中でもフェブリクは「尿酸生成抑制薬」に分類 ...

6.腎・泌尿器系

ユリノーム(ベンズブロマロン)の作用機序と副作用【高尿酸血症・痛風】

2018/12/27    , ,

今回は高尿酸血症・痛風の治療薬であるユリノーム錠25mg/同50mg(一般名:ベンズブロマロン)についてご紹介します。 高尿酸血症・痛風治療薬の中でもユリノームは「尿酸排泄促進薬」に分類されています。 ...

4.消化器系 12.悪性腫瘍

ロンサーフ(トリフルリジン/チピラシル)の作用機序【大腸がん/胃がん】

2019/1/19    ,

2018年8月17日、「治癒切除不能な進行・再発の胃がん」を予定効能・効果とするロンサーフ配合錠T15/同T20(一般名:トリフルリジン/チピラシル塩酸塩配合錠)の製造販売承認申請が行われました。 上 ...

Copyright© 新薬情報オンライン , 2019 All Rights Reserved.