◆薬剤師執筆・監修。新薬の承認情報や薬学生向けの情報を配信しています。

4.消化器系 12.悪性腫瘍

エルプラット(オキサリプラチン)の作用機序と副作用【小腸がんFOLFOX】

2018/10/13更新
   

「医療上の必要性の高い未承認薬・適応外薬検討会議」で公知申請が妥当と判断されていたエルプラット点滴静注液50mg/100mg/200mg(一般名:オキサリプラチン)の「小腸がん」への適応追加が2018年9月21日に承認されました。

 

小腸がんに対しては「FOLFOX療法(エルプラット+5-FU+アイソボリン)」として使用されるため、同日以下の薬剤も承認されています。

  • 5-FU
  • アイソボリン(一般名:レボホリナート)

 

なお、国内では初の小腸がんの効能・効果となりました!

今回は小腸がんとエルプラット(オキサリプラチン)の作用機序についてご紹介します。

 

<スポンサーリンク>

小腸がんとは

小腸は十二指腸・空腸・回腸から構成されている臓器です。

小腸がんはその名の通り、小腸から発生する悪性腫瘍(がん)で、頻度としてはがん全体のうち約0.5%と非常に稀な疾患です。

 

早期の小腸がんでは症状がほとんどありません。

進行すると、出血や小腸の閉塞、貧血、黄疸などの症状がみられることがあります。

 

小腸がんの治療

小腸がんは非常に稀な疾患のため、標準治療が存在していません

他の消化器がんを参考に、早期の小腸がんでは、手術によってがんを取り除く治療が一般的に行われています。

発見時に転移がある小腸がんでは、他の消化器がんと同様に抗がん剤による治療が一般的ですが、国内で承認されている薬剤は存在していませんでした。

 

海外では、小腸がんは大腸がんと同義として考えられているため、大腸がんに準じた抗がん剤治療(例:FOLFOX療法やXELOX療法)が行われています。

今回ご紹介するエルプラットは、転移のある小腸がんに対してFOLFOX療法(エルプラット+5-FU+アイソボリン)として使用されます!

 

エルプラット(一般名:オキサリプラチン)の作用機序

がん細胞が増殖する際、まずDNAの複製が行われます。

二本鎖DNAが解かれて一本鎖DNAになり、その後ポリメラーゼ等によって複製が行われて二本鎖DNAが完成します。

 

エルプラットは、白金製剤(プラチナ製剤)に分類されている抗がん剤です。

がん細胞の二本鎖DNAに結合して架橋構造を形成することで、一本鎖DNAになることを阻害し、その後の複製反応をストップさせます。

その結果、がん細胞死(アポトーシス)を引き起こし、がん細胞の増殖が抑制できると考えられています。

 

エルプラットの副作用

主な副作用には好中球減少、血小板減少、末梢神経障害、食欲不振、悪心・嘔吐などがあります。

特に末梢神経障害は遷延することもあり、患者さんのQOL低下を招く副作用のため、十分に注意する必要があります。

 

<スポンサーリンク>

エルプラットを用いた治療レジメン

エルプラットは単剤では使用することができない薬剤です。

 

従って、様々な薬剤と併用して用いられます。

このように、様々な薬剤と併用する治療を「レジメン」と呼んでいます。

 

主なレジメンには以下のようなものがあります。

 

小腸がんにはFOLFOX療法として使用されます。

併用する5-FUの作用機序については以下の記事をご覧ください。

 

類薬(ランダ/ブリプラチン)との違い

エルプラットと同様の白金製剤としては、

  • ランダ/ブリプラチン(一般名:シスプラチン):第一世代
  • アクプラ(一般名:ネダプラチン):第二世代
  • パラプラチン(一般名:カルボプラチン):第二世代

などがあります。

なお、エルプラットは第三世代の白金製剤に分類されています。

 

ランダ/ブリプラチンとアクプラは腎毒性が強く、投与時には大量の輸液投与(ハイドレーション)が必要なため基本的に入院で行います。

一方、エルプラットでは腎毒性が軽減されているため、ハイドレーションが不要です。そのため、入院が不要で外来で投与ができるといったメリットがあります。

 

あとがき

エルプラットは元々、大腸がん、膵臓がん、胃がんに適応を有していましたが、今回小腸がんが追加されました。

既に公知申請が了承されていたため、2018年4月頃より保険償還が可能だったようです。

 

稀な疾患ではありますが、これまで治療法が無かったので、患者さんにとっては朗報ではないでしょうか。

以上、今回は小腸がんとエルプラット(オキサリプラチン)の作用機序についてご紹介しました。

 
参考になったら記事をシェア!
   

★おススメの関連記事&広告


※新薬情報オンラインの更新情報は、facebookページtwitterにて配信しています。

-4.消化器系, 12.悪性腫瘍
-,