9.眼疾患 10.皮膚・骨格筋

グラッシュビスタ(ビマトプロスト)の作用機序【まつげ貧毛症】

更新日:

睫毛(まつげ)貧毛症」を適応としたグラッシュビスタ外用液剤(一般名:ビマトプロスト)が2014年3月24日に承認されました☆

元々は緑内障の治療薬(点眼薬)でしたが、副作用の膝毛異常伸長に注目して開発されたのがグラッシュビスタです。

 

睫毛貧毛症に対しては初の治療薬の登場です!

 

今回は睫毛貧毛症とグラッシュビスタ(ビマトプロスト)の作用機序についてご紹介します。

 


睫毛貧毛症とは

睫毛貧毛症とは、睫毛(まつ毛)が不足していたり、不十分な状態です。

具体的には、他の人と比べて睫毛が

  • 少ない
  • 細い
  • 短い

と感じられるようでしたら睫毛貧毛症の可能性があります。

 

睫毛はご存知の通り、眼に異物や細菌・微生物が入らないようなバリア機能を担っています。

従って、睫毛貧毛症を放置してしまうと、眼の傷や眼疾患などを引き起こす可能性があります。

 

睫毛貧毛症の原因

原因には様々ありますが、

などが挙げられます。

 

特に女性では、睫毛のマスカラやビューラー、つけ睫毛、睫毛エクステなどをされている方も多くいらっしゃると思います。

上記を行う際に誤った方法や、ケアが疎かになってしまった場合に、睫毛貧毛症になってしまうこともしばしばありますのでご注意ください。

 

睫毛貧毛症の治療

治療には、

  • 睫毛ケア
  • 生活習慣改善
  • 原因疾患(乾癬・アトピー性皮膚炎)の治療
  • 薬による治療

などがあり、原因や患者さんの症状に応じて適宜組み合わせて行われます。

 

今までは薬による治療法が存在していませんでしたが、今回ご紹介するグラッシュビスタが初めて睫毛貧毛症の治療薬として登場しました!

 

グラッシュビスタ(一般名:ビマトプロスト)の作用機序

通常、睫毛は1日に3~10本は抜けると言われていますが、それと同じ量が生えて成長しています。

このような睫毛が生え、成長し、抜けるまでの過程を「毛周期(別名:ヘアーサイクル)」と呼んでいます。

 

睫毛の毛周期には、大きく分けて以下の4つの期があり、1~3か月毎に繰り返されています。

  • 成長初期:成長が始まる時期
  • 成長期:髪の毛が成長し、太く長くなる
  • 退行期:髪の毛の成長が鈍化する
  • 休止期:髪の毛が抜けていく

ちなみに髪の毛の毛周期は3~6年なので、睫毛の周期とは全然違いますね。

 

 

睫毛貧毛症では上記の何らかの原因によって、成長期が短くなってしまっていて、そのため、睫毛の成長が鈍化していると考えられています。

 

グラッシュビスタはプロスタグランジンF2αに類似した構造を有していて、睫毛の毛包に作用することで毛周期の成長期を延長すると考えられています!

成長期が延長することで、睫毛の成長が促進され、睫毛貧毛症が治療できると考えらえています。

また、グラッシュビスタは抗がん剤の副作用の睫毛貧毛症治療としても用いられることがあります。

 

グラッシュビスタの使用方法

1日1回、夜寝る前に1滴を専用のブラシに滴下し、上まつ毛の生え際に片目ずつ塗ります。

何回塗ったとしても効果は促進されませんので、1日1回を超えて塗らないよう注意してください。

 

あとがき

グラッシュビスタの有効成分であるビマトプロストは、製品名ルミガンとして2009年から緑内障、高眼圧症の点眼薬として使用されていました。

 

ルミガン治療の副作用として睫毛の成長が多く認められたことから、この適応症での開発が行われ今回承認となりました。

以前は眼科でルミガンを適応外として睫毛育毛を促進させるために使用することもあったようですが、これからは厚労省に認可されたグラッシュビスタが使用可能となります。

 

睫毛の長短は人のQOLにも関わってきますので、今後期待できる薬剤ではないでしょうか。

以上、今回は睫毛(まつげ)貧毛症とグラッシュビスタの作用機序についてご紹介しました!

参考になったらシェアいただけると嬉しいです!








★おススメの関連記事


薬剤師さんに自信を持っておススメできます!

\ 業務に活かせる /

こんな情報を配信!

  • 薬局で使える行動心理学を紹介
  • マネジメントスキルの解説
  • 役立つセミナー情報の配信
  • 成功している薬剤師・薬局さんのインタビュー

服薬指導、接客、職場の人間関係のヒントになる無料のメールマガジンです。

私も拝読していますが、なかなか普段の業務では知れない内容が多くて面白いですよ(特に行動心理学)。是非薬剤師のあなたも覗いてみてくださいね。|ω・`)

現場薬剤師のための課外授業

  • この記事を書いた人

木元 貴祥

【保有資格】薬剤師、FP、他
【経歴】大阪薬科大学卒業後、外資系製薬会社「日本イーライリリー」のMR職、薬剤師国家試験対策予備校「薬学ゼミナール」の講師、保険調剤薬局の薬剤師を経て現在に至る。

今でも現場で働く現役バリバリの薬剤師で、薬のことを「分かりやすく」伝えることを専門にしています。

プロフィール・運営者詳細
お問い合わせ・仕事の依頼
薬剤師資格の確認

TwitterとFacebookでも配信中!

-9.眼疾患, 10.皮膚・骨格筋
-

Copyright© 新薬情報オンライン , 2019 All Rights Reserved.