6.腎・泌尿器系 12.悪性腫瘍

バベンチオ/キイトルーダ+インライタの作用機序【腎細胞がん】

更新日:

根治切除不能又は転移性の腎細胞がんの一次治療としての以下の治療法がそれぞれ製造販売承認申請されています。

  • バベンチオ(一般名:アベルマブ)+インライタ(一般名:アキシチニブ)⇒2019年1月30日申請
  • キイトルーダ(一般名:ペムブロリズマブ)+インライタ(一般名:アキシチニブ)⇒2019年2月8日申請

現時点では未承認のためご注意ください。

 

新薬情報
バベンチオとキイトルーダは共に「免疫チェックポイント阻害薬」に分類されており、インライタとの併用は初ですね。

 

インライタは既に「根治切除不能又は転移性の腎細胞がん」の二次治療として承認・販売されていますが、バベンチオとキイトルーダの適応拡大に伴って、同時に適応拡大されると予想されます。

 

今回は腎細胞がんと各薬剤の作用機序、エビデンスについてご紹介します。

 


腎臓とは

腎臓は、ちょうど背骨の両側の、腰の高さのところに左右1つずつある臓器で、大きさは握りこぶしくらいのソラマメのような形をしています。

 

主な働きはご存知の通り、原尿の生成です。

原尿は「腎実質」と呼ばれる部位で血液を濾過(糸球体で濾過される)して生成されます。

その後、原尿は腎盂に集められた後に、尿管、膀胱を通っていきます。

 

腎細胞がんと治療薬

腎臓の中でも、腎実質の細胞から発生するのが腎細胞がんです。

腎細胞がんは初期では手術で取り除くことが可能ですが、肝臓や他臓器に転移が認められる場合、手術で取り除くことが困難になります。

 

一般的に、他の臓器のがんでは、手術により切除できない場合や他の臓器に転移が見られた場合には、抗がん剤による化学療法が行われます。

 

しかし、腎細胞がんの場合、これまでの抗がん剤ではがんに対する感受性が低く、一般的に化学療法が行われることはありませんでした。

かつて、薬物治療として唯一行われてきたのが、インターフェロンα(IFN-α)製剤やインターロイキン2(IL-2)製剤を用いたサイトカイン療法でした。

 

その後、分子標的治療薬として以下の薬剤が登場し、現在ではこれらの薬剤が一次治療の中心です。

 

これら薬剤の使い分けですが、下記のIMDCリスク分類(低・中・高リスク)による使い分けがよく行われています。

予後予測の6因子何項目当てはまるか
0個1-2個3個以上
  1. 初診から治療開始まで1年未満
  2. 全身状態(KPS)が80%未満
  3. 貧血
  4. 補正カルシウム値の上昇
  5. 好中球数増加
  6. 血小板数増加
低リスク中リスク高リスク

 

低リスクにはスーテントやネクサバールなどの分子標的治療薬単剤、中・高リスクにはオプジーボ+ヤーボイ併用療法が用いられることが多いです。

 

そして今回ご紹介するバベンチオ or キイトルーダ+インライタ併用療法は根拠となった臨床試験の結果から、低・中・高リスクいずれの一次治療として用いられることが想定されます。

 

新薬情報
それではここからバベンチオやキイトルーダの関与する免疫チェックポイントについて解説します。

 

がんと免疫チェックポイント

通常、がんができると生体内の免疫反応が活性化され、がん細胞を死に導こうとしますが、がん細胞はヒトの免疫機構から逃れる術をいくつか持っています。

その一つに、がん細胞ではヒトの免疫反応を抑制する「PD-L1(“ピーディーエルワン”と読みます)」を大量に発現し、免疫反応(T細胞からの攻撃)から逃れています。

 

PD-L1はT細胞のPD-1(ピーディーワン)と結合することで、T細胞の活性を抑制させる働きがある、いわば、ブレーキのような働きを担っています。

 

本来、PD-L1やPD-1はT細胞が自己を攻撃しない(自己免疫抑制作用)のために体内に存在していますが、がん細胞はそれを逆手に取っています。

これを“免疫チェックポイント”と呼んでいます。

 

新薬情報
バベンチオとキイトルーダはそれぞれ作用する免疫チェックポイントが異なっています。

 

  • バベンチオ(一般名:アベルマブ):がん細胞の「PD-L1」を阻害
  • キイトルーダ(一般名:ペムブロリズマブ):T細胞の「PD-1」を阻害

 

バベンチオ(般名:アベルマブ)の作用機序:抗PD-L1抗体

バベンチオはがん細胞の「PD-L1」を抑制することで、がん細胞のブレーキを解除させ、ヒト本来の免疫反応を活性化させます。

その結果、T細胞が、がん細胞を攻撃することでがん細胞を死に導く、といった作用機序を有しています☆

 

キイトルーダ(一般名:ペムブロリズマブ)の作用機序:抗PD-1抗体

キイトルーダは「ヒト型抗ヒトPD-1モノクローナル抗体薬」と呼ばれる、がん免疫療法薬(免疫チェックポイント阻害薬)です。

 

キイトルーダはT細胞の「PD-1」を特異的に抑制することで、がん細胞からのブレーキを解除させ、ヒト本来の免疫反応を活性化させます。

その結果、T細胞が、がん細胞を攻撃することでがん細胞を死に導く、といった作用機序を有しています。

 

インライタ(一般名:アキシチニブ)の作用機序

バベンチオやキイトルーダと併用するインライタは「血管内皮増殖因子受容体(VEGFR-1・2・3)」をターゲットとした選択的キナーゼ阻害剤に分類されています。

 

がん全般的に言えることですが、がん細胞が大きくなるためには多くの栄養素や酸素が必要となります。

 

そこでがん細胞は、自分のところに血管を無理やり作らせようとし、それに関与する因子として、がん細胞はVEGF-A、VEGF-B、VEGF-C、VEGF-D、PIGFなどの血管内皮増殖因子を放出することが知られています。

 

 

この因子が、血管の受容体(VEGFR-1、VEGFR-2、VEGFR-3)に結合すると、がん細胞に対して異常な血管が作られ(これを“血管新生”といいます)、この血管を通じてがん細胞は大量の栄養と酸素を得ることができます。

そうすることでがん細胞はどんどんと成長し、他臓器へ転移もしやすくなってしまいます。

 

インライタはVEGFR-1、VEGFR-2、VEGFR-3を選択的に阻害することでがん細胞の血管新生を抑制し、増殖を抑制できると考えられています。

 

基礎の動物実験において、VEGF経路とPD-1経路を共に阻害することで腫瘍増殖活性が増強することが知られています。1)

そこで今回のようなVEGF阻害薬(インライタ)+PD-1経路阻害薬(バベンチオやキイトルーダ)の併用療法の開発が行われてきました。

 

新薬情報
それではそれぞれのエビデンスを紹介しますね。

 

JAVELIN Renal 101試験(アベルマブ+インライタ)、KEYNOTE-426試験(キイトルーダ+インライタ)

アベルマブ+インライタの根拠は第Ⅲ相試験のAVELIN Renal 101試験2)、キイトルーダ+インライタの根拠は第Ⅲ相試験のKEYNOTE-426試験3)ですが、共に試験デザインが似ているため併せて紹介します。

 

両試験共に切除不能または転移を有する未治療の腎細胞がん患者さんを対象に、スーテント(一般名:スニチニブ)に対するアベルマブ or キイトルーダ +インライタの優越性を検証した臨床試験です。

両試験共にPD-L1陽性/陰性、IMDCリスク分類(低・中・高リスク)いずれの患者さんも対象です。

 

主要評価項目は若干違っていて、以下の通りでした。

  • JAVELIN Renal 101試験:PD-L1陽性患者さんにおけるOSとPFS
  • KEYNOTE-426試験:全例におけるOSとPFS
  • OS:全生存期間(死亡するまでの期間)
  • PFS:無増悪生存期間(がんが増悪もしくは死亡するまでの期間)

 

結果は下表にまとめてみました。

患者背景は両試験で異なるため、両試験間の比較はできません。

JAVELIN Renal 101試験KEYNOTE-426試験
スーテント群アベルマブ+
インライタ群
スーテント群キイトルーダ+
インライタ群
全例におけるOS12か月時点の
OS率:78.3%
12か月時点の
OS率:89.9%
HR=0.53, p<0.0001
PD-L1陽性例におけるOS12か月時点の
OS率:78.4%
12か月時点の
OS率:90.1%
HR=0.82, p=0.38HR=0.54
全例における
PFS中央値
8.4か月13.8か月11.1か月15.1か月
HR=0.69, p<0.001HR=0.69, p<0.001
PD-L1陽性例における
PFS中央値
7.2か月13.8か月8.9か月15.3か月
HR=0.61, p<0.001HR=0.62

 

アベルマブ+インライタは主要評価項目のうちPFSは達成しましたが、OSは未達成です。しかし、追跡期間がまだ短いため、OSについては今後の解析を待ちたいところですね。

 

一方、キイトルーダ+インライタは主要評価項目のOSとPFSを共に達成しています。PD-L1陽性例に限ってもその効果は同程度ですね。

 

新薬情報
余談ですが、この2つの臨床試験の結果は、2019年2月16日に同日「The New England Journal of Medicine」に掲載されていますよ。すごい!!

 

まとめ・あとがき

記事のまとめ

  • 腎細胞がんの一次治療として免疫チェックポイント阻害薬+血管新生阻害薬が期待される。
  • アベルマブは抗PD-L1抗体薬、キイトルーダは抗PD-1抗体薬。
  • インライタはVEGFR-1、VEGFR-2、VEGFR-3を選択的に阻害する血管新生阻害薬。

 

免疫チェックポイント阻害薬を用いた腎細胞がんの一次治療の今後の選択肢としては

  • オプジーボ+ヤーボイ併用療法
  • バベンチオ+インライタ併用療法
  • キイトルーダ+インライタ併用療法

がありますが、明確な使い分けはありません。

臨床試験の結果や副作用、PD-L1発現状況、リスク分類に応じた検討が行われることを期待したいと思います。

 

オプジーボ+ヤーボイ併用療法については以下の記事で解説していますよ。

 

新薬情報
新規のマルチキナーゼ阻害薬(カボザンチニブ)も申請されていますので、今後期待できるかもしれませんね。

 

以上、今回は腎細胞がんと各薬剤の作用機序、そして免疫チェックポイント阻害薬+インライタのエビデンス等について紹介しました!

 

参考になったらシェアいただけると嬉しいです!








★おススメの関連記事


薬剤師さんに自信を持っておススメできます!

\ 業務に活かせる /

こんな情報を配信!

  • 薬局で使える行動心理学を紹介
  • マネジメントスキルの解説
  • 役立つセミナー情報の配信
  • 成功している薬剤師・薬局さんのインタビュー

服薬指導、接客、職場の人間関係のヒントになる無料のメールマガジンです。

私も拝読していますが、なかなか普段の業務では知れない内容が多くて面白いですよ(特に行動心理学)。是非薬剤師のあなたも覗いてみてくださいね。|ω・`)

現場薬剤師のための課外授業

  • この記事を書いた人

木元 貴祥

【保有資格】薬剤師、FP、他
【経歴】大阪薬科大学卒業後、外資系製薬会社「日本イーライリリー」のMR職、薬剤師国家試験対策予備校「薬学ゼミナール」の講師、保険調剤薬局の薬剤師を経て現在に至る。

今でも現場で働く現役バリバリの薬剤師で、薬のことを「分かりやすく」伝えることを専門にしています。

プロフィール・運営者詳細
お問い合わせ・仕事の依頼
薬剤師資格の確認

TwitterとFacebookでも配信中!

-6.腎・泌尿器系, 12.悪性腫瘍
-, , , ,

Copyright© 新薬情報オンライン , 2019 All Rights Reserved.