◆薬剤師執筆・監修。新薬の承認情報や薬学生向けの情報を配信しています。

(14)まとめ記事

【期待の新薬】5製品+1製品(2017年11月24日)

   

 

厚労省の薬食審・医薬品第二部会は2017年11月24日、新薬5製品の承認可否を審議し、いずれも承認を了承したと発表がありました!

その他、報告品目が1製品あり、審議無しで承認了承されています。

本日は一覧としてご紹介いたします☆

<スポンサーリンク>

【審議品目】5製品

●タシグナカプセル50mg、同カプセル150mg、同カプセル200mg(一般名:ニロチニブ塩酸塩水和物)
:「慢性期又は移行期の慢性骨髄性白血病」を効能・効果とする新用量医薬品。
小児用量が追加される予定です。

 

●ベスポンサ点滴静注用1mg(一般名:イノツズマブオゾガマイシン(遺伝子組換え))
:「再発又は難治性のCD22陽性の急性リンパ性白血病」を効能・効果とする新有効成分含有医薬品。

 

●リムパーザ錠100mg、同錠150mg(一般名:オラパリブ)
:「白金系抗悪性腫瘍剤感受性の再発卵巣がんにおける維持療法」を効能・効果とする新有効成分含有医薬品。

 

●ファセンラ皮下注30mgシリンジ(一般名:ベンラリズマブ(遺伝子組換え))
:「気管支喘息(既存治療によっても喘息症状をコントロールできない難治の患者に限る)」を効能・効果とする新有効成分含有医薬品。

 

●サチュロ錠100mg(一般名:ベダキリンフマル酸塩)
:「多剤耐性肺結核」を効能・効果とする新有効成分含有医薬品。

 

【報告品目】1製品

●キイトルーダ点滴静注20mg、同100mg(一般名:ペムブロリズマブ(遺伝子組換え))
:「がん化学療法後に増悪した根治切除不能な尿路上皮がん」を効能・効果に追加する新効能医薬品。

 

以上です。

各薬剤の詳細については追ってご紹介していく予定です☆

 
参考になったら記事をシェア!
〈スポンサーリンク〉
   

★おススメの関連記事&広告


※新薬情報オンラインの更新情報は、facebookページtwitterにて配信しています。

-(14)まとめ記事
-