☆薬学部 国試・進級

薬剤師国家試験対策!押さえておきたい「過去問」勉強法

更新日:


こんにちは!メディカルキャンパスです。

年度末に実施される薬学生最大の試練、薬剤師国家試験

今回は国家試験の勉強法について紹介していきます!

 

<スポンサーリンク>

過去問、模試、卒試、色々あるけど、どんな問題を解けば良いの?

薬剤師国家試験の勉強を進めていると、

  • 国家試験過去問
  • 卒業試験過去問
  • 大学のオリジナル練習問題
  • 模擬試験問題

など数多くの問題に遭遇しますよね。

この中で、最優先中の最優先、むしろ「取り組むのはこれだけでも良いよ」というのが

「薬剤師国家試験過去問」です。本記事では、この過去問を使った勉強法について取り上げます!

 

薬剤師国家試験対策の勉強には過去問が最重要!

断言しますが、薬剤師国家試験の過去問の勉強だけで、

卒業試験も、模擬試験も80%は得点できます。 卒業試験合格のために、「卒業試験」の過去問ばかりを解く必要は、全くございません。
※詳しくは薬学部卒業試験の罠?卒業したければ、コレをやれ!をご参照ください。

卒業試験や模擬試験は、受験後に…気になる問題の振り返り、弱点範囲の確認、合格までに何点足りないか?などの分析は実施して欲しいのですが、

  • 全問解き直す
  • 解説を全部読む

といった勉強は、不要です。特に卒業試験問題には解答・解説がないケースも多いため、無理に確認作業を行おうとすると、蟻地獄のように時間を浪費する恐れがあります。

卒業試験、模擬試験、そして受験する薬剤師国家試験問題は、全て薬剤師国家試験の過去問をベースに作られています。

自信を持って、薬剤師国家試験過去問をマスターしてください。

 

気になる薬剤師国家試験、過去問での勉強法

ただしかし、薬剤師国家試験の過去問を「丸暗記」するだけでは、勉強になりません。

解き方、取り組み方も重要です。

例えば、

【問1 プロプラノロールは、非選択的に β 受容体を刺激する。】

という問題があったとしましょう。

答えは×になりますが、ただ×をつけるだけでなく、是非問題集やノートに

  • プロプラノロールは非選択的に β を遮断
  • 非選択的 β 刺激薬には、イソプレナリン、イソクスプリンがある(β作用を強める、イソプロピル基の「イソ」が目印)

など、後から見ても自分が理解できる程度の、「解説メモ」を残すよう心がけましょう!これは全科目共通です。

この勉強法でないと、理解が深まらず、なかなか点数は伸びないのです!

そして、大切なことを、もう一つ。

問題集を進めながら…

① 次に解いても絶対に正解できる、簡単に感じた問題・・・○
② 正解できたけど、次は間違えるかもしれない問題・・・△
③ 間違えた問題・・・×

と各問題に、〔 ◯△× 〕などのマークを振っていきましょう。

問題集を繰り返し解き直すことは、非常に重要ですが、上記の①に該当する問題を解き直したところで、時間の無駄となってしまいます。

薬剤師国家試験合格への道のりは時間との勝負でもあります。成果と効率を求めて学習していくことが大切です!!

 

最後に

最終的には
・年数は直近から8年分以上
・領域別(科目別)の問題集を2周と、回数別(年度別)の問題集を1周で、計3周程度

の演習量がお勧めです。

この度、家庭教師で担当している薬学生が、薬剤師国家試験過去問の追い込み時期に入りまして、「この勉強法で取り組んでほしい!」ということをまとめました。

同じように悩まれている受験生の方に、少しでも参考になれば幸いです^^

★ご相談は、お気軽にどうぞ。
お問い合わせフォームは>> コチラ

★卒業試験対策についてはこちらをご参考ください。

★メディカルキャンパスの指導内容

参考になったらシェアいただけると嬉しいです!
   

★おススメの関連記事&広告


※新薬情報オンラインの更新情報は、facebookページtwitterにて配信しています。
  • この記事を書いた人

木元 貴祥

大阪薬科大学 卒。外資系製薬メーカー(MR)、薬剤師国家試験予備校講師、調剤薬局薬剤師を経て現在に至る。今でも現場で働く現役バリバリの薬剤師です。薬のことを「分かりやすく」伝えることを専門にしています。FP資格あり。

-☆薬学部 国試・進級
-, ,

Copyright© 新薬情報オンライン , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.