木元 貴祥の記事

新薬承認・薬価収載

【新薬:薬価収載】14製品と市場拡大再算定(2019年11月19日)

2019/11/19    

2019年11月19日、新薬14製品が薬価収載されました!   その他、キイトルーダの市場拡大再算定による薬価引き下げが2020年2月1日に行われますのでその内容についても解説しています。 ...

6.腎・泌尿器系

ユリス(ドチヌラド)の作用機序:類薬との違い【高尿酸血症・痛風】

2019/11/18    , ,

2019年11月29日の厚労省の薬食審・医薬品第一部会にて「痛風、高尿酸血症」を対象疾患とするユリス錠(ドチヌラド)の承認可否が審議される予定です。 富士薬品|申請のニュースリリース 現時点では未承認 ...

1.中枢神経系

デエビゴ(レンボレキサント)の作用機序:ベルソムラとの違い・比較【不眠症】

2019/11/18    

2019年11月29日の厚労省医薬品第一部会にて、「不眠症」を予定効能・効果とするデエビゴ(レンボレキサント)の承認可否が審議される予定です!新規のオレキシン受容体拮抗薬ですね。 オレキシン受容体拮抗 ...

5.内分泌・骨・代謝系

オルケディア(エボカルセト)の作用機序、レグパラ/パーサビブとの違い【副甲状腺機能亢進症】

2019年11月29日の厚労省薬事・食品衛生審議会医薬品第一部会にて、オルケディア錠(エボカルセト)の効能・効果に「副甲状腺がんや原発性副甲状腺機能亢進症に伴う高カルシウム血症」を追加することについて ...

4.消化器系 6.腎・泌尿器系 10.皮膚・骨格筋 12.悪性腫瘍

オプジーボとヤーボイ併用療法の作用機序【悪性黒色腫・腎細胞/大腸がん】

オプジーボ(ニボルマブ)とヤーボイ(イピリムマブ)の併用療法について、2019年11月にMSI-Highエムエスアイ ハイの大腸がんへの適応拡大承認申請が行われました。 小野薬品|申請のニュースリリー ...

7.炎症・免疫・アレルギー 8.感染症

ドウベイト配合錠(ドルテグラビル/ラミブジン)の作用機序【HIV】

2019/11/12    , ,

2019年11月25日の厚労省薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会にて、「HIV-1感染症」を効能・効果とするドウベイト配合錠(ドルテグラビル/ラミブジン)の承認可否が審議される予定です。 ヴィーブヘル ...

6.腎・泌尿器系 8.感染症

ザバクサ配合点滴静注(セフトロザン/タゾバクタム)の作用機序と副作用【細菌感染】

2019年11月25日の厚労省薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会にて、ザバクサ配合点滴静注用(一般名:セフトロザン硫酸塩/タゾバクタムナトリウム)の効能・効果に「敗血症及び肺炎」を追加することについて ...

6.腎・泌尿器系 12.悪性腫瘍

バベンチオ/キイトルーダ+インライタの作用機序【腎細胞がん】

2019/11/12    , , , ,

2019年11月25日の厚労省薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会にて、「根治切除不能又は転移性の腎細胞がん」の一次治療としての以下の治療法の承認可否が審議・報告される予定です。 バベンチオ(一般名:ア ...

6.腎・泌尿器系 12.悪性腫瘍

ニュベクオ(ダロルタミド)の作用機序・類薬との違い【前立腺がん】

2019年11月25日の厚労省薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会にて、「遠隔転移を有しない去勢抵抗性前立腺がん」を効能・効果とする新規経口アンドロゲン受容体阻害薬のニュベクオ錠(ダロルタミド)の承認可 ...

11.血液・造血器系 12.悪性腫瘍

ダラザレックス(ダラツムマブ)の作用機序【多発性骨髄腫】

2019/11/12    ,

2019年11月25日の厚労省薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会にてダラザレックス点滴静注(一般名:ダラツムマブ)の投与間隔の変更について報告される予定です。 2019年4月には未治療の多発性骨髄腫に ...

3.呼吸器系

オフェブ(ニンテダニブ)の作用機序【肺線維症/全身性強皮症】

2019/11/11    ,

2019年11月25日の厚労省薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会にて、オフェブカプセル(ニンテダニブ)の「全身性強皮症に伴う間質性肺疾患」への適応拡大について承認可否が審議される予定です。 基本情報 ...

5.内分泌・骨・代謝系 7.炎症・免疫・アレルギー

リンヴォック(ウパダシチニブ)の作用機序:類薬との違い・比較【関節リウマチ】

2019/11/11    ,

2019年11月25日の厚労省薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会にて「既存治療で効果不十分な関節リウマチ」を予定効能・効果とするリンヴォック(ウパダシチニブ)の承認可否が審議される予定です。 現時点で ...

1.中枢神経系

サトラリズマブの作用機序・リサイクリング抗体の特徴【NMOSD】

2019年11月、「視神経脊髄炎スペクトラム」を対象疾患とするサトラリズマブの製造販売承認申請が行われました! 中外製薬|申請のニュースリリース 現時点では未承認のためご注意ください。 基本情報 製品 ...

疾患・作用機序まとめ 新薬承認・薬価収載

2019年に承認された新薬一覧のまとめとアクセス数ランキング

2019/11/8    

本記事では2019年(2019年1月1日~12月31日)に承認された新薬の アクセス数ランキング 一覧(新有効成分含有、新配合薬のみ) をご紹介します。 アクセス数ランキングは2020年1月上旬頃に更 ...

5.内分泌・骨・代謝系

ビルトラルセン(NS-065/NCNP-01)の作用機序【筋ジストロフィー】

2019年9月、デュシェンヌ型筋ジストロフィーを対象疾患とするビルトラルセンの製造販売承認申請が行われました! 国立精神・神経医療研究センター|ニュースリリース 現時点では未承認のためご注意ください。 ...

1.中枢神経系

ビバンセ(リスデキサンフェタミン)の作用機序・特徴:類薬との違い/比較【ADHD】

2019年3月26日、「小児期における注意欠陥/多動性障害(AD/HD)」を効能効果とするビバンセカプセル20mg同カプセル30mg(一般名:リスデキサンフェタミンメシル酸塩)が承認されました! 基本 ...

10.皮膚・骨格筋

ゾルゲンスマ(AVXS-101)の作用機序・特徴【脊髄性筋委縮症】

ゾルゲンスマとは、「脊髄性筋委縮症(2歳以下に限る)」を予定効能・効果とする遺伝子置換療法で、再生医療等製品に分類されてます。 米国では既に承認されており、日本では2018年11月に製造販売承認申請が ...

1.中枢神経系

オンジェンティス(オピカポン)の作用機序:コムタンとの違い【パーキンソン病】

2019/11/6    ,

2019年2月、「パーキンソン病」を対象疾患とするオンジェンティス(オピカポン)の製造販売承認申請が行われました。 小野薬品工業|申請のニュースリリース 現時点では未承認のためご注意ください。 基本情 ...

4.消化器系 8.感染症

エプクルーサ配合錠(ベルパタスビル/ソホスブビル)の作用機序と特徴【C型肝炎】

2019/11/6    , ,

「前治療歴を有するC型慢性肝炎、C型代償性肝硬変におけるウイルス血症の改善」および「C型非代償性肝硬変におけるウイルス血症の改善」を効能・効果とするエプクルーサ配合錠(一般名:ベルパタスビル/ソホスブ ...

新薬承認・薬価収載

【第二部会:期待の新薬】2製品+4製品(2019年10月31日)

2019/11/1    

2019年10月31日、厚労省の薬食審医薬品第二部会は新薬として2製品を審議し、全て承認了承しました! その他、報告のみで承認了承された4製品もあります。   今回は一覧としてご紹介します。 ...

7.炎症・免疫・アレルギー 10.皮膚・骨格筋

トルツ(イキセキズマブ)の作用機序【乾癬・強直性脊椎炎】

2019/11/1    , ,

2019年10月31日、厚労省の薬食審・医薬品第二部会にてトルツ皮下注80mgシリンジ/オートインジェクター(一般名:イキセキズマブ)の効能・効果に「既存治療で効果不十分な強直性脊椎炎」を追加すること ...

新薬承認・薬価収載

【第一部会:期待の新薬】3製品+1製品(2019年10月25日)

2019/10/28    

2019年10月25日、厚労省の薬食審医薬品第一部会は新薬として3製品を審議し、全て承認了承しました! その他、報告のみで承認了承された1製品もあります。   今回は一覧としてご紹介します。 ...

7.炎症・免疫・アレルギー 10.皮膚・骨格筋

ゾレア(オマリズマブ)の作用機序【慢性蕁麻疹・アレルギー性鼻炎】

2019/11/1    

2019年10月31日、厚労省の薬食審・医薬品第二部会にてゾレア皮下注用(一般名:オマリズマブ)の効能・効果に「季節性アレルギー性鼻炎(既存治療で効果不十分な重症または最重症患者に限る)」を追加するこ ...

2.循環器系

コララン(イバブラジン)の作用機序・特徴【心不全】

2019/11/19    ,

2019年9月20日、「慢性心不全」を対象疾患とするコララン錠(一般名:イバブラジン)が承認されました! 小野薬品工業|ニュースリリース 基本情報 製品名 コララン錠2.5mg/5mg/7.5mg 一 ...

7.炎症・免疫・アレルギー 10.皮膚・骨格筋

コレクチム軟膏(デルゴシチニブ)の作用機序【アトピー性皮膚炎】

2019/10/29    ,

2019年10月25日、厚労省の薬食審・医薬品第一部会にて「アトピー性皮膚炎」を対象疾患するコレクチム軟膏0.5%(デルゴシチニブ)の承認が了承されました! 日本たばこ産業|申請のニュースリリース 現 ...

9.眼疾患

ルセンティス(ラニビズマブ)の作用機序【加齢黄斑変性】

今回は眼科領域でよく使用されるルセンティス硝子体内注射液(一般名:ラニビズマブ)についてご紹介します。   ルセンティスは以下の適応を有している薬剤で、眼の硝子体に注射して投与します。 中心 ...

7.炎症・免疫・アレルギー

ソリリス(エクリズマブ)の作用機序【重症筋無力症】

2019/10/28    

2019年10月25日の厚労省薬食審・医薬品第一部会にてソリリス点滴静注300mg(エクリズマブ)の効能・効果に「視神経脊髄炎スペクトラム障害(視神経脊髄炎を含む)の再発予防」を追加することが承認了承 ...

12.悪性腫瘍

イブランス(パルボシクリブ)の作用機序と副作用【乳がん】

2019/11/4    ,

2019年10月31日の厚労省の薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会にて「手術不能または再発乳がん」に使用するイブランス(パルボシクリブ)の錠剤の承認が了承されました! 基本情報 製品名 イブランスカプ ...

9.眼疾患

ブロルシズマブの作用機序:アイリーア、ルセンティスとの違い・比較【加齢黄斑変性】

2019/10/24    ,

2019年未明、「滲出型加齢黄斑変性」を対象とするブロルシズマブの製造販売承認申請が行われています。 現時点では未承認のためご注意ください。 基本情報 製品名 米国では「Beovu」 一般名 ブロルシ ...

2.循環器系

エントレスト(サクビトリルバルサルタン)の作用機序・特徴【心不全】

2019/11/19    ,

2019年7月、「慢性心不全」を適応疾患とするエントレスト(サクビトリルバルサルタン)の製造販売承認申請が行われました。 現時点では未承認のためご注意ください。 基本情報 製品名 エントレスト 一般名 ...

Copyright© 新薬情報オンライン , 2019 All Rights Reserved.