1.中枢神経系

フィコンパ(ペランパネル)の作用機序と副作用【てんかん】

更新日:

おススメ記事|薬剤師の稼げる副業3選

2019年11月29日の厚労省薬食審・医薬品第一部会にてフィコンパ(ペランパネル)

  • 小児(4歳以上)への適応拡大
  • 部分発作の単剤用法追加
  • 細粒1%剤形の追加

に関して承認が了承されました!

 

現時点での効能・効果は以下の通りです。

  • 他の抗てんかん薬で十分な効果が認められないてんかん患者の下記発作に対する抗てんかん薬との併用療法:
    ⇒部分発作(二次性全般化発作を含む)
    ⇒強直間代発作

 

フィコンパは2016年に新規のてんかん治療薬として承認されていますが、他の抗てんかん薬との併用が基本でした。

 

木元 貴祥
承認されれば、部分発作に関しては単剤での使用が可能となる見込みです!

 

今回はてんかんとフィコンパ(ペランパネル)の作用機序についてご紹介します。

 

てんかんとは

日本におけるてんかん患者は約100万人と報告されています。

通常、脳の神経は興奮抑制がバランスよく働くことで正常な状態を保っています。

 

しかし、何らかの原因で興奮系の神経が強く働いたり、抑制系の神経の力が弱まることで、激しい電気的乱れ(過剰興奮)が生じます。

 

そうすると脳は適切に情報を受け取ることや、命令ができなくなり、体の動きをコントロールできなくなります。

これが、てんかんによる発作の発生機序です。

 

てんかんの種類

てんかんは、発作のタイプによって、

  • 部分てんかん(約60%)
  • 全般てんかん(約40%)

に大別されています。

 

部分てんかんは、脳の一部が興奮することで引き起こされ、全般てんかんは脳の全体もしくは大部分が興奮することで引き起こされます。

 

特に、全般てんかんの中でも重篤な発作型の一つでもある“強直間代発作”は、突然の転倒による重篤なけがの恐れがあるほか、その発作頻度は「てんかん患者の予期せぬ突然死」の最も重要な危険因子とされ、てんかんの中でも極めて重篤な発作型の一つです。

 

脳の興奮系と抑制系

脳の興奮系と抑制系のバランスは以下の神経によって調整されています。

  • 興奮系神経:グルタミン神経
  • 抑制系神経:GABA(γ-アミノ酪酸)神経

 

グルタミン神経から分泌されるグルタミン酸が「NMDA受容体」や「AMPA受容体」に結合することで脳が興奮します。

一方、GABA神経から分泌されるGABAが「GABA受容体」に結合することで脳の興奮が抑制されます。

 

通常、てんかん発作時には興奮系の神経(グルタミン神経)が強く働いているため、

  • 興奮系神経を抑制する
  • 抑制系神経の働きを亢進する

といった治療が必要になります。

 

フィコンパ(ペランパネル)の作用機序

フィコンパは、グルタミン酸の結合するAMPA受容体を選択的に抑制する薬剤です。

 

グルタミン酸の結合部位とは異なる部位に作用するため、グルタミン酸と非競合的にAMPA受容体の働きを抑制することができるといった特徴があります。

フィコンパ(ペランパネル)の作用機序

 

副作用

主な副作用として、めまいや傾眠が報告されています。

稀に易刺激性、攻撃性、不安、怒りなどの攻撃性の精神症状が現れることもありますので注意が必要です。

 

用法・用量の注意事項

フィコンパはCYP3Aで代謝されるため、同酵素を誘導するフェニトインなどと併用すると、効果が減弱します。

 

木元 貴祥
そのため、これらの薬剤と併用する場合には、通常と投与量が異なりますので注意が必要です!

 

あとがき

フィコンパは既存のてんかん薬とは異なる作用機序を有している薬剤です。

 

てんかん治療薬は多く存在していますので、適切な治療薬の選択や、使い分け等が検討されれば興味深いと感じます。

 

今回は、てんかんフィコンパ(ペランパネル)の作用機序についてご紹介しました。

 

時給5千円・年収700万円以上!

看護師限定!看護専門学校の予備校講師を募集中【副業も可】

続きを見る

失敗しない薬剤師の転職とは?

数多く存在する薬剤師専門の転職エージェントサイト

どこに登録したらいいのか悩むことも少なくありません。そんな転職をご検討の薬剤師さんに是非見ていただきたい記事を公開しました。

  • 新薬情報オンラインの薬剤師2名が実際に利用・取材!
  • 各サイトの特徴等を一覧表で分かりやすく掲載!
  • 絶対にハズレのない厳選の3サイトを解説!

上手に活用してあなたの希望・条件に沿った【失敗しない転職】を実現していただけると嬉しいです!

薬剤師の転職サイト3選|評判・求人特徴とエージェントの質を比較

続きを見る

★関連記事&広告


  • この記事を書いた人

木元 貴祥

【保有資格】薬剤師、FP、他
【経歴】大阪薬科大学卒業後、外資系製薬会社「日本イーライリリー」のMR職、薬剤師国家試験対策予備校「薬学ゼミナール」の講師、保険調剤薬局の薬剤師を経て現在に至る。

今でも現場で働く現役バリバリの薬剤師で、薬のことを「分かりやすく」伝えることを専門にしています。

プロフィール・運営者詳細
お問い合わせ・仕事の依頼

Twitter(フォロワー2,500人超)とFacebook(フォロワー15,000人超)でも配信中!

-1.中枢神経系
-

Copyright© 新薬情報オンライン , 2019 All Rights Reserved.