☆薬学部 国試・進級

薬学部、進級・定期試験対策~過去問題の活用法~

更新日:

こんにちは!メディカルキャンパスです。

 

薬学部サバイバル!留年せずに卒業する方法

の記事では、定期試験の過去問題の重要性について説明していました。

 

本記事では、手に入れた過去問題をどのように活用し、定期試験をクリア、進級へと結びつけていくかについて紹介して参ります!

 

再試験対策記事をご覧になりたい場合は、以下の記事をご覧ください。

 

<スポンサーリンク>

進級・定期試験対策、過去問題の活用STEP1


定期試験の過去問題を手に入れた、という前提で話を進めます。

 

過去問題に対して、最初に行うことは「解答の作成」です。

これは、誰かが作ったものをもらっても良いですし、自分で作っても構いません。
(※効率化のためには、複数人のチームで、科目を分担して、みんなで作成するのが理想です)

 

作成の際のポイントは、過去問題に対して「解く」意識は、不要だということです。解こうとすると、余計な時間がかかり、また分からない問題だらけなので、焦燥感や不安が強くなります。

いくら、授業を真面目に受けていた、と言ってもいきなり定期試験の過去問題で「分かる!解ける!」なんていうのは、普通は無理です。

それほどまでに、大学での学習内容は、難度が高いのです。

 

最初のSTEPとしては、授業の資料、過去の資料、インターネットなど調べながらでもなんでも、まずは「なるべく正確な解答を作成する」ということが大切なのです。

この解答は、テスト4~5回分は、作成したいところ。

 

★解答作成のコツ★

作成する過去問題の解答が、単純に「この記述はマル!」「この記述はバツ!」と記載するだけであれば、学習効果は、1/3程度に減少してしまいます!

 

計算が必要な科目では難しいと思いますが、

記述の中の、「どの部分がバツなのか?」「正しくはどう直せるのか?」「関係する解説は?」など

分かる範囲で、また調べながらで大丈夫なので、できるだけ「内容の濃い解答」を作成することが定期試験を乗り越え、進級するための第一歩です。

 

進級・定期試験対策、過去問題の活用STEP2

STEP1で解答が作成できたら、次にすべきことですが…

おおっと、ストップ!!

…まだ、「解く」のは早いんです。

 

次にすべきことは、

「作成した解答を、ひたすら暗記」

していくことです!

 

この際に、授業の資料を見ながら、周辺知識の暗記もセットでできると良いでしょう。

覚えにくいところがあれば、自分なりに「まとめ作り」をしても良いですね。

 

と、いうことで

STEP2は、「作成済みの解答とにらめっこ」が正解です。
※「まず解答を暗記する」という学習方法は、NHKテレビ番組のニューペンゼミでも特集がありました!高い効果が期待できますので、ぜひお試しください♪

 

<スポンサーリンク>

進級・定期試験対策、過去問題の活用法STEP3


さあ、テスト勉強もいよいよ大詰めです!

いよいよSTEP3で、これまで暗記してきた内容がしっかり定着しているのか

実際に「解いて」いきます。

 

解き方は、綺麗な状態の問題用紙があれば、それを使って、回答を書き込んでいきます。

なければ、これまで使用していた過去問題に対して、解答の部分を手や紙で隠して、

答えが思い浮かぶか?書き出すことができるか?を確認しましょう。

 

そして、この段階で間違えてしまう場合は、

間違えた箇所のみ、STEP2に戻りましょう。

暗記と演習を繰り返し、強固な知識にしていきましょう!!

 

薬学生へのメッセージ

薬学生のみなさま、テスト勉強、いつもお疲れ様です。

まだ1回生の方や、入学前の高校生の方は、少しでもイメージ掴めましたでしょうか?

ここでら私からのお願いですが、↑上記のように作成した資料は、ぜひ、みんなで共有してください。

 

もちろん、せっかく頑張って作った資料を「無料で、渡せ!」とは、言うつもりはありません。

そうですね、お昼ご飯を奢ってもらうくらいでいかがでしょう?

 

私も、家庭教師で、多くの生徒を担当していますが、

「資料が回ってこない」

「過去問が手に入らない」

と言う声を良く聞きます。

 

お願いです、良い資料ができたら、周りに声をかけてあげてください!

きっと、みんなが困っていると思うので、ちょっとためらうかもしれませんが、声をかけてあげてください。

 

意外と、かなり喜んでもらえるはずです。きっと、この記事を読んでいる皆さんだって、「過去問持ってる?」って声をかけられたら嬉しいでしょう?

↑周りに声をかけていると、自分が困った時に、きっと周りからも助けてもらえます。

 

薬学部で大切なのは助け合いです。

ぜひ、みんなで、進級・卒業を目指して頑張ってください!!

 

【お問合せ】薬学部専門・家庭教師

★ご相談は、お気軽にどうぞ。抱え込まずにご連絡ください★
お問い合わせフォームは>> コチラ

参考になったらシェアいただけると嬉しいです!
   

★おススメの関連記事&広告


※新薬情報オンラインの更新情報は、facebookページtwitterにて配信しています。
  • この記事を書いた人

木元 貴祥

大阪薬科大学 卒。外資系製薬メーカー(MR)、薬剤師国家試験予備校講師、調剤薬局薬剤師を経て現在に至る。今でも現場で働く現役バリバリの薬剤師です。薬のことを「分かりやすく」伝えることを専門にしています。FP資格あり。

-☆薬学部 国試・進級
-,

Copyright© 新薬情報オンライン , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.