木元 貴祥の記事

4.消化器系 12.悪性腫瘍

ロンサーフ(トリフルリジン/チピラシル)の作用機序【大腸がん/胃がん】

2019/7/19    ,

2019年8月2日、厚労省の医薬品第二部会にて「治癒切除不能な進行・再発の胃がん」を効能・効果とするロンサーフ配合錠T15/同T20(一般名:トリフルリジン/チピラシル塩酸塩配合錠)の承認可否が審議さ ...

1.中枢神経系

レンボレキサントの作用機序:ベルソムラとの違い・比較【不眠症】

2019/7/16    

レンボレキサントとは、2019年3月に「不眠症」を予定効能・効果として承認申請された新規のオレキシン受容体拮抗薬です。 オレキシン受容体拮抗薬としては2014年に登場したベルソムラ錠(一般名:スボレキ ...

5.内分泌・骨・代謝系 7.炎症・免疫・アレルギー

スマイラフ(ペフィシチニブ)の作用機序・類薬との違い【関節リウマチ】

2019/7/10    ,

スマイラフ錠(一般名:ペフィシチニブ)は、2019年3月26日に「関節リウマチ」を対象疾患として承認された新薬で、新規のJAK阻害薬に分類されています! アステラス製薬|ニュースリリース 基本情報 製 ...

6.腎・泌尿器系 12.悪性腫瘍

アーリーダ(アパルタミド)の作用機序と副作用【前立腺がん】

アーリーダ錠(一般名:アパルタミド)とは、2019年3月に「遠隔転移を有しない去勢抵抗性前立腺がん」を効能・効果として承認された新薬で、アンドロゲン受容体の阻害作用やシグナル伝達阻害作用を有しています ...

5.内分泌・骨・代謝系

オンパットロ(パチシラン)の作用機序・siRNAの特徴【TTR-FAP】

2019/7/3    , ,

オンパットロとは、2019年6月18日に「トランスサイレチン型家族性アミロイドポリニューロパチー(TTR-FAP)」を効能・効果として承認された新薬で、RNA干渉(RNAi:RNA interfere ...

4.消化器系 12.悪性腫瘍

アバスチン(ベバシズマブ)の作用機序とバイオシミラー【大腸がん】

2019/7/7    , ,

2019年6月18日、「治癒切除不能な進行・再発の結腸・直腸がん」を効能・効果とするベバシズマブBS点滴静注用100mg/400mg「ファイザー」(一般名:ベバシズマブ(遺伝子組換え)[ベバシズマブ後 ...

5.内分泌・骨・代謝系

オルケディア(エボカルセト)の作用機序、レグパラ/パーサビブとの違い【副甲状腺機能亢進症】

2019年4月、オルケディア錠(一般名:エボカルセト)の効能・効果に「副甲状腺がんや原発性腹甲状腺機能亢進症に伴う高カルシウム血症」を追加する製造販売承認申請が行われました! 高カルシウム血症について ...

12.悪性腫瘍

ロズリートレク(エヌトレクチニブ)の作用機序【NTRK陽性の固形がん/ROS1陽性の肺がん】

ロズリートレクとは、2019年6月18日に「NTRK融合遺伝子陽性の進行・再発の固形がん」を効能・効果として承認された新薬で、新規のROS1/TRK阻害剤に分類されています。NTRK融合遺伝子陽性の固 ...

7.炎症・免疫・アレルギー 8.感染症

シムツーザ配合錠(DRV/COBI/FTC/TAF)の作用機序【HIV】

2019/7/3    , ,

シムツーザ配合錠は2019年6月18日、「HIV-1感染症」を効能・効果として承認された新医療用配合剤です。 ヤンセンファーマ|ニュースリリース 基本情報 製品名 シムツーザ配合錠 一般名 ●ダルナビ ...

6.腎・泌尿器系 8.感染症

ザバクサ配合点滴静注(セフトロザン/タゾバクタム)の作用機序と副作用【細菌感染】

「膀胱炎、腎盂腎炎、腹膜炎、腹腔内膿瘍、胆嚢炎、肝膿瘍」を適応症とするザバクサ配合点滴静注用(一般名:セフトロザン硫酸塩/タゾバクタムナトリウム)が2019年1月8日に承認されました! 基本情報 製品 ...

2.循環器系 5.内分泌・骨・代謝系

ミネブロ(エサキセレノン)の作用機序・特徴:セララとの違い【高血圧】

ミネブロとは、2019年1月8日に「高血圧症」を効能・効果として承認された新薬で、非ステロイド型のアルドステロン拮抗薬に分類されています。特にミネラルコルチコイド(MR)受容体に対して選択的な遮断作用 ...

新薬承認・薬価収載

【新薬承認+効能効果追加】21製品(2019年6月18日)

2019/6/21    

2019年6月18日、 新薬として16製品 効能・効果や用法・用量追加が4製品 バイオシミラー1製品 が一気に承認されました!   今回は一覧としてご紹介します。   新薬として承 ...

3.呼吸器系

ビレーズトリ(LAMA/LABA/ICS)の作用機序:テリルジーとの違い【COPD】

2019/7/3    , , ,

ビレーズトリ・エアロスフィアとは、2019年6月18日に「COPD」を対象疾患として承認された新有効成分含有・新医療用配合剤で、LAMA/LABA/ICSの3剤を配合しています。 アストラゼネカ|ニュ ...

3.呼吸器系

ビベスピ(LAMA/LABA)の作用機序:ウルティブロ、アノーロとの違い・比較【COPD】

2019/7/12    , ,

2019年6月18日、「COPD」を対象疾患とするビベスピ・エアロスフィア(一般名:グリコピロニウム/ホルモテロール)が承認されました! アストラゼネカ|ニュースリリース 基本情報 製品名 ビベスピエ ...

12.悪性腫瘍

リムパーザ(オラパリブ)の作用機序【卵巣がん/乳がん】

2019/7/19    , ,

2019年6月18日、リムパーザ錠(一般名:オラパリブ)の効能・効果に「BRCA遺伝子変異陽性の卵巣がんにおける初回化学療法後の維持療法」を追加することが承認されました! 基本情報 製品名 リムパーザ ...

7.炎症・免疫・アレルギー 11.血液・造血器系

ユルトミリス(ラブリズマブ)の作用機序:ソリリスとの違い【PNH】

2019/7/2    

ユルトミリス点滴静注(一般名:ラブリズマブ)とは、2019年6月18日に「発作性夜間ヘモグロビン尿症(PNH)」を効能・効果として承認された新薬で、抗補体(C5)抗体に分類されています。 アレクシオン ...

1.中枢神経系

インチュニブ(グアンファシン)の作用機序【ADHD】

2019年6月18日、インチュニブ(一般名:グアンファシン)の「ADHD」の効能・効果に、成人適応を追加することが承認されました。 基本情報 製品名 インチュニブ錠1mg/3mg 一般名 グアンファシ ...

5.内分泌・骨・代謝系

ゾルトファイ配合注(インスリンデグルデク/リラグルチド)の作用機序【糖尿病】

2019/7/2    ,

ゾルトファイ配合注とは、2019年6月18日に「インスリン療法が適応となる2型糖尿病」を効能・効果として承認された新薬で、国内初のインスリン製剤とGLP-1受容体作動薬(GLP-1アナログ製剤)の配合 ...

4.消化器系 12.悪性腫瘍

サイラムザ(ラムシルマブ)の作用機序【胃/大腸/肝細胞がん】

2019年6月18日、「肝細胞がん」を対象疾患とするサイラムザ点滴静注液(一般名:ラムシルマブ)の適応拡大が承認されました!   サイラムザは既に胃がん、大腸がん、肺がんに適応を有しています ...

11.血液・造血器系 12.悪性腫瘍

ヴァンフリタ(キザルチニブ)の作用機序:ゾスパタとの違い・比較【AML】

ヴァンフリタ錠(一般名:キザルチニブ)とは2019年6月18日に「再発又は難治性のFLT3-ITD変異陽性の急性骨髄性白血病」を効能・効果として承認された新薬で、新規のFLT3阻害剤に分類されています ...

5.内分泌・骨・代謝系

レパーサ(エボロクマブ)の作用機序と副作用【高脂血症】

2019/6/19    ,

2019年6月18日、レパーサ皮下注(一般名:エボロクマブ)の効能・効果である「家族性高コレステロール血症、高コレステロール血症」に「HMG-CoA還元酵素阻害剤による治療が適さない患者」が追加されま ...

3.呼吸器系 12.悪性腫瘍

ポートラーザ(ネシツムマブ)の作用機序と副作用【肺がん】

2019/7/12    ,

2019年6月18日、「切除不能な進行・再発非小細胞肺がん(扁平上皮)」の一次治療としてのポートラーザ(一般名:ネシツムマブ)が承認されました。 日本イーライリリー|ニュースリリース 基本情報 製品名 ...

5.内分泌・骨・代謝系 7.炎症・免疫・アレルギー

ウパダシチニブの作用機序:類薬との違い・比較【関節リウマチ】

2019/7/10    ,

ウパダシチニブとは、2019年2月に「既存治療で効果不十分な関節リウマチ」を予定効能・効果として承認申請が行われた新規のJAK阻害薬です! 現時点では未承認のためご注意ください。 基本情報 製品名 未 ...

6.腎・泌尿器系 11.血液・造血器系 後発品

ネスプ(ダルベポエチン)の作用機序とバイオセイム・ABS【CKD・腎性貧血】

2019/6/14    , ,

腎性貧血などに使用するネスプ(一般名:ダルベポエチン アルファ)のオーソライズド・バイオシミラー(ABS)が2018年8月15日に承認されました! 製品名:ダルベポエチン アルファ注シリンジ「KKF」 ...

新薬承認・薬価収載

【期待の新薬+効能効果追加】6製品+2製品(2019年5月30日)

2019/5/31    

2019年5月30日、厚労省の薬食審・医薬品第二部会は新薬6製品の承認可否を審議し、全て承認了承することを発表しました!   今回の注目は、NTRK遺伝子変異のがんに対して臓器横断的に使用で ...

新薬承認・薬価収載

【期待の新薬+効能効果追加】8製品+1製品(2019年5月28日)

2019/5/29    

2019年5月28日、厚生労働省の薬食審・医薬品第一部会は新薬として8製品の承認や効能追加に関して審議し、全て承認了承となりました。 その他、報告のみで承認了承された1製品の適応追加もあります。 &n ...

9.眼疾患

ブロルシズマブの作用機序:アイリーア、ルセンティスとの違い・比較【加齢黄斑変性】

2019/5/29    ,

2019年未明、「滲出型加齢黄斑変性」を対象とするブロルシズマブの製造販売承認申請が行われています。 現時点では未承認のためご注意ください。 基本情報 製品名 ? 一般名 ブロルシズマブ 製品名の由来 ...

10.皮膚・骨格筋

ゾルゲンスマ(AVXS-101)の作用機序・特徴【脊髄性筋委縮症】

ゾルゲンスマとは、「脊髄性筋委縮症(2歳以下に限る)」を予定効能・効果とする遺伝子置換療法で、再生医療等製品に分類されてます。 米国では既に承認されており、日本では2018年11月に製造販売承認申請が ...

新薬承認・薬価収載

【効能効果追加】6製品(2019年5月22日)

2019/5/23    

2019年5月22日、医薬品6製品に効能・効果追加等が承認されました! エンタイビオのクローン病、ブロプレスの小児追加、などがありますね。   今回は一覧としてご紹介します。   ...

3.呼吸器系

オフェブ(ニンテダニブ)の作用機序【肺線維症/全身性強皮症】

2019年4月、オフェブカプセル100mg/150mg(一般名:ニンテダニブエタンスルホン酸塩)の「全身性強皮症に伴う間質性肺疾患」を予定効能・効果とする適応拡大承認申請が行われました。 基本情報 製 ...

Copyright© 新薬情報オンライン , 2019 All Rights Reserved.