11.血液・造血器系 12.悪性腫瘍

ジフォルタ(プララトレキサート)の作用機序【末梢性T細胞リンパ腫】

厚労省は2017年7月3日、「再発又は難治性の末梢性T細胞リンパ腫」を効能・効果とする新有効成分含有医薬品ジフォルタ注射液20mg(一般名:プララトレキサート)を承認したと発表がありました!

 

本日は末梢性T細胞リンパ腫とジフォルタ(プララトレキサート)の作用機序についてご紹介いたします☆

 

末梢性T細胞リンパ腫

末梢性T細胞リンパ腫(“PTCL”と略されます)は、血液腫瘍の一種ですが、あまり聞きなれない疾患かもしれません。

血液中にはご存知の通り、「白血球」と呼ばれる細胞が存在し、主に免疫を司っていますが、大きく“顆粒球”と“リンパ球”に分類されます。

 

顆粒球は、「好中球」、「好酸球」、「好塩基球」の3つの総称です。

 

また、リンパ球は、「T細胞」、「B細胞」、「NK細胞」の3つの総称です。

 

本日ご紹介するPTCLは、血球細胞の中でも「リンパ球のT細胞」が異常増殖することで発症する疾患です。

 

症状としては、リンパ節の腫れやしこり、発熱、大量の寝汗、体重減少などがみられることがあります。

 

基本的な治療は抗がん剤の多剤併用による化学療法で、シクロホスファミド、ドキソルビシン、ビンクリスチン、プレドニゾロンの4種類の薬剤を用いるCHOP(“チョップ”と読みます)療法が一般的に行われています。

このCHOP療法で腫瘍細胞が消えた(完全奏効)場合、治療は終了で、以後は経過観察のみです。

 

ただし、CHOP療法で治療効果が認められなかった難治性の場合、または完全奏効後に再発した場合には、次に使用できる薬剤は限られていました。

 

本日ご紹介するジフォルタは、上記のような再発又は難治性の末梢性T細胞リンパ腫に使用できる薬剤です!

 

ジフォルタ(一般名:プララトレキサート)の作用機序

がん細胞が増殖する際には、DNAの合成・複製が必要です。

そのため、がん細胞はDNAを合成する材料が大量に必要となります。

DANを構成する材料の一つである核酸は“デオキシヌクレオシド”と呼ばれ、以下の4種類があります。

 

①デオキシアデニンリン酸(dAMP)

②デオキシグアニンリン酸(dGMP)

③デオキシシトシンリン酸(dCMP)

④デオキシシミジンリン酸(dTMP)

 

上記のうち、④のdTMPの生成には“葉酸”が必須です。

 

葉酸は細胞内で“ジヒドロ葉酸還元酵素”によって、「ジヒドロ葉酸」 ⇒ 「テトラヒドロ葉酸」へと変換されます。

そしてこの「ジヒドロ葉酸」と「テトラヒドロ葉酸」がdTMPの生成に深く関与しています。

 

本日ご紹介するジフォルタは、ジヒドロ葉酸還元酵素を阻害するといった作用機序の薬剤です。

 

ジヒドロ葉酸還元酵素が阻害されることで「ジヒドロ葉酸」と「テトラヒドロ葉酸」の生成が阻害され、DNAの重要な材料であるdTMPの生成を阻害します。

 

その結果、がん細胞はDNA合成・複製をすることができなくなり、増殖が抑制されます。

即ち、ジフォルタはがん細胞のDNA材料であるdTMPの生成を阻害することで、がんの増殖を抑制するといった作用機序により、抗腫瘍効果を発揮します。

 

また、ジフォルタはがん細胞内部に長期滞留することができるため、持続的に効果を発揮すると考えられています。

 

ジフォルタ(一般名:プララトレキサート)の薬価

収載時(2017年8月30日時点)の薬価は以下の通りです。

  • 20mg1mL1瓶:89,632円

 

あとがき

再発又は難治性の末梢性T細胞リンパ腫(PTCL)に対しては、同時期にイストダックス点滴静注用10mg(一般名:ロミデプシン)が承認されています!

 

患者さんにとっては選択肢が増えたことは朗報ではないでしょうか^^

 

以上、本日は末梢性T細胞リンパ腫とジフォルタについてご紹介いたしました♪

副業をしていない薬剤師は損?

薬剤師の副業 本当に稼げるおススメ3選と注意事項を解説!

続きを見る

失敗しない薬剤師の転職とは?

数多く存在する薬剤師専門の転職エージェントサイト

どこに登録したらいいのか悩むことも少なくありません。そんな転職をご検討の薬剤師さんに是非見ていただきたい記事を公開しました。

  • 新薬情報オンラインの薬剤師2名が実際に利用・取材!
  • 各サイトの特徴等を一覧表で分かりやすく掲載!
  • 絶対にハズレのない厳選の3サイトを解説!

上手に活用してあなたの希望・条件に沿った【失敗しない転職】を実現していただけると嬉しいです!

薬剤師の転職サイト3選|評判・求人特徴とエージェントの質を比較

続きを見る

★関連記事&広告


  • この記事を書いた人

木元 貴祥

【保有資格】薬剤師、FP、他
【経歴】大阪薬科大学卒業後、外資系製薬会社「日本イーライリリー」のMR職、薬剤師国家試験対策予備校「薬学ゼミナール」の講師、保険調剤薬局の薬剤師を経て現在に至る。

今でも現場で働く現役バリバリの薬剤師で、薬のことを「分かりやすく」伝えることを専門にしています。

プロフィール・運営者詳細
お問い合わせ・仕事の依頼

Twitter(フォロワー2,500人超)とFacebook(フォロワー15,000人超)でも配信中!

-11.血液・造血器系, 12.悪性腫瘍
-

Copyright© 新薬情報オンライン , 2020 All Rights Reserved.