新薬承認・薬価収載

【新薬承認+薬価収載】2製品(2020年1月14日承認、1月22日収載)

2020年1月14日、HIV治療薬の2製品が承認されました!

HIV治療薬ということで、通常の薬価収載スケジュールとは異なり、同年1月22日に緊急薬価収載されています。

 

木元 貴祥
今回は一覧と、薬価収載の算定根拠についてご紹介します。

 

2020年1月14日承認:2製品

●ドウベイト配合錠(一般名:ドルテグラビルナトリウム/ラミブジン)
:「HIV感染症」を効能・効果とする新医療用配合薬。

ドウベイト配合錠(ドルテグラビル/ラミブジン)の作用機序【HIV】

続きを見る

 

既に承認・販売されているトリーメク配合錠(ドルテグラビル、ラミブジン、アバカビル)からアバカビルを除いたのがドウベイトですね。

 

木元 貴祥
初回治療として初の2剤で治療が可能となります!

 

●ピフェルトロ錠100mg(一般名:ドラビリン)
:「HIV-1感染症」を効能・効果とする新有効成分含有医薬品。

新規の非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害薬(NNRTI)ですね。核酸系逆転写酵素阻害薬(NRTI)2剤と併用して1日1回の経口投与で治療を行います。

ピフェルトロ(ドラビリン)の作用機序・特徴【HIV】

続きを見る

 

木元 貴祥
ちなみに、耐性ウイルスに対して高い活性を示すと考えられています。

 

2020年1月22日:薬価収載の2製品

上記の2製品は2020年1月22日に薬価収載されました。(スマホでは横スクロールができます)

製品名
(一般名)
規格薬価効能・効果
(簡略)
ドウベイト配合錠
(ドルテグラビル/ラミブジン)
1錠 4,814.70円HIV
ピフェルトロ錠
(ドラビリン)
100mg1錠2,147.80円HIV

 

 

各薬剤の薬価算定方法は2020年1月15日の中医協の資料に記載されているため、抜粋してご紹介します。

 

ドウベイト:類似薬効比較方式(テビケイ+エピビル)

ドウベイトは配合されている有効成分単剤の1日薬価を足し算して算定されています。

算定方式は類似薬効比較方式(Ⅰ)です。

 

  • テビケイ錠50mg:3,297.00円
  • エピビル錠300:1,517.70円
  • ドウベイト配合錠1錠:4,814.70円(1日薬価:4,814.70円)

 

ピーク時の予測販売金額は23億円です。

 

作用機序やエビデンスについては以下の記事で解説しています。

ドウベイト配合錠(ドルテグラビル/ラミブジン)の作用機序【HIV】

続きを見る

 

ピフェルトロ:類似薬効比較方式(エジュラント)

ピフェルトロは同じく非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害薬(NNRTI)のエジュラント(一般名:リルピビリン)の1日薬価に合わせて算定されました。

算定方式は類似薬効比較方式(Ⅱ)です。

 

  • エジュラント錠25mg:2,147.80円
  • ピフェルトロ錠100mg1錠:2,147.80円(1日薬価:2,147.80円)

 

ピーク時の予測販売金額は8.7億円です。

 

作用機序やエビデンスについては以下の記事で解説しています。

ピフェルトロ(ドラビリン)の作用機序・特徴【HIV】

続きを見る

 

あとがき

今回は2020年最初の新薬2製品を紹介しました!共にHIV治療薬ですので、同年1月22日に緊急薬価収載されましたね。また、14日の処方日数制限も例外的な取り扱いにされています。

 

木元 貴祥
HIVは治療選択肢が限られているため、速やかに患者さんに届くことを期待したいと思います☆

 

以上、今回は2020年1月14日に承認された2製品と、その薬価収載算定根拠についてご紹介しました。

 

副業をしていない薬剤師は損?

薬剤師の副業 本当に稼げるおススメ3選と注意事項を解説!

続きを見る

失敗しない薬剤師の転職とは?

数多く存在する薬剤師専門の転職エージェントサイト

どこに登録したらいいのか悩むことも少なくありません。そんな転職をご検討の薬剤師さんに是非見ていただきたい記事を公開しました。

  • 新薬情報オンラインの薬剤師2名が実際に利用・取材!
  • 各サイトの特徴等を一覧表で分かりやすく掲載!
  • 絶対にハズレのない厳選の3サイトを解説!

上手に活用してあなたの希望・条件に沿った【失敗しない転職】を実現していただけると嬉しいです!

薬剤師の転職サイト3選|評判・求人特徴とエージェントの質を比較

続きを見る

★関連記事&広告


  • この記事を書いた人

木元 貴祥

【保有資格】薬剤師、FP、他
【経歴】大阪薬科大学卒業後、外資系製薬会社「日本イーライリリー」のMR職、薬剤師国家試験対策予備校「薬学ゼミナール」の講師、保険調剤薬局の薬剤師を経て現在に至る。

今でも現場で働く現役バリバリの薬剤師で、薬のことを「分かりやすく」伝えることを専門にしています。

プロフィール・運営者詳細
お問い合わせ・仕事の依頼

Twitter(フォロワー2,500人超)とFacebook(フォロワー15,000人超)でも配信中!

-新薬承認・薬価収載
-,

Copyright© 新薬情報オンライン , 2020 All Rights Reserved.