3.呼吸器系

ラパリムス錠(シロリムス)の作用機序と副作用【リンパ脈管筋腫症】

2014年7月4日、厚生労働省は「リンパ脈管筋腫症」を効能・効果とするラパリムス錠1mg(一般名:シロリムス)を承認しました。

今回はリンパ脈管筋腫症とラパリムス(シロリムス)の作用機序についてご紹介します。

 

リンパ脈管筋腫症(LAM)とは

リンパ脈管筋腫症(LAM:lymphangioleiomyomatosis)は、異常な平滑筋様細胞(LAM細胞)が、肺・リンパ節・腎臓などで増殖する疾患です。

LAM細胞が肺の組織を破壊することにより肺に小さな穴が複数生じることが特徴の疾患で、厚労省の難病指定に認定されています。

 

主に妊娠可能な年代の女性が発症する非常に稀な疾患で、平均発症年齢は30歳台中頃と言われています。

リンパ脈管筋腫症には、結節性硬化症(TSC)に伴って発生する「TSC-LAM」と、伴わないで単独で発生する「孤発性LAM」の2種類があります。

結節性硬化症については、以下の記事をご覧ください。

 

リンパ脈管筋腫症(LAM)の症状と治療

主な症状は肺の病変により出現するもので、労作時の息切れ、咳、痰、血痰、喘息様の喘鳴、などです。

また、肺が破れて空気が漏れる気胸を生じることがあり、胸痛や呼吸困難がみられます。

このような症状や合併症のある場合はその対処療法としての治療を行います。

酸素が低下し呼吸不全となった場合は酸素の吸入、繰り返す気胸には胸膜の癒着や外科的治療が必要です。

このように今までは対処療法としての治療しかなく、根本的な原因治療はありませんでした。

 

リンパ脈管筋腫症(LAM)の原因

通常、正常な細胞が増殖する際に、様々な因子・遺伝子によって増殖の度合いがコントロールされています。

正常細胞に増殖因子が作用すると、細胞内では刺激が伝達(“シグナル伝達”と言います)され、途中、「mTOR(“エムトール”と読みます)」を経由して核に伝わります。

刺激が核に伝わると、細胞の増殖が活性化されます。

また、このmTORの働きをコントロールしている遺伝子に「TSC1遺伝子」と「TSC2遺伝子」が知られています。

これらの遺伝子は、mTORが過剰に活性化しないようにブレーキのような役割を担っています。

そのため、正常細胞では過剰な増殖は起きず、必要な分だけ増殖するようにコントロールされています。

 

リンパ脈管筋腫症では
LAM細胞のTSC1遺伝子またはTSC2遺伝子が変異してしまっているため、mTORのブレーキがかからなくなってしまっています。

そのため、mTORが常に活性化している状態になり、LAM細胞の増殖が活性化されることで様々な症状の発現・リンパ脈管筋腫症の進行が引き起こされます。

 

ラパリムス(一般名:シロリムス)の作用機序

ラパリムスはmTORを選択的に阻害する薬剤です。

LAM細胞で過剰に活性化しているmTORの働きを抑制することで、LAM細胞の増殖が抑制され、リンパ脈管筋腫症の症状緩和につながると考えられます。

 

ラパリムス(一般名:シロリムス)の副作用

ラパリムスの主な副作用には、口内炎、鼻咽頭炎、上気道炎症、発疹、下痢、頭痛などがあります。

重篤な副作用には間質性肺疾患重度の感染症がありますので特に注意が必要です。

 

あとがき

このように今まで治療法がなかったリンパ脈管筋腫症に初めての治療薬がラパリムスですので患者さんにとっては朗報ではないでしょうか☆

以上、今回は稀な疾患ではありますが、リンパ脈管筋腫症とラパリムスの作用機序についてご紹介しました!

副業をしていない薬剤師は損?

薬剤師の副業 本当に稼げるおススメ3選と注意事項を解説!

続きを見る

失敗しない薬剤師の転職とは?

数多く存在する薬剤師専門の転職エージェントサイト

どこに登録したらいいのか悩むことも少なくありません。そんな転職をご検討の薬剤師さんに是非見ていただきたい記事を公開しました。

  • 新薬情報オンラインの薬剤師2名が実際に利用・取材!
  • 各サイトの特徴等を一覧表で分かりやすく掲載!
  • 絶対にハズレのない厳選の3サイトを解説!

上手に活用してあなたの希望・条件に沿った【失敗しない転職】を実現していただけると嬉しいです!

薬剤師の転職サイト3選|評判・求人特徴とエージェントの質を比較

続きを見る

コロナ渦で改定しました。



薬剤師の勉強・情報収集に役に立つサイト・ブログ8選【無料】

薬学生のための就活オンライン合同説明会

具体的な内容はコチラ

  • この記事を書いた人

木元 貴祥

【保有資格】薬剤師、FP、他
【経歴】大阪薬科大学卒業後、外資系製薬会社「日本イーライリリー」のMR職、薬剤師国家試験対策予備校「薬学ゼミナール」の講師、保険調剤薬局の薬剤師を経て現在に至る。

今でも現場で働く現役バリバリの薬剤師で、薬のことを「分かりやすく」伝えることを専門にしています。

プロフィール・運営者詳細
お問い合わせ・仕事の依頼
私の勉強法紹介

TwitterとFacebookでも配信中!インスタはくるみぱん氏とコラボ配信!

-3.呼吸器系
-,

Copyright© 新薬情報オンライン , 2021 All Rights Reserved.