薬理

薬理学:中枢神経系①(25問)

更新日:

   

問1 酸素欠乏症の副作用を起こしやすいものはどれか。

①亜酸化窒素

②ハロタン

③チオペンタール

▼解答▼

 

問2 心機能亢進の副作用を起こしやすいものはどれか。

①亜酸化窒素

②ハロタン

③チオペンタール

▼解答▼

 

問3 全身麻酔薬による、延髄の抑制で見られる反応はどれか。

①意識の消失

②筋弛緩

③呼吸麻痺

▼解答▼

 

問4 以下のうち、最小肺胞内濃度(MAC)が最も大きいものはどれか。

①亜酸化窒素

②ハロタン

③チオペンタール

▼解答▼

 

問5 以下のうち、血液/ガス分配係数が最も大きいものはどれか。

①亜酸化窒素

②ハロタン

③チオペンタール

▼解答▼

 

<スポンサーリンク>

 

 

問6 トリアゾラムの説明として正しいものはどれか。

①超短時間型の催眠薬である

②バルビツレート結合部位に作用する

③眼内圧の降下作用を示す

▼解答▼

 

問7 ゾルピデムの作用機序はどれか。

①セロトニン5-HT1A受容体刺激

②ベンゾジアゼピンω受容体刺激

③グルタミン酸NMDA受容体遮断

▼解答▼

 

問8 以下のうち、前行性健忘を最も起こしやすいものどれか。

①トリアゾラム

②ニトラゼパム

③フルラゼパム

▼解答▼

 

問9 以下のうち、持ち越し効果を最も起こしやすいものどれか。

①トリアゾラム

②ニトラゼパム

③フルラゼパム

▼解答▼

 

問10 ベンゾジアゼピン系薬による呼吸抑制への解毒薬はどれか。

①フルマゼニル

②ナロキソン

③炭酸水素ナトリウム

▼解答▼

 

<スポンサーリンク>

 

問11 REM睡眠の抑制作用が最も強いものはどれか。

①エチゾラム

②ゾピクロン

③フェノバルビタール

▼解答▼

 

問12 ブロモバレリル尿素の説明として正しいものはどれか。

①安全域が広い

②構造中に塩素を含む

③せん妄などの副作用を起こしやすい

▼解答▼

 

問13 メラトニン受容体を刺激する催眠薬はどれか。

①ラメルテオン

②ジフェンヒドラミン

③ヒドロキシジン

▼解答▼

 

問14 オレキシン受容体を遮断する催眠薬はどれか。

①レボメプロマジン

②スボレキサント

③ロルメタゼパム

▼解答▼

 

問15 モルヒネの鎮痛作用における作用機序はどれか。

①シクロオキシゲナーゼ阻害

②オピオイドμ受容体刺激

③Naチャネル遮断

▼解答▼

 

<スポンサーリンク>

問16 ペチジンについての説明として正しいものはどれか。

①モルヒネよりも強力な鎮痛作用をもつ

②非麻薬である

③鎮痛作用に加え、鎮痙作用を示す

▼解答▼

 

問17 オピオイドκ受容体を刺激し、オピオイドμ受容体に拮抗する非麻薬性の鎮痛薬はどれか。

①コデイン

②ブプレノルフィン

③ペンタゾシン

▼解答▼

 

問18 プレガバリンの作用機序はどれか。

①シクロオキシゲナーゼ阻害

②Naチャネル遮断

③Ca2+チャネル遮断

▼解答▼

 

問19 トラマドールの作用機序として誤っているものどれか。

①オピオイドμ受容体刺激

②NAd 、5-HTの再取り込み阻害

③シクロオキシゲナーゼ阻害

▼解答▼

 

問20 フェニトイン、フェノバルビタール、プリミドン、カルバマゼピン。これらを用いることができない、てんかんの発作型はどれか。

①強直・間代発作

②欠神発作

③部分発作

▼解答▼

 

<スポンサーリンク>

 

問21 T型Ca2+チャネル遮断作用を持つ抗てんかん薬はどれか。

①ジアゼパム

②エトスクシミド

③フェノバルビタール

▼解答▼

 

問22 バルプロ酸の作用機序はどれか。

①バルビツール酸結合部位への刺激

②ベンゾジアゼピン受容体への刺激

③GABAトランスアミナーゼの阻害

▼解答▼

 

問23 炭酸脱水酵素を阻害し、抗てんかん薬として用いられるものはどれか。

①スルチアム

②アゾセミド

③ケトチフェン

▼解答▼

 

問24 動物実験において、電撃痙攣による反応を抑制し、また薬物性の痙攣(ペンテトラゾール誘発性痙攣)に対しても弱い抑制作用を示す抗てんかん薬はどれか。

①カルバマゼピン

②プリミドン

③フェニトイン

▼解答▼

 

問25 ラモトリギンの作用機序はどれか。

①ベンゾジアゼピン受容体刺激

②Naチャネル遮断

③Kチャネル開口

▼解答▼

 

薬理学TOPに戻る

HOMEに戻る

-薬理
-,

Copyright© 薬学部CBT対策コム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.