化学系薬学

有機化学:アルデヒド・ケトン・カルボン酸(21問)

投稿日:

   

問1 次の反応が進行する脱離基Lを一つ選べ。

①OC2H5

② NH2

③ H

▼解答▼

 

問2 次の反応の生成物Aとして、正しいものを1つ選べ。

 

▼解答▼

 

問3 次の反応物Aとして、誤っているものを1つ選べ。

▼解答▼

 

問4 次の反応の生成物Aとして、正しいものを1つ選べ。

 

▼解答▼

 

問5 次の反応の生成物Aとして、正しいものを1つ選べ。

 

▼解答▼

 

問6 次の反応の生成物Aとして、正しいものを1つ選べ。

 

▼解答▼

 

<スポンサーリンク>

問7 次の反応のうち、誤っているものを1つ選べ。

 

▼解答▼

 

問8 次の反応の置換基Rとして、誤っているものを一つ選べ。

①CH3

②C6H5

③H

④C(CH3)3

▼解答▼

 

問9 Witting反応に関する記載のうち、誤っているものを一つ選べ。

①Witting反応はアルケンを合成する反応である。

②反応が進行する理由は、トリフェニルホスフィンオキシドの安定なリン-酸素結合が生成するためである。

③Witting反応で用いるリンイリドの合成第1段階は、SN2反応である。

④ハロゲン化アルキルトリフェニルホスホニウムからリンイリドを生成するためには、弱い塩基を用いる。

▼解答▼

 

問10 次の化合物のうち、エノール形の比率が最も多いものを一つ選べ。

▼解答▼

 

問11 ハロホルム反応に関する記載のうち、誤っているものを一つ選べ。

①ハロホルム反応では、塩基で生じたエノラートアニオンがハロゲンと反応することで進行する。

②ハロホルム反応は、メチルケントンのメチル基がモノハロゲン化される反応である。

③ハロホルム反応では、生成物としてカルボン酸とハロホルムが得られる。

④ヨードホルム反応は、メチルケトンやメチル基が置換している第2級アルコールの検出に用いられる。

▼解答▼

 

問12 次の反応の生成物Aとして、正しいものを1つ選べ。

 

▼解答▼

 

問13 次の反応の生成物Aとして、正しいものを1つ選べ。

 

▼解答▼

 

<スポンサーリンク>

問14 次の反応の生成物Aとして、正しいものを1つ選べ。

 

▼解答▼

 

問15 次の反応の生成物Aとして、正しいものを1つ選べ。

 

▼解答▼

 

問16 次の反応式のうち、誤っているものを1つ選べ。

 

▼解答▼

 

<スポンサーリンク>

問17 次の求核付加-脱離反応に対する反応性の序列について、正しいものを1つ選べ。

①塩化アシル>エステル>酸無水物>アミド

②酸無水物>塩化アシル>エステル>アミド

③塩化アシル>酸無水物>アミド>エステル

④塩化アシル>酸無水物>エステル>アミド

 

▼解答▼

 

問18 次の反応の主な生成物Aとして、正しいものを1つ選べ。

 

▼解答▼

 

問19 次の反応に関する記載として、誤っているものを1つ選べ。

①反応の副生成物としてウレアが生成する。

②反応は、DDCによってアミンが活性化されて進行する。

③カルボニル基への求核付加で生じる四面体中間体を経由して反応は進行する。

④反応は室温で進行する。

 

▼解答▼

 

問20 酸性の最も強い化合物は次のうちのどれか。1つ選べ。

 

▼解答▼

 

問21 塩基性の最も弱い化合物は次のうちのどれか。1つ選べ。

 

▼解答▼

 

 

有機化学TOPに戻る

HOMEに戻る

-化学系薬学
-, , ,

Copyright© 薬学部CBT対策コム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.