1.中枢神経系 ☆治験募集

サインバルタ(デュロキセチン)の作用機序と副作用【うつ病】

更新日:

今回は「うつ病、うつ状態」を効能・効果とするサインバルタカプセル20mg/同30mg(一般名:デュロキセチン)についてご紹介します。

製薬会社

  • 製造販売元:塩野義製薬(株)
  • 販売:日本イーライリリー(株)

 

サインバルタは「SNRI」に分類されている薬剤で、以下の効能・効果も有しています。

  • 下記疾患に伴う疼痛
    • 糖尿病性神経障害
    • 線維筋痛症
    • 慢性腰痛症
    • 変形性関節症

今回はうつ病とサインバルタ(デュロキセチン)の作用機序についてご紹介します。

 


うつ病とは

仕事がうまくいかなかったり、学校の試験で悪い点を取ってしまったり、友人関係で喧嘩してしまったり、ということで気分が落ち込んだり、やる気が起きないことは誰しもが経験したことがあると思います。

このような気分の落ち込みはごくごく一般的な感情の変化です。

 

ちょっとした気分の落ち込みであれば、飲み会や買い物、友人との遊びなどで吹き飛ぶこともありますし、時間の経過で次第に回復していきます。

しかしながら、「うつ病」では憂うつな状態が2週間以上も続き、例え原因となっていた問題が解決しても気分が晴れないことが多く、次第に日常生活に支障(仕事に行けない、学校に行けない、外に出たくない、等)をきたしてしまいます。

 

うつ病の原因

脳内には「神経伝達物質」と呼ばれるものが存在しており、記憶や意欲、感情等をコントロールしています。

その中でも意欲・活力・気分などに関わっている神経伝達物質として「セロトニン」や「ノルアドレナリン」が知られていますが、うつ病ではこれら神経伝達物質の量が不足していると考えられています。

 

うつ病の治療

うつ病をそのまま放っておいてしまうと、悪化して治りにくくなり、その後の日常・社会生活に大きな悪影響を与えてしまう可能性があります。

従って、できるだけ早く治療を開始することが大切です。

 

うつ病の治療は、

  • 休養
  • 薬物治療
  • 精神療法

を中心に行われます。

特に、「休養」は最も重要で、家で何も考えずにゆっくりリフレッシュして過ごすことが大切です。

 

症状を抑えたり、再発を抑制したりする薬物治療にはいくつか薬の種類がありますが、中心となるのは「抗うつ薬」です。

それではここからサインバルタの作用機序についてご紹介します!

 

サインバルタ(デュロキセチン)の作用機序

前述のように、うつ病の患者さんは脳内の神経伝達物質であるセロトニンノルアドレナリンの量が減っていることによって発症すると考えられています。

セロトニンやノルアドレナリンは神経細胞から脳内に放出された後、再び神経細胞内へと回収されます。

この神経細胞内へと回収される過程を“再取り込み”と呼んでおり、セロトニン/ノルアドレナリンのトランスポーターが関与しています。

 

サインバルタは、これらセロトニンノルアドレナリンの“再取り込み”に関与するトランスポーターを選択的に阻害する薬剤です。

再取り込みを阻害することで脳内のセロトニンとアドレナリン量を増やし、うつ病を改善する、といった作用機序です。

 

このような選択的セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬のことを“SNRI(エスエヌアールアイ)”と言います。

 

サインバルタの副作用と注意事項

主な副作用としては主な副作用は、悪心、傾眠、口渇、頭痛、便秘、下痢、めまいなどがあります。

また、自殺念慮、自殺企図のリスクが高くなる可能性もありますので、服用にあたっては十分に注意が必要です!

 

その他、「モノアミン酸化酵素(MAO)阻害剤」と併用すると副作用が増強される恐れがあるため、併用禁忌とされています。

代表的なMAO阻害剤には以下があります。

 

類薬

同様の効能・効果を持つSNRIには、

があります。

 

今後はこれらSNRIの使い分け等について検討されれば興味深いと感じます。

 

以上、本日はうつ病とSNRIのサインバルタをご紹介しました☆

※治験のご案内
いくつかの抗うつ薬を飲み続けているが、うつ症状が治ったりまた出てきたり・・・そんなお悩みをお持ちの「治療抵抗性うつの方」を対象とした治験のご案内を以下のリンクで紹介しています。

治療抵抗性うつ・治験のご案内

参考になったらシェアいただけると嬉しいです!







新薬情報
新薬情報オンラインを運用していると、生徒さんや勤務している薬局薬剤師さんから「どうやって医療ニュースや薬剤情報を入手しているのですか?」と聞かれることがしばしばあります。

 

私は網羅的に医療情報を把握することが大事だと考えていますので、毎朝、m3.com日刊薬業ミクスOnline日経メディカルなどをチェックするようにしています。

特にm3.comでは最新の医療ニュースや臨床ニュース(例:2019年4月に改訂された高血圧GL等⇒)が迅速に配信されていて非常に役立っています。

薬剤師のあなたに役立つ以下のような情報が満載ですので、良かったら覗いてみてくださいね。

m3.comの特徴を確認(登録は無料)

★おススメの関連記事



  • この記事を書いた人

木元 貴祥

【保有資格】薬剤師、FP、他
【経歴】大阪薬科大学卒業後、外資系製薬会社「日本イーライリリー」のMR職、薬剤師国家試験対策予備校「薬学ゼミナール」の講師、保険調剤薬局の薬剤師を経て現在に至る。

今でも現場で働く現役バリバリの薬剤師で、薬のことを「分かりやすく」伝えることを専門にしています。

プロフィール・運営者詳細
お問い合わせ・仕事の依頼
薬剤師資格の確認

TwitterとFacebookでも配信中!

-1.中枢神経系, ☆治験募集
-,

Copyright© 新薬情報オンライン , 2019 All Rights Reserved.