9.眼疾患

アイリーア(アフリベルセプト)の作用機序【加齢黄斑変性】

更新日:

今回は眼科領域でよく使用されるアイリーア硝子体内注射液40mg/mL(一般名:アフリベルセプト)についてご紹介します。

製薬会社

  • 製造販売元:バイエル薬品(株)
  • 販売元:参天製薬(株)

 

アイリーアは以下の適応を有している薬剤で、眼の硝子体に注射して投与します。

  • 中心窩下脈絡膜新生血管を伴う加齢黄斑変性
  • 網膜静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫
  • 病的近視における脈絡膜新生血管
  • 糖尿病黄斑浮腫

 

今回の記事では「加齢黄斑変性」の疾患解説と共に、アイリーアの作用機序についてご紹介します☆

 


眼の構造と黄斑(中心窩)

眼の構造は以下のイラストの通りですが、網膜の中心には「黄斑」と呼ばれる部位があります。

黄斑は視細胞が密集しているため、モノを見るための視機能では最も重要な部位とされています。

 

黄斑の中心は中心窩(“ちゅうしんか”と読みます)と呼ばれ、ここには視細胞が最も密集しているため特に重要です。

 

加齢黄斑変性の病態と症状

加齢黄斑変性は、黄斑が加齢とともに障害を受け、視力の低下や視力異常をきたす疾患です。

 

50歳以上の男性に好発し、日本では増加傾向にあります。また加齢黄斑変性は失明(中途失明)の原因の上位を占めています(中途失明の第1位は緑内障)。

発症のリスク因子としては「喫煙」や「肥満」がありますので、「目の生活習慣病」とも呼ばれています。

 

症状としては

  • 物が歪んで見える
  • 視野の中心が暗くて見えにくくなる
  • 視力が低下する

などがあります。

 

多くの場合、症状は片眼から現れますが、両眼で見ているとなかなか症状に気付かずに、発見が遅れることもあります。

 

加齢黄斑変性の分類と原因

加齢黄斑変性には以下の2種類があり、原因が異なっています。

  • 萎縮型:黄斑組織が加齢によって萎縮していく。進行は遅い
  • 滲出型:脈絡膜新生血管による。進行が速い

 

多くの場合、「滲出型」と言われていますので、滲出型について解説します。

 

網膜のすぐ下には「脈絡膜」が存在していますが、網膜に老廃物が増えていくと、これを除去するために脈絡膜から新たな血管が作成されます。このように新たな血管が作られることを「新生血管」と呼んでいます。

しかし、病的で異常な新生血管は非常に脆く、血液成分が漏れ出してしまうことで、水分などが異常に貯まって浮腫となり、黄斑に障害をきたします。

 

異常な新生血管には「VEGF(血管内皮増殖因子)」と呼ばれる因子や、PlGF(胎盤増殖因子)が関わっていると考えられています。

これらが過剰に分泌されることで脈絡膜新生血管が引き起こされ、滲出型の加齢黄斑変性が発症します。

 

加齢黄斑変性の治療

萎縮型は進行が遅いことから、特に治療は行われません。

しかし、滲出型に移行することもありますので、定期的な検査によって異常がないかを調べておく必要があります。

 

滲出型では、以下の治療法が行われます。

  • 抗VEGF療法
  • レーザーによる光線力学的療法
  • レーザーによる光凝固法

 

今回ご紹介するアイリーアは「抗VEGF療法」に分類されています。

 

アイリーア(アフリベルセプト)の作用機序

アイリーアは遺伝子組換え融合糖タンパク質製剤であり、以下の血管増殖因子を阻害する薬剤です。

  • VEGF-A
  • VEGF-B
  • PlGF

 

新生血管の形成に関わる因子を阻害することで、異常な新生血管を抑制し、滲出型の加齢黄斑変性の症状を改善するといった作用機序を有しています!

 

根拠となったエビデンス:VIEW1試験・VIEW2試験

根拠となった臨床試験には、以下の2試験があります。1)

  • VIEW1試験:海外第Ⅲ相試験
  • VIEW2試験:日本を含む国際共同第Ⅲ相試験

 

いずれの臨床試験もルセンティス(一般名:ラニビズマブ)に対するアイリーアの非劣性を検討した試験です。

1年目までの投与間隔や用量については以下の4群で検討されました。

  • アイリーア2mg 8週毎(最初の3回は4週毎)
  • アイリーア2mg 4週毎
  • アイリーア0.5mg 4週毎
  • ルセンティス0.5mg 4週毎

 

両試験の主要評価項目は「1年目に視力が維持されていた*患者さんの割合」とされました。

承認用量である「アイリーア2mg 8週毎(最初の3回は4週毎)」群とルセンティス群の結果は以下の通りでした。

試験名VIEW1試験VIEW2試験
試験群アイリーア2mg
8週毎
ルセンティス0.5mg
4週毎
アイリーア2mg
8週毎
ルセンティス0.5mg
4週毎
1年目に視力が維持されていた*患者さんの割合95.1%94.4%95.6%94.4%
群間差:-0.7% [-4.5%~3.1%]
非劣性が証明
群間差:-1.1% [-4.8%~2.6%]
非劣性が証明

*ETDRS視力検査表による評価

 

以上の結果より、ルセンティスとアイリーアの治療効果は同程度ということが示されています。

なお、副作用についてもいずれの群において同程度であったとされています。

 

類薬とあとがき

同様の作用機序を持つ薬剤としてルセンティス(一般名:ラニビズマブ)があります☆

アイリーアはVEGF-A、VEGF-B、PlGFを阻害しますが、ルセンティスはVEGF-Aのみを阻害します。

 

臨床試験1)では、ルセンティスに対するアイリーアの非劣性が証明されているため、治療効果としては同程度だと考えられます。

今後は使い分け等が検討されれば興味深いと感じます。

 

ちなみにアイリーアの有効成分のアフリベルセプトは大腸がんの治療薬としてもザルトラップという製品名で使用されています。

 

以上、今回は加齢黄斑変性症とアイリーア(アフリベルセプト)の作用機序についてご紹介しました。

 

引用文献・資料等

  1. VIEW1試験・VIEW2試験:Ophthalmology. 2012 Dec;119(12):2537-48.
参考になったらシェアいただけると嬉しいです!








★おススメの関連記事


薬剤師さんに自信を持っておススメできます!

\ 業務に活かせる /

こんな情報を配信!

  • 薬局で使える行動心理学を紹介
  • マネジメントスキルの解説
  • 役立つセミナー情報の配信
  • 成功している薬剤師・薬局さんのインタビュー

服薬指導、接客、職場の人間関係のヒントになる無料のメールマガジンです。

私も拝読していますが、なかなか普段の業務では知れない内容が多くて面白いですよ(特に行動心理学)。是非薬剤師のあなたも覗いてみてくださいね。|ω・`)

現場薬剤師のための課外授業

  • この記事を書いた人

木元 貴祥

【保有資格】薬剤師、FP、他
【経歴】大阪薬科大学卒業後、外資系製薬会社「日本イーライリリー」のMR職、薬剤師国家試験対策予備校「薬学ゼミナール」の講師、保険調剤薬局の薬剤師を経て現在に至る。

今でも現場で働く現役バリバリの薬剤師で、薬のことを「分かりやすく」伝えることを専門にしています。

プロフィール・運営者詳細
お問い合わせ・仕事の依頼
薬剤師資格の確認

TwitterとFacebookでも配信中!

-9.眼疾患
-, , ,

Copyright© 新薬情報オンライン , 2019 All Rights Reserved.