物理系薬学

物理系薬学:分光分析法(13問)

更新日:

   

問1 共役二重結合の確認の方法として利用されるのはどれか。

①紫外可視吸光度測定法

②原子吸光光度法

③核磁気共鳴スペクトル測定法

▼解答▼

 

問2 紫外可視吸光度測定法の紫外部の光源として用いられるのはどれか。

①タングステンランプ

②キセノンランプ

③重水素放電管

▼解答▼

 

問3 比吸光度の薬品濃度の単位として正しいのはどれか。

①w/v

②mol/L

③g/ml

▼解答▼

 

問4 蛍光光度法の試料部のセルとして用いられるはどれか。

①ガラス製

②石英製

③プラスチック製

▼解答▼

 

問5 励起光と蛍光とリン光の中でエネルギーが一番大きいのはどれか。

①励起光

②蛍光

③リン光

▼解答▼

 

問6 蛍光波長を固定し、励起光の波長を変化させて試料溶液の蛍光強度を測定することで出てくるスペクトルはどれか。

①励起スペクトル

②蛍光スペクトル

③リン光スペクトル

▼解答▼

 

問7 分子を構成する原子核間の振動状態の変化に伴う光の吸収を利用するのはどれか。

①紫外可視吸光度測定法

②赤外吸収スペクトル

③原子吸光光度法

▼解答▼

 

<スポンサーリンク>

問8 1700cm-1付近に吸収ピークが現れる官能基はどれか。

①水酸基

②アミンの塩酸塩

③カルボニル基

▼解答▼

 

問9 原子吸光光度法で観測する波長はどれか。

①500nm

②1000nm

③1500nm

▼解答▼

 

問10 原子吸光光度法で光源として用いられないのはどれか。

①中空陰極ランプ

②放電ランプ

③水銀ランプ

▼解答▼

 

問11 誘導結合プラズマ発光分光分析法で用いられるのはどれか。

①ネオンプラズマ

②アルゴンプラズマ

③キセノンプラズマ

▼解答▼

 

問12 旋光度測定法で光源として用いられるのはどれか。

①ナトリウムD線

②キセノンランプ

③放電ランプ

▼解答▼

 

問13 比旋光度の試料濃度の単位として正しいのはどれか。

①w/v

②mol/L

③g/ml

▼解答▼

 

 

物理系薬学TOPに戻る

HOMEに戻る

-物理系薬学
-

Copyright© 薬学部CBT対策コム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.