疾患・作用機序まとめ 新薬承認・薬価収載

2014年・2015年・2016年に承認された新薬のランキング

おススメ記事|薬剤師の稼げる副業3選

本記事では2014年~2016年に承認された新薬のうち、注目の新薬をランキング形式としてご紹介します。

 

当サイトは2017年から始動していますが、前身は2014年頃からFacebookページ(新薬情報)で情報発信していました。

今回ご紹介する注目の新薬ランキングはFacebookの「いいね!」の数を集計していますので、皆様の注目度の高かった新薬が分かるかと思います☆

 

※今後の薬剤師国家試験のヤマ・新薬対策にもお役立て頂けると思います。

2018年に承認された新薬一覧のまとめとアクセス数ランキング

続きを見る

 

2014年に承認された新薬の注目度ランキング

2014年に承認された新薬の注目度ランキングです!

ランキング医薬品名
(一般名)
承認年月効能・効果(略)作用機序
1位ジャディアンス
(エンパグリフロジン)
2014年12月2型糖尿病SGLT2阻害薬
2位ベルソムラ
(スボレキサント)
2014年9月不眠症オレキシン
受容体拮抗薬
3位ベピオゲル
(過酸化ベンゾイル)
2014年12月尋常性ざ瘡酸化剤
4位アビガン
(ファビピラビル)
2014年3月インフルエンザ
ウイルス感染症
RNA依存性
RNAポリメラーゼ阻害
5位タケキャブ
(ボノプラザン)
2014年12月胃潰瘍などカリウムイオン競合型
アシッドブロッカー
6位タペンタ
(タペンタドール)
2014年3月各種がんにおける
鎮痛
オピオイド鎮痛薬
7位ジーラスタ
(ペグフィルグラスチム)
2014年9月発熱性好中球減少症の
発症抑制
持続的
G-CSF製剤
8位コムプレラ
(リルピビリン/エムトリシタビン/テノホビル)
2014年11月HIVNNRTI+NRTI+NRTI
9位クレナフィン
(エフィナコナゾール)
2014年7月爪白癬エルゴステロール
合成阻害
10位エフィエント
(プラスグレル)
2014年3月虚血性心疾患ADP受容体阻害剤

 

上記の中で薬剤師国家試験に出題されたのは以下の2つですね。(漏れがあったらすみません)

  • ベルソムラ(スボレキサント)
  • タケキャブ(ボノプラザン)

 

  • ゾピクロン(商品名:アモバン)は、オレキシン受容体を選択的に遮断する。(101回・問155)

解答・解説

>>誤。ゾピクロンではなく、スボレキサント(商品名:ベルソムラ)の作用機序ですね!

ベルソムラ(スボレキサント)の作用機序と副作用【不眠症】

続きを見る

 

  • ボノプラザン(商品名:タケキャブ)は、壁細胞のH,K+−ATPaseのSH基と酸性環境で共有結合を形成することで胃酸分泌を抑制する。(103回・問158)

解答・解説

>>誤。これは従来のプロトンポンプ阻害薬(~プラゾール)の作用機序ですね。

ボノプラザンは、H,K+−ATPaseのカリウムチャネル部分にのみ働く、胃酸分泌抑制剤でした。

タケキャブ(ボノプラザン)の作用機序と副作用【胃潰瘍・十二指腸潰瘍、逆流性食道炎】

続きを見る

 

2015年に承認された新薬の注目度ランキング

2015年に承認された新薬の注目度ランキングです!

ランキング医薬品名
(一般名)
承認年月効能・効果(略)作用機序
1位ハーボニー
(レジパスビル/ソホスブビル)
2015年7月C型慢性肝炎/
C型代償性肝硬変
NS5A複製複合体阻害/
NS5Bポリメラーゼ阻害
2位ソバルディ
(ソホスブビル)
2015年3月C型慢性肝炎/
C型代償性肝硬変
NS5Bポリメラーゼ阻害
3位エクメット
(ビルダグリプチン/メトホルミン)
2015年9月2型糖尿病DPP-4阻害薬/
ビグアナイド系薬
4位オプジーボ
(ニボルマブ)
2015年12月肺がんPD-1阻害薬
(免疫チェックポイント阻害薬)
5位ピートルチュアブル
(スクロオキシ水酸化鉄)
2015年9月高リン血症リン吸着薬
6位トルリシティ
(デュラグルチド)
2015年7日2型糖尿病GLP-1アナログ製剤
7位イフェクサー
(ベンラファキシン)
2015年9月うつ病SNRI
8位ザファテック
(トレラグリプチン)
2015年3月2型糖尿病DPP-4阻害薬
(初の週1回投与製剤)
9位ムルプレタ
(ルストロンボパグ)
2015年9月慢性肝疾患トロンボポエチン受容体作動薬
10位エリキュース
(アピキサバン)
2015年12月静脈血栓塞栓症Xa因子阻害薬
(DOAC)

 

上記の中で薬剤師国家試験に出題されたのは3つですね。(漏れがあったらすみません)

  • ソバルディ(ソホスブビル)
  • ハーボニー配合錠(レジパスビル/ソホスブビル)
  • オプジーボ(ニボルマブ)

 

  • ソホスブビル(商品名:ソバルディ)は薬剤性の肝障害で使用する。(103回・問333改)

解答・解説

>>誤。ソホスブビルは、C型肝炎の治療薬でしたね。

ソバルディ(ソホスブビル)の作用機序【C型肝炎】

続きを見る

 

まだ出題はされていませんが、ハーボニー配合錠は2017年に起こった「偽薬流通事件」が有名ですよね。

もしかすると、国家試験で今後問われることがあるかもしれません。

 

木元 貴祥
しっかりと第104回でハーボニーも出題されました!予想的中!

 

  • レジパスビルは、キャップ依存型エンドヌクレアーゼを阻害する。(104回・問158)

解答・解説

>>誤。キャップ依存型エンドヌクレアーゼ阻害薬は、インフルエンザ治療薬のバロキサビル(商品名:ゾフルーザ)の作用機序ですね!

ゾフルーザ(バロキサビル)の作用機序・耐性:類薬との比較【インフルエンザ治療薬】

続きを見る

レジパスビルはC型肝炎に使用するハーボニー配合錠の有効成分です。

ハーボニー配合錠(レジパスビル/ソホスブビル)の作用機序【C型肝炎】

続きを見る

 

その他にも国家試験で問われそうな薬剤としては、2018年に京都大学特別教授の本庶佑(ほんじょたすく)氏のノーベル賞受賞に繋がった「免疫チェックポイント阻害薬」のオプジーボでしょうか。

 

木元 貴祥
こちらも予想通り、第104回に出題されています!ただ、難問でしたが・・・。
  • ニボルマブの作用機序から考えて、間接的に生じる副作用に低血糖がある。(104回・問258改)

解答・解説

>>正。直接的な副作用に間質性肺炎や甲状腺機能障害、1型糖尿病がある。これらの中でも特に甲状腺機能障害の影響(間接的)で、後々になって低血糖が現れることがある。

===================

  • ニボルマブはヒト型抗ヒトPD-1モノクローナル抗体製剤であり、CTLA-4免疫チェックポイント阻害薬であるイピリムマブとの併用で相乗効果が期待できる。(104回・問259改)

解答・解説

>>正。ニボルマブ(商品名:オプジーボ)と、イピリムマブ(商品名:ヤーボイ)は作用機序は異なるものの共に「免疫チェックポイント阻害薬」であり、T細胞によるがん細胞への攻撃を活性化する。

オプジーボとヤーボイ併用療法の作用機序【悪性黒色腫/腎/大腸/肺がん】

続きを見る

 

2016年に承認された新薬の注目度ランキング

2016年に承認された新薬の注目度ランキングです!

ランキング医薬品名
(一般名)
承認年月効能・効果(略)作用機序
1位レパーサ
(エボロクマブ)
2016年1月高コレステロール血症抗PCSK9抗体薬
2位フィコンパ
(ペランパネル)
2016年3月てんかんAMPA受容体遮断
3位ビムパット
(ラコサミド)
2016年7月てんかんNa+チャネル阻害
4位ジカディア
(セリチニブ)
2016年3月ALK陽性肺がんALK阻害薬
5位タグリッソ
(オシメルチニブ)
2016年3月EGFR陽性肺がんEGFR阻害薬
6位エピデュオ
(アダパレン/過酸化ベンゾイル)
2016年7月尋常性ざ瘡RARγ作用薬/
酸化剤
7位カイプロリス
(カルフィルゾミブ)
2016年7月多発性骨髄腫プロテアソーム阻害剤
8位リンゼス
(リナクロチド)
2016年12月便秘型過敏性腸症候群GC-C受容体作動薬
9位プラルエント
(アリロクマブ)
2016年7月高コレステロール血症抗PCSK9抗体薬
10位ルミセフ
(ブロダルマブ)
2016年7月乾癬IL-17受容体A阻害抗体

 

まだ上記薬剤は薬剤師国家試験に出題されていませんが、注目すべきはこの年に2剤承認された「抗PCSK9抗体薬」でしょうか。

  • レパーサ(エボロクマブ)
  • プラルエント(アリロクマブ)

 

両薬剤共に2018年に適応拡大やエビデンス追加等が行われているため、どちらが出題されても不思議ではありませんね。

プラルエント(アリロクマブ)の作用機序と副作用【高脂血症】

続きを見る

 

最後に

本記事では2014年~2016年に承認された注目の新薬をFacebookの「いいね数」順にランキングで紹介しました!

 

現場で働く医師・薬剤師の方々はもちろん、薬学生の国家試験対策として少しでも参考になれば本望です☆

 

副業をしていない薬剤師は損?

薬剤師の副業 本当に稼げるおススメ3選と注意事項を解説!

続きを見る

失敗しない薬剤師の転職とは?

数多く存在する薬剤師専門の転職エージェントサイト

どこに登録したらいいのか悩むことも少なくありません。そんな転職をご検討の薬剤師さんに是非見ていただきたい記事を公開しました。

  • 新薬情報オンラインの薬剤師2名が実際に利用・取材!
  • 各サイトの特徴等を一覧表で分かりやすく掲載!
  • 絶対にハズレのない厳選の3サイトを解説!

上手に活用してあなたの希望・条件に沿った【失敗しない転職】を実現していただけると嬉しいです!

薬剤師の転職サイト3選|評判・求人特徴とエージェントの質を比較

続きを見る



  • この記事を書いた人

木元 貴祥

【保有資格】薬剤師、FP、他
【経歴】大阪薬科大学卒業後、外資系製薬会社「日本イーライリリー」のMR職、薬剤師国家試験対策予備校「薬学ゼミナール」の講師、保険調剤薬局の薬剤師を経て現在に至る。

今でも現場で働く現役バリバリの薬剤師で、薬のことを「分かりやすく」伝えることを専門にしています。

プロフィール・運営者詳細
お問い合わせ・仕事の依頼
私の勉強法紹介

Twitter(フォロワー3,000人超)とFacebook(フォロワー15,000人超)でも配信中!

-疾患・作用機序まとめ, 新薬承認・薬価収載
-

Copyright© 新薬情報オンライン , 2020 All Rights Reserved.