4.消化器系

アミティーザ(ルビプロストン)の作用機序と副作用【便秘症】

慢性便秘症(器質的疾患による便秘を除く)」を効能・効果とするアミティーザカプセル24μg(一般名:ルビプロストン)が2012年11月に発売されました。

アミティーザは慢性便秘症の薬としては約30年ぶりとなります!

製薬会社

  • 製造販売元:マイランEPD合同会社

 

また、2018年9月21日、12μg製剤も承認されました。従って、規格は以下の通りです。

  • アミティーザカプセル12μg
  • アミティーザカプセル24μg

 

今回は慢性便秘症とアミティーザ(ルビプロストン)の作用機序についてご紹介します。

 

便秘の疫学

便秘症は、

  • 本来体外に排出すべき糞便を十分量かつ快適に排出できない状態

と定義されています。

 

便秘の患者さんは全人口の1割程度で、治療に不満を抱く患者さんも多い疾患です。

皆様も便秘は経験されたことがあると思いますが、実際に便秘になると、、、辛いですよね・・・。

 

発症は年齢が高くなればなるほど割合が多くなります。

また、男女比では女性に多くいとされていますが、高齢になれば男女差は無くなっていきます

特に80歳以上では男性に多いとされています。

 

便秘の症状と種類

便秘の主症状は、腹痛、直腸残便感、腹部膨満感などがあります。

 

また、発症経過から「急性便秘」と「慢性便秘」に大別されています。

具体的には、排便回数の減少排便困難の状態が6カ月以上持続する場合に、「慢性便秘」と診断されます。

 

さらに原因や病態により「器質性便秘」と「機能性便秘」等に分類されています。

  • 器質性便秘:腸の形態的変化(構造異常)を伴う便秘で、胃腸の疾患によるものが多い
  • 機能性便秘:腸の形態的変化(構造異常)を伴わない便秘で、胃腸の機能低下(ストレスや運動不足、食生活)によるものが多い

一般的には機能性便秘が多いとされていますね。

 

便秘の治療

これら便秘症に対しては、

  • 生活習慣の改善(食事、運動、睡眠、飲酒など)
  • 内服薬による治療

を適宜組み合わせて行われます。

 

慢性便秘症診療ガイドライン2017では、
内服薬による治療の推奨度とエビデンスレベルは以下の通りです。

推奨度エビデンス
レベル
分類代表薬の例
推奨度1
(強い推奨)
A浸透圧性下剤酸化マグネシウム、ラクツロース、D-ソルビトール
上皮機能変容薬アミティーザ、リンゼス
推奨度2
(弱い推奨)
A消化管運動賦活薬ガスモチン(モサプリド)
Bプロバイオティクスビオフェルミン
刺激性下剤センノシド、アロエ、ビサコジル
C膨張性下剤ポリカルボフィルカルシウム
漢方薬大黄甘草湯、大建中湯、等

※推奨度:(1)強い推奨、(2)弱い推奨
※エビデンスレベル:A(質の高いエビデンス)からD(非常に質の低いエビデンス)まで分類

 

このように、強い推奨と高いエビデンスレベル(A)で推奨されているのは、

  • 酸化マグネシウムに代表される「浸透圧性下剤」と、
  • アミティーザに代表される「上皮機能変容薬」

です。

 

酸化マグネシウムは昔から使用経験があり、また薬価も安いため、初回の治療としてよく用いられています。

しかし、酸化マグネシウムは長期に使用すると「高マグネシウム血症」の危険性があるため、ガイドラインには以下の注意書きがあります。

マグネシウムを含む塩類下剤使用時は、定期的なマグネシウムの測定を推奨する

 

上皮機能変容薬も初回の治療として使用可能ですが、実際には酸化マグネシウムで効果不十分・高マグネシウム血症が懸念される場合に使用されるケースが多いと思われます。

 

アミティーザ(一般名:ルビプロストン)の作用機序

一般的に、便秘になる時には腸管内の水分が不足してしまっています。

腸管内への水分の分泌にはクロールイオン(Cl-が関与しており、クロールイオンは「クロライドチャネル」によって細胞内から細胞外(腸管内)に移動します。

 

アミティーザはクロライドチャネルを活性化する薬剤です!

クロライドチャネルが活性化されることでクロールイオン(Cl-が腸管内に移動します。

 

次に、腸管内の電化を合わせるためにナトリウムイオン(Na+が腸管内に移動します。

Na+とCl-が合わさると、NaCl(塩化ナトリウム)になりますので、腸管内の浸透圧が亢進します。

そして浸透圧を等張にするために、上皮細胞内の水分が腸管内に移動します。

 

このような作用機序によって、腸管内に水分を分泌する働きをするのがアミティーザです!

これによって、腸管内の蠕動運動も高まり、便秘を改善すると考えられています。

 

アミティーザカプセルの用法・用量

ルビプロストンとして1回24μgを1日2回、朝食後と夕食後に経口投与します。

しかし、24μgでは薬剤が効きすぎて下痢を起こしてしまうこともしばしばありました(特に高齢者)。また24μgで症状がコントロールできてきた際には適宜減量が行われますが、これまで24μgカプセル製剤しかなかったため、減量が困難でした。

 

2018年9月21日には12μgカプセル製剤が新たに承認されましたので、減量が容易にできるようになりました!☆

特に初回で効きすぎて下痢が起こってしまうような場合、減量によってコントロールしやすくなるのではないでしょうか。

 

アミティーザカプセルの副作用

主な副作用として下痢や悪心が報告されています。

特に悪心若い女性に多く発現すると言われていますので注意が必要です。

 

類薬とあとがき

慢性便秘症に使用する類薬には、2018年に登場した

があります。

 

アミティーザ、グーフィス、リンゼスの使い分けについては以下の記事で紹介していますのでご参考にしていただければ嬉しいです。

 

モビコールとラグノスを含めた比較表の一覧は以下の記事に掲載しています。

 

以上、本日は慢性便秘症とアミティーザ(ルビプロストン)の作用機序についてご紹介しました♪

 

 

製薬の求人多数!実体験記事を確認!

 

単発派遣アリ!?実体験記事はこちら

 

薬剤師の副業 本当に稼げるおススメ3選と注意事項を解説!

続きを見る

失敗しない薬剤師の転職とは?

数多く存在する薬剤師専門の転職エージェントサイト

どこに登録したらいいのか悩むことも少なくありません。そんな転職をご検討の薬剤師さんに是非見ていただきたい記事を公開しました。

  • 新薬情報オンラインの薬剤師2名が実際に利用・取材!
  • 各サイトの特徴等を一覧表で分かりやすく掲載!
  • 絶対にハズレのない厳選の3サイトを解説!

上手に活用してあなたの希望・条件に沿った【失敗しない転職】を実現していただけると嬉しいです!

薬剤師の転職サイト3選|評判・求人特徴とエージェントの質を比較

続きを見る

コロナ渦で改定しました。



薬剤師の勉強・情報収集に役に立つ無料サイト・ブログ8選
  • この記事を書いた人

木元 貴祥

【保有資格】薬剤師、FP、他
【経歴】大阪薬科大学卒業後、外資系製薬会社「日本イーライリリー」のMR職、薬剤師国家試験対策予備校「薬学ゼミナール」の講師、保険調剤薬局の薬剤師を経て現在に至る。

今でも現場で働く現役バリバリの薬剤師で、薬のことを「分かりやすく」伝えることを専門にしています。

プロフィール・運営者詳細
お問い合わせ・仕事の依頼
私の勉強法紹介

TwitterとFacebookとインスタでも配信中!

-4.消化器系
-,