5.内分泌・骨・代謝系

オンパットロ(パチシラン)の作用機序・siRNAの特徴【TTR-FAP】

更新日:

オンパットロとは、2019年6月18日に「トランスサイレチン型家族性アミロイドポリニューロパチー(TTR-FAP)」を効能・効果として承認された新薬で、RNA干渉(RNAi:RNA interference)を利用した国内初の「siRNA治療薬」に分類されています。

読み方:siRNA=エスアイアールエヌエー

Alnylam Japan|ニュースリリース

基本情報

製品名オンパットロ点滴静注2mg/mL
一般名パチシランナトリウム
製品名の由来
製造販売Alnylam Japan(アルナイラム・ジャパン)(株)
効能・効果トランスサイレチン型家族性アミロイドポリニューロパチー
用法・用量通常、成人には3週に1回パチシランとして0.3mg/kgを点滴静注する。
体重が104kg以上の患者には、3週に1回パチシランとして31.2mgを点滴静注する。
いずれの場合にも、70分間以上(投与開始後15分間は約1mL/分、その後は約3mL/分)かけて投与すること。
収載時の薬価薬価未収載

 

新薬情報
siRNAやRNAiはあまり馴染みのない言葉かもしれませんが、作用機序等が非常に画期的で他の疾患やがん治療への応用も期待されています。

 

今回はトランスサイレチン型家族性アミロイドポリニューロパチー(TTR-FAP)とオンパットロ(パチラシン)の作用機序、そしてsiRNA治療薬の特徴などについて解説します。

 


トランスサイレチン型家族性アミロイドポリニューロパチー(TTR-FAP)とは

家族性アミロイドポリニューロパチー(Familial Amyloid Polyneuropathy:FAP)とは、異常なタンパク質(アミロイド)が末梢神経等に沈着することによって様々な障害を引き起こす疾患で、難病に指定されています。1)

 

沈着する異常なタンパク質(アミロイド)の種類によっていくつかに分類されていますが、その原因タンパク質が「トランスサイレチン(TTR:Transthyretin)」のものをTTR-FAP(トランスサイレチン型家族性アミロイドポリニューロパチー)と呼んでいます。

 

参考:言葉の意味

  • トランスサイレチン型:TTRと呼ばれるタンパク質が原因。
  • 家族性:遺伝が関係している。
  • アミロイド:異常なタンパク質の凝集体。
  • ポリニューロパチー:様々な末梢神経に障害が起きる。

 

初期症状としては、末梢神経や自律神経にアミロイド沈着が起こることによって、手足のしびれや痛み、温感が鈍くなる、などの症状が現れます。

 

その後、進行していくと、心臓、消化管、腎臓、眼も障害されていきます。

 

TTR-FAPの原因

正常な場合、TTRは肝臓で合成され、安定な四量体として存在しています。その後、血中に放出されますが、血中でも四量体のまま安定化しているため、特に悪さはしません。

 

しかしTTR-AFPでは何らかの遺伝子異常によって、肝臓で異常なTTRが合成されます。異常なTTRは血中に放出されると不安定な状態になり、異常な単量体として存在するようになります。

異常なTTRの単量体が凝集することでアミロイドを形成し、神経や臓器に沈着することでTTR-AFPを発症すると考えられています。

トランスサイレチン型家族性アミロイドポリニューロパチー(TTR-FAP)の原因:アミロイドの凝集・沈着

 

TTR-FAPの治療

治療法としては以下があります。

  • 肝移植:異常なTTRを合成している肝臓を取り換える。唯一の根治療法2)
  • 薬物療法:ビンダケル(一般名:タファミジスメグルミン)によって進行を抑制させる。
  • 対症療法:種々の症状を緩和させる

 

ビンダケルは2013年に初のTTR-AFP治療薬として登場し、経口で治療できる薬として使用されていますね。

オンパットロは注射剤ですが、ビンダケルと同様にTTR-AFPの進行抑制効果が期待されています。

 

新薬情報
それではここからオンパットロの構造や作用機序等について解説していきます。

 

オンパットロ(パチラシン)の構造と特徴

オンパットロの有効成分はsiRNAと呼ばれる二本鎖のRNA構造で、標的となる遺伝子(この場合、異常なTTR遺伝子)と同じ配列を有しています。

siRNAの配列・構造が気になる方はこちら>>オンパットロのsiRNAの配列・構造

 

siRNAは非常に不安定な構造のため、そのまま体内に投与されると分解酵素等によって速やかに分解されてしまい薬効が発揮できません。

そこでオンパットロは有効成分のsiRNAを脂質ナノ粒子に封入し、体内での安定性が高められているといった特徴があります!

オンパットロ(パチラシン)の構造:siRNAを脂質ナノ粒子に封入

 

新薬情報
脂質ナノ粒子に封入することでsiRNAは分解されることなく、目的の肝臓まで到達することが可能です。

 

オンパットロ(パチラシン)の作用機序:RNA干渉とsiRNA

siRNAが肝臓の細胞内に到達すると、速やかに一本鎖RNAになり、Argonauteと呼ばれるタンパク質と複合体(RISC)を形成します。

 

このRISCが標的である異常なTTR遺伝子のRNA配列を認識し、切断していきます。

オンパットロ(パチラシン)の作用機序:RNA干渉とsiRNA

 

その結果、異常なTTR遺伝子のRNAが翻訳されなくなり、異常なTTRの合成・産生が抑制されます。

 

オンパットロは上記の作用機序によって異常なTTRの合成を抑制し、結果的にTTRアミロイドの産生も抑制されるため、TTR-FAPの進行抑制効果を発揮すると考えられています。

オンパットロのmRNAへの結合領域はTTR遺伝子の非翻訳部分のため、TTR遺伝子変異の種類によらず効果が期待されています。

 

新薬情報
このように、特定の遺伝子発現をノックダウン(発現抑制)する手法を「RNA干渉(RNAi)」と呼んでいます。3)

 

エビデンス紹介:APOLLO試験

根拠となった臨床試験(APOLLO試験)を紹介します。4)

本試験はTTR-FAPの患者さんを対象に、プラセボとオンパットロを比較する国際共同(日本人含む)の第Ⅲ相臨床試験です。

 

主要評価項目は「18か月時点のmNIS+7のベースラインからの変化量*」とされました。

試験群プラセボ群オンパットロ群
18か月時点の
mNIS+7のベースラインからの変化量
28.0±2.6-6.0±1.7
差:-34.0, P<0.001

*mNIS+7(補正神経障害スコア):運動力、反射、感覚、神経伝導および体位性血圧を評価する修正ニューロパチー障害スコア

 

このようにオンパットロ群ではプラセボ群と比較して有意に神経障害のスコアを改善していることが示されました!

 

副作用

主な副作用として、Infusion reaction(27.0%)、下痢(9.5%)、末梢性浮腫(6.8%)及び無力症(6.1%)などが報告されています。

 

重大な副作用としては、

  • Infusion reaction(27.0%)
  • 房室ブロック(0.7%)

が挙げられています。

 

特にInfusion reactionの予防・軽減目的のため、オンパットロの投与前にプレメディケーション(デキサメタゾン、アセトアミノフェン、H1/H2ブロッカー)が推奨されています。

本剤投与によりInfusion reactionが発現する可能性がある。Infusion reactionは主に本剤投与中又は投与開始2時間以内に多く報告されている。それらの症状を軽減させるため、以下の前投薬を本剤投与のたびに、少なくとも投与60分前に投与すること。

  • コルチコステロイド(デキサメタゾン10mg又は同等薬)(静脈内投与)
  • アセトアミノフェン(500mg)(経口投与)
  • H1拮抗薬(クロルフェニラミンマレイン酸塩5mg又は同等薬)(静脈内投与)
  • H2拮抗薬(ファモチジン20mg又は同等薬)(静脈内投与)

なお、患者の症状、状態により前投薬の投与量の調整を考慮すること。

※引用:オンパットロ添付文書

 

用法・用量

通常、成人には3週に1回パチシランとして0.3mg/kgを点滴静注します(体重が104kg以上の患者には、3週に1回パチシランとして31.2mgを点滴静注)。

 

いずれの場合にも、70分間以上(投与開始後15分間は約1mL/分、その後は約3mL/分)かけて投与することとされています。

 

薬価

現時点では薬価未収載です。

 

まとめ・あとがき

オンパットロはこんな薬

  • 国内初のsiRNA治療薬
  • RNA干渉によって標的の遺伝子をノックアウトさせる
  • Infusion Reactionには注意が必要なため、プレメディケーションが必須

 

オンパットロは国内初のsiRNAによる治療薬です!

siRNAは1998年には発見3)されており、ノーベル賞の受賞にも繋がっていますが、その不安定さから臨床応用がなかなか進みませんでした。

 

オンパットロは脂質ナノ粒子を利用することで、分解されることなく目的の臓器に到達できるといった特徴があります(いわゆる、DDS)。

 

新薬情報
今後も様々なsiRNAの開発が進行中ですので、他疾患やがんへの応用も期待したいと思います!

 

以上、今回はTTR-FAPとオンパットロ(パチラシン)の作用機序、そしてsiRNAの特徴などについて解説しました!

 

薬剤師副業解禁!実体験してみたおすすめの働き方4選を解説

1日限定の単発・スポット派遣薬剤師で効率よく収入UP!?







★おススメの関連記事


薬剤師さんに自信を持っておススメできます!

\ 業務に活かせる /

こんな情報を配信!

  • 薬局で使える行動心理学を紹介
  • マネジメントスキルの解説
  • 役立つセミナー情報の配信
  • 成功している薬剤師・薬局さんのインタビュー

服薬指導、接客、職場の人間関係のヒントになる無料のメールマガジンです。

私も拝読していますが、なかなか普段の業務では知れない内容が多くて面白いですよ(特に行動心理学)。是非薬剤師のあなたも覗いてみてくださいね。|ω・`)

現場薬剤師のための課外授業

  • この記事を書いた人

木元 貴祥

【保有資格】薬剤師、FP、他
【経歴】大阪薬科大学卒業後、外資系製薬会社「日本イーライリリー」のMR職、薬剤師国家試験対策予備校「薬学ゼミナール」の講師、保険調剤薬局の薬剤師を経て現在に至る。

今でも現場で働く現役バリバリの薬剤師で、薬のことを「分かりやすく」伝えることを専門にしています。

プロフィール・運営者詳細
お問い合わせ・仕事の依頼
薬剤師資格の確認

Twitter(フォロワー2,000人超)とFacebook(フォロワー14,000人超)でも配信中!

-5.内分泌・骨・代謝系
-, ,

Copyright© 新薬情報オンライン , 2019 All Rights Reserved.