◆薬剤師執筆・監修。新薬の承認情報や薬学生向けの情報を配信しています。

4.消化器系

グーフィス(エロビキシバット)の作用機序と副作用【便秘症】

2018/10/13更新
   

新薬情報オンラインです(@shinyaku_online)。

慢性便秘症(器質的疾患による便秘を除く)」を効能・効果とする新有効成分含有医薬品のグーフィス錠5mg(一般名:エロビキシバット水和物)が2018年1月19日に承認されました!

 

本日は、慢性便秘症とグーフィス(エロビキシバット)の作用機序についてご紹介します^^

 

<スポンサーリンク>

便秘の疫学

便秘の患者さんは全人口の1割程度で、治療に不満を抱く患者さんも多い疾患です。

皆様も便秘は経験されたことがあると思いますが、実際に便秘になると、、、辛いですよね・・・。

発症は年齢が高くなればなるほど割合が多くなります。

また、男女比では女性に多くいとされていますが、高齢になれば男女差は無くなっていきます

特に80歳以上では男性に多いとされています。

 

便秘の症状と種類

便秘の主症状は、腹痛、直腸残便感、腹部膨満感などがあります。

また、発症経過から「急性便秘」と「慢性便秘」に大別されています。

具体的には、排便回数の減少排便困難の状態が6カ月以上持続する場合に、「慢性便秘」と診断されます。

 

さらに原因や病態により「器質性便秘」と「機能性便秘」等に分類されています。

  • 器質性便秘:腸の形態的変化(構造異常)を伴う便秘で、胃腸の疾患によるものが多い
  • 機能性便秘:腸の形態的変化(構造異常)を伴わない便秘で、胃腸の機能低下(ストレスや運動不足、食生活)によるものが多い

一般的には機能性便秘が多いとされていますね。

 

便秘の治療

これら便秘症に対しては、

  • 生活習慣の改善(食事、運動、睡眠、飲酒など)
  • 内服薬による治療

を適宜組み合わせて行われます。

 

慢性便秘症診療ガイドライン2017では、
内服薬による治療の推奨度とエビデンスレベルは以下の通りです。

推奨度エビデンス
レベル
分類代表薬の例
推奨度1
(強い推奨)
A浸透圧性下剤酸化マグネシウム、ラクツロース、D-ソルビトール
上皮機能変容薬アミティーザリンゼス
推奨度2
(弱い推奨)
A消化管運動賦活薬ガスモチン(モサプリド)
Bプロバイオティクスビオフェルミン
刺激性下剤センノシド、アロエ、ビサコジル
C膨張性下剤ポリカルボフィルカルシウム
漢方薬大黄甘草湯、大建中湯、等

※推奨度:(1)強い推奨、(2)弱い推奨
※エビデンスレベル:A(質の高いエビデンス)からD(非常に質の低いエビデンス)まで分類

 

このように、強い推奨と高いエビデンスレベル(A)で推奨されているのは、

  • 酸化マグネシウムに代表される「浸透圧性下剤」と、
  • リンゼスに代表される「上皮機能変容薬」

です。

 

酸化マグネシウムは昔から使用経験があり、また薬価も安いため、初回の治療としてよく用いられています。

しかし、酸化マグネシウムは長期に使用すると「高マグネシウム血症」の危険性があるため、ガイドラインには以下の注意書きがあります。

マグネシウムを含む塩類下剤使用時は、定期的なマグネシウムの測定を推奨する

 

上皮機能変容薬も初回の治療として使用可能ですが、実際には酸化マグネシウムで効果不十分・高マグネシウム血症が懸念される場合に使用されるケースが多いと思われます。

 

それではここから、グーフィスが関与する胆汁酸の腸肝循環と、作用機序についてご紹介します☆

 

<スポンサーリンク>

胆汁酸とその生理機能

胆汁酸は肝臓でコレステロールから合成され、胆汁の主成分として胆嚢・胆管を経て十二指腸に分泌されます。

胆汁酸の主な役割として以下が挙げられます。

 

  1. 脂肪(コレステロール等)や脂肪性ビタミンの消化・吸収
  2. 腸粘膜に作用して蠕動運動を亢進し、緩下剤様の作用を呈する
  3. 老廃物・薬物等の排出に関与

従って、腸管内の胆汁酸が不足してしまうと、腸の蠕動運動が低下したり、老廃物をうまく体外に排出できなくなったりしてしまい、便秘を発症する可能性が高くなってしまいます。

 

胆汁酸の腸肝循環

胆汁酸は、脂肪の消化・吸収を助けた後、そのほとんどが回腸で再吸収されて肝臓に送られ再利用されています。

これを「腸肝循環」と呼んでいます。

この胆汁酸の再吸収には回腸のトランスポーターが関与しており、トランスポーターを介して胆汁酸は体内に再吸収されます

グーフィス(一般名:エロビキシバット)の作用機序

腸管内の胆汁酸が不足していると、腸の蠕動運動低下などにより便秘を発症してしまいます。

グーフィスは胆汁酸の再吸収に関与するトランスポーターを特異的に阻害するといった、新規の作用機序を有する薬剤です!

胆汁酸の再吸収が抑制されるため、腸管内の胆汁酸が増え、腸の蠕動運動が活発化すると考えられます。

それによって、自然な排便を促すことができるのがグーフィスの特徴です☆

 

エビデンス紹介(国内第Ⅲ相臨床試験)

根拠となった国内の第Ⅲ相臨床試験をご紹介します。1-2)

本試験は、慢性便秘の患者さんを対象にグーフィスまたはプラセボを1日1回14日間経口投与する群を直接比較する臨床試験です。

 

本試験の主要評価項目は「排便回数の変化量(観察期間と投与期間第1週の差)」です。

試験群プラセボ群グーフィス群
観察期間の
排便回数
1.70±0.96回1.77±0.93回
投与期間第1週の
排便回数
3.43±2.00回8.19±4.82回
排便回数の変化量
(投与期間-観察期間)
1.73±1.88回6.40±4.73回
変化量の群間差:4.69
p<0.0001

 

上記の結果より、プラセボと比較してグーフィス群で排便回数の改善効果が認められています。

 

1)グーフィス錠インタビューフォーム
2)Lancet Gastroenterol Hepatol. Volume 3, Issue 8, August 2018, Pages 537-547

 

グーフィス錠の用法・用量

用法用量は、エロビキシバットとして10mgを1日1回、食前に経口投与します。

 

グーフィス錠の副作用と注意事項

代表的な副作用には下痢や腹痛があります。

グーフィスは「P糖タンパク質(P-gp)阻害作用」を有することから、ジゴキシンなどのP-gpに関与する薬剤とは併用注意です。

 

薬価

収載時(2018年4月18日)の薬価は以下の通りです。

  • 1錠 105.80円

 

グーフィスと類薬(リンゼス、アミティーザ)との使い分け・比較

以下の記事で特徴の一覧表や使い分け・比較について紹介しています。

 

あとがき

近年では新規の便秘治療薬が続々と登場しています(アミティーザカプセルリンゼス錠)。

また、2018年には新規の浸透圧性下剤であるモビコール(一般名:マクロゴール)やラグノス(一般名:ラクツロース)も登場しました!

モビコールを含めた比較表については以下の記事をご覧ください。

 

 

治療選択肢が増えたことは患者さんにとって朗報かと思います。

以上、本日は慢性便秘症とグーフィスの作用機序についてご紹介しました♪

 
参考になったら記事をシェア!
   

★おススメの関連記事&広告


※新薬情報オンラインの更新情報は、facebookページtwitterにて配信しています。

-4.消化器系
-,