☆薬学部 国試・進級

薬学部:留年・進級対策の家庭教師について

更新日:

こんにちは!メディカルキャンパスです。

 

薬学部サバイバル!留年しないで卒業する方法(永久保存版)

にて、学習を進めるためのノウハウをお伝えしていましたが、私が薬学部の留年・進級対策のスカイプ家庭教師をしていることから、

 

どのような授業をして、サポートしているのか?ご紹介致します。

 

元々、大手予備校で講師をしていたので、その経験を活かした指導をしています!

※家庭教師のシグマプラスと提携しています。複数の教科に対応しておりますので、お気軽にご相談ください。

 

<スポンサーリンク>

薬学部留年・進級対策/家庭教師の手法:内容理解編


当たり前のことですが、留年・進級の対策では、大学の定期試験をクリアしていかないといけません。

これが、各大学によって難度は様々なのですが、学期が始まると同時に

該当科目の「定期試験の過去問題」を受講生の方に集めてもらい、私の自宅まで郵送してもらいます。

 

一通り目を通した後、その内容を基に、

予備校から発売している、国家試験対策用「まとめテキスト」にて授業しています。

 

まとめテキストで、おおまかな内容を把握できれば、

大学でのテキストが理解できるようになったり、

また定期試験の過去問題が、丸暗記ではなく「理解」しながら解けるようになります。

この、「理解」を促すことによって、短期的な記憶ではなく、長期的な記憶を促します。

 

薬学部留年・進級対策/家庭教師の手法:解法説明編

テストが近づいてくると、いよいよ過去問題の解説に入ります。

友人や先輩から、過去問題の解答が手に入らなかった時には、私が作成することもあります(汗)

とにかく、スムーズに進級してもらうためなら、何でもやる覚悟です…

 

授業では、単順に正解!不正解!といった流れではなく、

なぜそれが正解なのか?どこがポイントなのか?不正解の記述は、正しくはどう直せるのか?

そこまでを解説しています。

 

解説できない箇所はどうするか?


とは言っても、どうしても私にも解説できない部分もございます…

国家試験よりもかなり深い、その大学独特の内容

単純に、時間が足りないことも。

 

そんな場合には、

大学内の授業プリントの「どこを見て、どこを覚えれば良いのか?」の指示

予備校が展開しているeラーニングの併用を勧めることもあります。

とにかく、試験合格のためのあらゆる手法を、一緒に考えます。

 

<スポンサーリンク>

留年・進級対策の家庭教師としての実績

実績は100%、といえないのが悲しいところですが、

進級成功率は、過去5年間で95%程度です。

テスト開始までに、「2ヶ月以上」指導期間を頂いている場合であれば、100%進級はさせてあげられてます。

 

どうして、薬学部の家庭教師をしているのか?


私は薬剤師という仕事が好きです。

目指す学生のみなさんには、ぜひ、この医療の舞台に立って、活躍してほしいと思っています。
(授業の合間に、患者さんの話や、薬剤師の意義など、脱線してしまうこともあります…(汗))

 

ですが、

・頑張りたいのに、その方法が分からない

・薬剤師になりたいと思っていたのに、友人関係が原因で学校に行けなくなってしまった

 

そんな理由で足踏みしている生徒さんの話を聞くと…

「なんて、もったいない!」

と思ってしまう訳です。

 

倫理観を持って、社会で頑張りたいという気持ちがあるなら、私は全力で応援したい。そんな気持ちでやっています。
(私の授業を受けた生徒さんは、「ああ…そういえば、こんな話が多いなぁ」と思うはずです^^;)

 

進級への心構え

以前のブログでもお伝えしていますが、薬学部の進級、卒業は簡単なことではありません。

 

周りの流れ通りにやっていれば何とかなる!という甘いものでもないので、

「自分は危ないかも??」と少しでも思う方は、少しでも早めの準備!早めの勉強!で対処していきましょうね。

 

★ご相談は、お気軽にどうぞ。抱え込まずにご連絡ください★
お問い合わせフォームは>> コチラ

 

★薬学部進級対策・定期試験、過去問題の活用法はこちらをご参考ください。

 

★CBT対策については、こちらをご参考ください。

参考になったらシェアいただけると嬉しいです!
   

★おススメの関連記事&広告


※新薬情報オンラインの更新情報は、facebookページtwitterにて配信しています。
  • この記事を書いた人

木元 貴祥

大阪薬科大学 卒。外資系製薬メーカー(MR)、薬剤師国家試験予備校講師、調剤薬局薬剤師を経て現在に至る。今でも現場で働く現役バリバリの薬剤師です。薬のことを「分かりやすく」伝えることを専門にしています。FP資格あり。

-☆薬学部 国試・進級
-, ,

Copyright© 新薬情報オンライン , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.