☆新薬情報

当サイトのメインコンテンツです。新薬の情報や作用機序を疾患解説と共に掲載しています。

2.循環器系 5.内分泌・骨・代謝系

フォシーガ(ダパグリフロジン)の作用機序と副作用【糖尿病】

2020/1/17    , ,

2020年1月17日、「慢性心不全」を対象疾患としてフォシーガ錠(ダパグリフロジン)の適応拡大承認申請が行われました! アストラゼネカ|申請のニュースリリース 基本情報 製品名 フォシーガ錠5mg/1 ...

10.皮膚・骨格筋

ソフピロニウムの作用機序・特徴【腋窩多汗症】

2020/1/17    

2020年1月、「原発性腋窩えきか多汗症たかんしょう」を対象疾患とするソフピロニウムの製造販売承認申請が行われました。 科研製薬|申請のニュースリリース 現時点では未承認のためご注意ください。 基本情 ...

7.炎症・免疫・アレルギー 8.感染症

ピフェルトロ(ドラビリン)の作用機序・特徴【HIV】

2020/1/16    ,

2020年1月14日、「HIV感染症」を効能・効果とするピフェルトロ錠(ドラビリン)が承認されました! MSD|ニュースリリース 基本情報 製品名 ピフェルトロ錠100mg 一般名 ドラビリン 製造販 ...

4.消化器系 12.悪性腫瘍

オプジーボ(ニボルマブ)の作用機序【胃・食道・頭頸部がん】

2020年1月29日、厚労省の薬食審・医薬品第二部会にてオプジーボ(ニボルマブ)の適応に「切除不能な進行・再発の食道がん」を追加することについて報告される予定です。 小野薬品|申請のニュースリリース ...

3.呼吸器系 4.消化器系 6.腎・泌尿器系 10.皮膚・骨格筋 12.悪性腫瘍

オプジーボとヤーボイ併用療法の作用機序【悪性黒色腫・腎細胞/大腸/肺がん】

2020年1月29日、厚労省の薬食審・医薬品第二部会にてオプジーボ(ニボルマブ)の適応に「MSI-Highエムエスアイハイの切除不能進行・再発の大腸がん」を追加することについて報告される予定です。(単 ...

5.内分泌・骨・代謝系

バクスミー点鼻粉末剤(グルカゴン)の作用機序・特徴【低血糖】

2020/1/16    ,

2020年1月27日、厚労省 薬食審・医薬品第一部会にて「低血糖時の救急処置」を対象疾患とするバクスミー点鼻粉末剤(グルカゴン)の承認可否が審議される予定です。 現時点では未承認のためご注意ください。 ...

12.悪性腫瘍

ロズリートレク(エヌトレクチニブ)の作用機序【NTRK陽性の固形がん/ROS1陽性の肺がん】

2020年1月29日の厚労省 薬食審・医薬品第二部会にて、ロズリートレク(エヌトレクチニブ)の効能・効果に「ROS1融合遺伝子陽性の非小細胞肺がん」を追加することについて審議される予定です。 現時点で ...

3.呼吸器系 12.悪性腫瘍

アレセンサ(アレクチニブ)の作用機序【ALK陽性の肺がん・ALCL】

2020/1/15    ,

2020年1月29日の厚労省 薬食審・医薬品第二部会にてアレセンサ(アレクチニブ)の効能・効果に「再発又は難治性のALK融合遺伝子陽性の未分化大細胞リンパ腫(ALCL)」を追加することについて審議され ...

6.腎・泌尿器系 12.悪性腫瘍

カボメティクス(カボザンチニブ)の作用機序【腎細胞がん】

2020/1/15    , , , ,

2020年1月29日の厚労省 薬食審・医薬品第二部会にて、「根治切除不能又は転移性の腎細胞がん」を予定効能・効果とするカボメティクス(カボザンチニブ)の承認可否が審議される予定です。 現時点では未承認 ...

9.眼疾患

ベオビュ(ブロルシズマブ)の作用機序:アイリーア、ルセンティスとの違い・比較【加齢黄斑変性】

2020/1/14    ,

2020年1月27日、厚労省の薬食審医薬品第一部会にて、「滲出型加齢黄斑変性」を対象疾患とするベオビュ(ブロルシズマブ)の承認可否が審議される予定です。 現時点では未承認のためご注意ください。 基本情 ...

7.炎症・免疫・アレルギー 8.感染症

ドウベイト配合錠(ドルテグラビル/ラミブジン)の作用機序【HIV】

2020/1/16    , ,

2020年1月14日、「HIV感染症」を効能・効果とするドウベイト配合錠(ドルテグラビル/ラミブジン)が承認されました! ヴィーブヘルスケア|ニュースリリース 基本情報 製品名 ドウベイト配合錠 一般 ...

5.内分泌・骨・代謝系

ジクロフェナク結合ヒアルロン酸(ONO-5704/SI-613)の作用機序【変形性関節症】

2020年1月6日、「変形性関節症(膝関節、股関節、足関節)」を対象疾患とするジクロフェナク結合ヒアルロン酸の製造販売承認申請が行われました! 生化学工業|ニュースリリース 現時点では未承認のためご注 ...

12.悪性腫瘍

ゼジュラ(ニラパリブ)の作用機序:リムパーザとの違い【卵巣がん】

2019/12/24    ,

2019年11月、「再発卵巣がんの維持治療」を対象疾患とする新規PARPパープ阻害薬のゼジュラ(ニラパリブ)の製造販売承認申請が行われました! 武田薬品工業|申請のニュースリリース 現時点では未承認の ...

12.悪性腫瘍

エンハーツ(トラスツズマブ デルクステカン)の作用機序・特徴【乳がん】

2019/12/24    , ,

2019年9月9日、「HER2陽性の手術不能又は再発乳がん」を対象疾患とするエンハーツ(トラスツズマブ デルクステカン)の製造販売承認申請が行われました! 現時点では未承認のためご注意ください。 第一 ...

7.炎症・免疫・アレルギー 10.皮膚・骨格筋 疾患・作用機序まとめ

【乾癬】生物学的製剤の一覧と作用機序、特徴のまとめ

近年、乾癬の治療薬が多数登場してきています。 また、生物学的製剤も現在(2019年12月20日)は9製剤あり、それぞれ作用機序や特徴、効能・効果が異なっています。   今回は、乾癬と生物学的 ...

3.呼吸器系

オフェブ(ニンテダニブ)の作用機序【肺線維症/全身性強皮症】

2019/12/23    ,

2019年12月20日、オフェブカプセル(ニンテダニブ)の「全身性強皮症に伴う間質性肺疾患」への適応拡大が承認されました! ベーリンガーインゲルハイム|ニュースリリース 基本情報 製品名 オフェブカプ ...

5.内分泌・骨・代謝系

オルケディア(エボカルセト)の作用機序、レグパラ/パーサビブとの違い【副甲状腺機能亢進症】

2019年12月20日、オルケディア錠(エボカルセト)の効能・効果に「副甲状腺がんや原発性副甲状腺機能亢進症に伴う高カルシウム血症」を追加することが承認されました! 協和キリン|ニュースリリース 基本 ...

4.消化器系 12.悪性腫瘍

ジプレキサ(オランザピン)の作用機序と副作用【抗がん剤に伴う悪心・嘔吐】

厚労省は2017年12月25日、ジプレキサ錠/同細粒/同ザイディス錠(一般名:オランザピン)に新たな適応として「抗悪性腫瘍剤(シスプラチン等)投与に伴う消化器症状(悪心、嘔吐)」の効能・効果を追加する ...

6.腎・泌尿器系 8.感染症

ザバクサ配合点滴静注(セフトロザン/タゾバクタム)の作用機序と副作用【細菌感染】

2019年12月20日、ザバクサ配合点滴静注用(一般名:セフトロザン硫酸塩/タゾバクタムナトリウム)の効能・効果に「敗血症と肺炎」を追加することが承認されました! MSD|ニュースリリース 基本情報 ...

10.皮膚・骨格筋

ボトックス(A型ボツリヌス毒素)の作用機序と副作用【痙攣性発声障害】

2019/12/23    ,

2019年12月20日、ボトックス注用50単位、同100単位(一般名:A型ボツリヌス毒素)の以下の疾患に対する適応拡大が承認されました! 既存治療で効果不十分又は既存治療が適さない過活動膀胱における尿 ...

6.腎・泌尿器系 12.悪性腫瘍

バベンチオ/キイトルーダ+インライタの作用機序【腎細胞がん】

2020/1/15    , , , ,

2019年12月20日、「根治切除不能又は転移性の腎細胞がん」の一次治療としての以下の治療法が承認されました! バベンチオ(一般名:アベルマブ)+インライタ(一般名:アキシチニブ):ファイザーニュース ...

11.血液・造血器系 12.悪性腫瘍

ダラザレックス(ダラツムマブ)の作用機序【多発性骨髄腫】

2019/12/23    ,

2019年12月20日、ダラザレックス点滴静注(一般名:ダラツムマブ)の投与間隔の変更について承認されました!   具体的には、併用薬剤を考慮して、 A法:1週間間隔、2週間間隔、4週間間隔 ...

12.悪性腫瘍

キイトルーダ(ペムブロリズマブ)の作用機序【MSI-Highの固形がん、胃・食道・頭頚部がん】

2019年12月20日、キイトルーダ(ペムブロリズマブ)の「再発又は遠隔転移を有する頭頸部がん」に対する適応拡大が承認されました! MSD|ニュースリリース その他にも現在、以下の適応拡大申請が行われ ...

血液

11.血液・造血器系 12.悪性腫瘍

アドセトリス(ブレンツキシマブ ベドチン)の作用機序【リンパ腫】

2019/12/23    , ,

2019年12月20日、アドセトリス点滴静注用50mg(一般名:ブレンツキシマブ ベドチン)の適応に「末梢性T細胞リンパ腫」を追加することが承認されました! 武田薬品工業|ニュースリリース &nbsp ...

7.炎症・免疫・アレルギー 10.皮膚・骨格筋

ゾレア(オマリズマブ)の作用機序【慢性蕁麻疹・アレルギー性鼻炎】

2019/12/11    

2019年12月11日、ゾレア皮下注用(一般名:オマリズマブ)の効能・効果に「季節性アレルギー性鼻炎」を追加することが承認されました! ノバルティスファーマ|ニュースリリース   これでゾレ ...

3.呼吸器系 12.悪性腫瘍

ポートラーザ(ネシツムマブ)の作用機序と副作用【肺がん】

2019/12/12    ,

2019年6月18日、「切除不能な進行・再発非小細胞肺がん(扁平上皮)」の一次治療としてのポートラーザ(一般名:ネシツムマブ)が承認されました。 基本情報 製品名 ポートラーザ点滴静注液800mg 一 ...

1.中枢神経系

トリンテリックス(ボルチオキセチン)の作用機序【うつ病】

2019/12/11    

2019年9月20日、「うつ病、うつ状態」を効能・効果とするトリンテリックス(一般名:ボルチオキセチン)が承認されました! 武田薬品工業|ニュースリリース 基本情報 製品名 トリンテリックス錠10mg ...

11.血液・造血器系 12.悪性腫瘍

チラブルチニブの作用機序【悪性リンパ腫】

2019/12/10    

以下の疾患を予定効能・効果とする新規のブルトン型チロシンキナーゼ(BTK)阻害薬であるチラブルチニブの製造販売承認申請が行われています。 中枢神経系原発リンパ腫(PCNSL):2019年8月申請 原発 ...

1.中枢神経系

エクフィナ(サフィナミド)の作用機序:アジレクト/エフピーとの違い【パーキンソン病】

2019/12/3    ,

2019年9月20日、「パーキンソン病」を対象疾患とするエクフィナ錠(サフィナミド)が承認されました! Meiji Seikaファルマ|ニュースリリース 基本情報 製品名 エクフィナ錠50mg 一般名 ...

6.腎・泌尿器系

ユリス(ドチヌラド)の作用機序:類薬との違い【高尿酸血症・痛風】

2019/12/3    , ,

2019年11月29日の厚労省の薬食審・医薬品第一部会にて「痛風、高尿酸血症」を対象疾患とするユリス錠(ドチヌラド)の承認が了承されました! 富士薬品|申請のニュースリリース 現時点では未承認のためご ...

Copyright© 新薬情報オンライン , 2020 All Rights Reserved.